ここから本文です

ボウリングについて、お聞きしたいことがあります。

wfc********さん

2013/9/2022:08:55

ボウリングについて、お聞きしたいことがあります。

幼稚な質問ですが、真面目に書いています。

例えば ボウリングを始めて5年程経っていて、右投げで アベレージが165位とします。年齢は30代~40代で男性とします。マイボール、マイシューズ、リスタイ、テーピングなどは一通り揃えているとします。(我流でやってきた為に、悪い癖が多くある)
「右でやっていても、上達する気がしない」と嫌気がさしたとします。

左投げに転向して、新しいコーチ(=教えるのが上手いとする)に1から習うとします。ドリルも、名和プロの父親(=名ドリラー)にしてもらうと仮定します。家では(仕事で本当に忙しい日は除いて)ほぼ毎日シャドーボウリングをし、通勤の時も(車は廃車して)歩くようにして下半身強化に努めます。練習のときでも、スコアを気にする練習は一切せず、『一歩助走』 や 『どこに立てば10枚目をまっすぐ転がせるかを把握したりする』などの練習をして、コーチの言われた通りに本当に実践していったとします。

右利きで右投げの人が、 5年以内に左投げでJPBAのプロテスト(=アベレージ200)に合格することは可能だと思いますか?
1、2回位は落ちても、2、3回目で合格するのもOKとします。

カテゴリーマスターをはじめとして、ぜひ意見を聞いてみたいです。

補足・脳に刻み込まれた癖を 何らかの方法で取り除き、よいフォーム(オーソドックススタイル)のイメージを刷り込ませることができる。
・2,3年でアベレージが180~185(NBFなどの県公式試合)
・5年以内でなく、10~15年以内

上の3点を変更したとしても、難しいでしょうか?

閲覧数:
1,022
回答数:
12
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wk1********さん

編集あり2013/9/2511:07:13

追記
オーソドックススタイルで、しっかりとスィングが出来て、
板目に対して真っ直ぐ投げられるようになれば、
オイルに対しての対処法(経験)を勉強すれば、
プロ後活躍出来るかどうかは別として、
合格するだけであれば十分可能ですよ、右のままでも。

野球で、右利きで150キロ投げるフォームとコントロールの悪いピッチャーが
左に転向して、フォームとコントロールが良くて150キロ投げられるかを考えると、
右利きのまま、練習方法を変えた方が上達は早いと思います。




無理だと思います。

女子(190)であれば、
メカテクターでもつけてスィング出来ていれば合格は可能ですが、
男子の200はそうは行きません。
また、昨年から推薦プロ2名の名前も公表(貼り出され)され、
推薦選手が数回落ちると、本人の名誉にも影響され推薦出来なくなります。

大変失礼ですが、左に転向して5年で合格する技量があれば、
右で合格出来るレベルに到達出来ると思います。

質問した人からのコメント

2013/9/27 11:40:27

ありがとうございました。
私は (年数を問わず)左でも合格はできると思っていますし、理由も合理的に説明できます。もう一度質問しようと思いますが、よろしくお願いします。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/11件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

rot********さん

2013/9/2520:42:41

数十年前のPBAでの話、事故で片足を失ったプロが義足で数年後にPBAに復帰、また同じく交通事故で右手を失ったPBAのプロがレフティーで2年後にトーナメントに復帰、私事ですが右肘を痛め中々治らないので左で投げ始めたら初めから160アベでした。

しかし私は右で覚えた事や教えてる事を左に置き換えて投げられたのでぎこちなくてもそれなりのフォームには成ってましたし復帰したPBAの選手も今まで培った技術を持ってたからこそ実現出来たのだと思います。

脳に染み込んだ癖より身体に染み込んだ今までの経験です、右で上手くこなせなかった事柄を不自由な左置き換えたしとても0からの出発ではなく大きなマイナスからの出発です、自由に使える右で出来なかった事を左に置き換えて上手くコントロール出来ますか?

2年後や10年後と書いてますが絵に書いた餅と同じで右で我慢出来ないのに左でそこまで我慢出来るとはとても思えません、それより「全くの初心者なんだ」と右で0から出発した方が早いのでは無いですか?


今まで身に付いてしまった癖やフォーム、知らなかったレーンに対する対処法など覚え直す事は多く大変ですが課題を決めて1個づつフォームを直したりリリースを直したりして行く方がよっぽと早いのではないですか?


