ここから本文です

里芋の収獲から次年度用の種芋の管理方法について

nouen_0414さん

2013/9/2002:13:01

里芋の収獲から次年度用の種芋の管理方法について

今年、里芋を30株収獲して、
次年度用に種芋を保存しておく場合の段取りを教えてください

①種芋は選別しますか?
一番立派だった株、一番実の付いていた株をキープしようと思っています
いかがでしょうか

②種芋の生け方ですが
茎を刈り取って『塊のまま』逆さにして、深めに埋め戻す
これでよろしいでしょうか
(※今春、隣の畑の人が、みかんネットに入れた去年収獲した種芋を土から出しました
こうすると目印になるのと残さず引っ張り出せると言い、私も良いアイディアだと見ていましたが
親芋から小芋をもぎ取った状態でいけてあり、半分以上腐っていました
腐っている部分を切り取って、使えそうな芋を芽だししてから、定植していましたが、現在ひざ下くらいの大きさにしか育っていません)

③保険をかける いつまで食べれるか
万が一、腐ってしまった場合に備え、優秀な芋を3~5株、3~4月まで食べずに埋めておこうと思います
埋めておいた芋は、何月頃まで食べれますか

④4月に最後に残った芋3~5株を掘り起し、そこから種芋用の小芋として70g前後のモノをキープ
残りの芋は食用に回す

みなさん、どのようにされているのでしょうか
アドバイス頂ければ幸いです

rhiromiten328さんへ
今日、畑に行ったところ、石川早生が枯れ始めていました
土垂もちょこっとですが枯れ始めていました
この時期になり、経験の浅い私にもようやく2種類の見分けがつくようになりました

この質問は、hiromiten328さんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
47,619
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hiromiten328さん

リクエストマッチ

2013/9/2010:02:26

①そうですね、あまり成長不十分だった株は避けますが特に立派な株を選んでもいません。定植時に選別してなるべく大きな芋を種にして手ごろサイズは食べるようにしています。「これくらいの株だったら何株くらい残しておけば種芋が足りる」という感覚で株数を決めます。

②御地の気候次第だと思いますが、茎を刈り取って塊のまま逆さにして深く埋める。・・でいいと思います。一個ずつバラしてしまうのは私も賛成できません。腐敗のリスクが高くなるだけです。
一般には1mくらいの深さと言われていますが、畑によっては1m掘るのは容易ではないし掘ってみても地下水位が高ければ芋は腐ってしまいます。幸い当地は比較的温暖な東海沿岸部ですので、私は50cmの穴しか掘りませんでしたが大丈夫でした。近年はそれすらしないで、晩秋茎が全部枯れたころに両サイドの畝は収穫済みにしておき、その土も利用して残す株にたっぷり土寄せして厚く土をかぶせておきます。これで十分越冬しますが、念のためその畝を黒マルチで覆っておきます。そうしますと4月の定植時期には芋から白い芽が長く出ていて定植後の萌芽も早いです。
当地ではこのやり方で腐敗するものはほとんどありません。なまじ株をいじったりするよりはいいのかなと思っています。

③②のやり方で芽が出ていても全部食べられます。4月いっぱいというところでしょうか。

④よろしいと思います。ただ種芋はできるだけ大きく「食べてもあまり美味しくないだろうな」とおもうくらいのものがいいです。親芋も種芋になりますが、今年初めて挑戦してその株をまだ収穫していないので、結果についての詳しい回答は現在できません。

なお、当地では秋なるべく遅く収穫したものを乾燥しないように新聞紙などで包み室内保存しておくと、それも種芋として使えます。
草むらに捨てておいた親芋からでも翌年芽が出ますから、当地はあまり寒さに神経質にならなくてもいいのかも知れません。

参考になりましたら幸いです。

質問した人からのコメント

2013/9/21 01:09:14

降参 みなさま、ご回答ありがとうございました
詳しくて親身な回答に感動です!
イメージが明確になり、要所が抑えられました
また、たくさん得るものがありました
今から里芋の出来、味、来年の植え付け、考えるだけで興奮します!
またわからないことがあったときは教えてください

「里芋 保存 種芋」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2013/9/2009:40:15

大野芋を育てていますが、12月頃から食べる度に掘ってきます。3月まで掘り返したりしないで、植わっていたままで上に土を被せておきます。3月には1株は残しておき、その株から大きいのを選別して種芋にし植え付けてます。後は食べてしまいます。写真は9/17の里芋です。千葉県北西部です。

大野芋を育てていますが、12月頃から食べる度に掘ってきます。3月まで掘り返したりしないで、植わっていたままで上に土...

tonehasiさん

2013/9/2007:31:58

保存している種芋が腐る最大の原因は、冬季の寒さです。穴に埋めると水分過多で腐ることもありますが、地下水の深い環境では出来る限り深いのにこしたことはありません。実際浅く埋めて大量の盛り土をして置くのがベターですが、家庭菜園規模では厳しいと思います。

2013/9/2005:47:04

種用だけでなく、年内に利用する分を除いて、すべて埋めて保存する方が鮮度が落ちず、美味しく食べられます。埋めるのは東京なら11月下旬以降。正しく保存すれば腐りません。早すぎると根が伸びて春までの間に栄養使い果たしてしまうことがあります。

①大きな株を残すというより、親芋を使うことを前提にした方がいいと思います。里芋は品種が同じなら全てDNAは(多分)同じはずだから。芋の大きさはDNAの優劣ではなくて、単に生育環境の問題だと思います。

②塊のまま逆さにして凍らない深さに埋める、のが正解。通気のための空気穴を工夫することと雨水が溜まらないように土を盛り上げること。やたら深く埋めても、芋が呼吸できなかったり水浸しになるようではダメ。芋が凍るような状態もNGです。塊のままなら芋に傷もつかないし、呼吸のための適度な空間ができるというメリットもあります。ネットにいれるときに芋が引っかかってバラバラになるので痛むし、30株もあるとかえって面倒くさいはず。穴を掘ってゴザやムシロ、ボロ絨毯のようなものを使う方が楽です。

③埋めておいたものは腐ってなければ来年4月にも食べられます。……というより、食べられるような芋しか種芋として使えません。

④先述の通り、親芋を種芋に使います。不足分を子芋で補充。どうせ親芋は食べないのですからね。親芋は販売されてません。畑で毎年作る人の特権です。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。