ここから本文です

狼と香辛料の支倉凍砂先生のツイッターとブログの更新が止まってしまったのですが...

fdnsjulfilifさん

2013/9/1620:26:33

狼と香辛料の支倉凍砂先生のツイッターとブログの更新が止まってしまったのですが、何かあったのですか?

毎日楽しく読んでいたのですが。

誰か事情を知っている人がいたら教えてください。

閲覧数:
5,937
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2013/9/1623:45:51

あー……そりゃ多分アレだ、杉井光の一件に関連して。

2chにて本人特定されて杉井光の悪事が暴露されてしまった訳であるが、実はそれよりもずっと以前に橋本紡さんが杉井光やら支倉凍砂やら他数名のライトノベル作家たちがネット上で他の作家をディスっていると告発していましてね。尤も当時は充分な証拠が集まらなかったがため橋本さんがデマを流したとされて、冤罪ながらも謝罪させられてしまうという事態に発展したのだけれどもね。
しかし今日に至って、実は橋本さんが正しかったということが証明されてしまったわけですよ。

で、当然の如く彼に告発された支倉凍砂にも非難が集中するわけで。
加えて↓のブログにおける発言も波紋を広げてしまっているわけで。杉井光を蜥蜴の尻尾切り(スケープゴート)にして自分は逃げている、という意見がわりと優勢でしてね。
http://ameblo.jp/hasekura2/entry-11601641936.html
真実がどうあれ、今や支倉凍砂もまた敵視される存在となっているのですよ。だからTwitterなども炎上してしまったりしているのではないかな。そういった事情で更新を停止してしまうという展開は容易に想像が付きますよ。





悪いこたぁ言わない。盲信するのはあまり感心できないよ。
確かに俺も『さよならピアノソナタ』とか『狼と香辛料』とかいった作品は好きだともさ。
けれども作者の人格が必ずしもそれらの作品から受けるイメージと一致するとは限らないのが芸術の世界の不思議なところ。太宰治だとか中原中也だとかも現代においてなおその作品が評価されているけれども、人間としてはわりとダメな人々だったでしょ。それと同じく、「作品」と「作者の人格」が等価だとは限らないのですよ。
もしかすると裏切られたような気分になってしまうのかもしれないが、しかしこれが現状だ。もしかすると支倉凍砂の主張は真実であるかもしれないが、しかし他者から告発されて、なおかつ今なお波紋を広げる発言をしてしまったことは“事実”ではある。質問者さんが何を信じるかはむろん個人の自由ではあるけれども、いつの日か真実が明るみに出されるその時が来た場合、どういう結果が待ち受けているのかを覚悟しておく必要はあるかもしれないですね。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。