私の結論としては右で出来ないなら左でも同じです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

chy********さん

2013/9/2121:27:55

日頃よりの利き腕でのご精進ご苦労様です。
左で投げていました。もちろん右利きですけど。怪我しまして、やむなくですけど。

無理ですよ~。出来っこありません。よほど根気のある人でも難しいものと思われます。
「いつかこの体験を右投げに(利き腕の投球に)生かすぞー!」 と、思えばこそ私は頑張れたのです。

ただ、世の中にはいろいろな体験をされている方もおいでです。
わかりますか?回答者のみなさん。

癖が出たって、センスがなくたって、5年の期限付きだって、無理だって
いいじゃありませんか。本人がやりたいって言うなら。
ただ、くじけそうな人が応援してほしくて・・・。



がんばれ~~!!!!

fat********さん

2013/9/2118:08:37

純粋に技術論として回答します。
残念ながら、まず不可能だと思います。
一旦悪い癖が付いてしまったら、直すのは大変です。
もし右投げのまま続けるなら、ゼロから始めるよりも圧倒的に長く厳しい道程になるでしょう。
つまり、5年やって悪い癖が付いてしまってアベ165というのは、ゼロではなく大きなマイナスを背負っての再出発になってしまいます。
ですので、悪い癖が付いてしまう前に基本をマスターすることが何よりも重要なのです。
私がこのカテで、初~中級者は1日も早く基本を修得することに全力を傾けるべきだと繰り返し主張するのは、正にこのためです。
基本を修得する前に悪い癖が染み付いてしまったら、取り返しがつきませんから。

左投げで再出発するとしても、状況はあまり変わりません。
癖は筋肉が覚えているのではなく、脳に刻み込まれているからです。
実際に投げてみるとすぐに分かりますが、右投げの癖は左投げにもしっかり現れます。
引っ張り癖のある人は左投げでも内失投しがちですし、脇が甘い人は左投げでもやはり脇が甘いです。
そのまま右で投げるよりは幾分マシかもしれませんが、やはりマイナスからのスタートになることは避けられません。
利き腕と逆の手で投げるのはそれだけでも大変なのに、その上マイナスからのスタートというハンディを背負っているのですから、絶望的です。
1万人に1人位の天才なら、あるいはそのハンディをはねのけてやりきってしまうかもしれませんが、それほどの天才なら例え我流でも5年やってアベ165ってことはないでしょうし。

rin********さん

2013/9/2113:44:30

私も我流ですが5年で200アベに達しないのはセンスが無いです。
確かに左利きのプロが活躍されてますが、それは利き腕だからです。

何人か、怪我などで逆腕に転向したプロを知ってますが、
プロのトーナメントで通用するレベルでは無かったです。
先ずは、2~3年は指先を繊細に使う仕事などをして、
利き腕と同じ感覚になれたら可能かも知れませんが?

bye********さん

編集あり2013/9/2512:33:09

私の知人に2人。右手を怪我して右投げを左投げに変更した人がいますが、右では2人とも軽く200点超えていましたが、左では5年後の今、予選落ち、一人はボウリングをやめました。
それほどの覚悟があれば、右投げを改造することもできます。嫌気ぐらいで辞めるのであれば、左はもっと大変です。

30代の男性で右利きの人が、最初からボウリングを始めて、5年以内でプロテストに合格できる人が何人いると思いますか?さらに、利き腕でない方の腕で投げて、それをクリアーするのは、非常に困難と思われます。上級者はみんな、それくらいの練習は普通にやっています。しかし、ボウリングは、年をとってもできるスポーツです。20年頑張れば、シニアーの県の代表候補くらいはなれるかもしれません。
補足から、
左ではなく、右で頑張ったほうが、まだ可能性はあります。ただし、リズム感が悪かったり、筋力がなかった場合は致命的です。
球速はどれくらい出ますか?時速30キロ以上でますか?ボールの重さは何ポンド?15ポンド以上。ボールは何を投げていますか?最低3個以上。実は、アベ180までは楽々ですが、アベ200超えてからがとても大変です。そこの10ピンを増やすことは、ストライク率を上げないといけないので、相当困難です。
プロになるには、実力的にセンターのリーグアベ(JBCやNBFの公式試合のアベ)220以上は必要です。
プロになっても、食べれない人が多いのですが、例えば、プロになってどうするつもりですか?トーナメントプロではまず食べれません。生涯獲得賞金が 1億円超える人が何人いるでしょう?日本にはいるのでしょうか。逆に年に10万円以下の人がどれだけいると思いますか?ほとんどのプロがそうです。他に副職がないと食べれません。センターのスタッフがほとんどですが、多くのセンターが閉鎖になっています。
ボウリングは所詮遊びです。県の代表になっても、プロにはなれません。プロになっても食べていけないからです。実力があってもプロを諦めた人が何人いることか。そんな中、
5年で、アベ165(厳しいですけど、並以下)の人が、プロを目指して命懸けで頑張って、奇跡的にプロになっても飢え死にするような厳しい現実が待ってます。ありえません。
フォームを作り上げるのに3ヶ月、スペアーをマスターするのに6ヶ月(この時点でアベ185以上)、1年以内にアベ200越え。5年かけて210。シャドーは毎日300回、スクワットも毎日100×3=300回プロを目指す人は誰でもこの位は最低やっています。毎日10~15ゲーム程度。週に1度は休み、体を休ませる。1ヶ月250ゲーム以上。1年3000ゲーム以上。私も1年間、始めた頃はこれくらい投げました。できますか?

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる