ここから本文です

「ライム」と「スダチ」と「カボス」はどう違うんですか?

tok********さん

2007/4/2801:58:16

「ライム」と「スダチ」と「カボス」はどう違うんですか?

閲覧数:
83,454
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rrp********さん

2007/4/2802:14:27

全部ミカン科ですが、ただ種類が違うだけですよね・・・
ライムは他の2種とは全然違いますし、カボス、スダチは大きさで判断すると分かりやすいってトコでしょうか?

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ライム:
ライム(Lime)とは、柑橘類の一種。樹木としては熱帯を原産とする低木。果実としてはライムの木の実である。
(なお、英語では石灰を意味する単語も別語源ながら同一綴りの lime であり、注意を要する。ライムライトなどのライムは果実のライムではなく石灰を意味する)
[特徴]→ライムはレモンに似ているが、レモンと比べると若干小振りである。レモンよりやや小さいタヒチライムと、さらに果実が一回り小さいメキシカンライムと大きく分けて2種類ある。直径は6~8cm。形はレモンよりも丸っぽく、皮の厚さは薄い。皮の色は、レモンの黄色と違って緑がかっている。果肉もいくらか緑色をしている。味はレモンと同様に酸っぱいが、ライム独特の苦味に似た風味がある。香りもやはりレモンに似ているが、より鋭い、と表現される。
レモンと同様に、輪切りにして料理の付け合わせにしたり、汁を搾って飲料に混ぜて使う。
英語でLime greenとは、ライムの皮の色の黄緑色を意味する。

スダチ:
スダチ(酢橘、学名:Citrus sudachi)はミカン科の常緑低木ないし中高木。ユズの近縁種であり、日本では古来から馴染みのある柑橘類である。スダチの名は酢橘(すたちばな)に由来する。花期は5-6月頃で白い花を咲かせる。秋頃に果実が実る。青いうちに収穫し出荷するが、熟すとミカンと同様に黄色くなる。
徳島県の特産であり、県の花に指定されている。
カボスと混同されることがあるが、カボスは大分県の特産で、大きさが全く違う。スダチは30~40グラム程度、カボスは100~150グラム程度である。

カボス:
カボス(香母酢、学名:Citrus sphaerocarpa)は、ミカン科の常緑広葉樹、及び、その果実。柑橘類のひとつ。ユズの近縁種で、枝には鋭い刺がある。果実は緑色のうちに収穫するが、熟すと黄色くなる。スダチ等と混同されがちだが、果頂部の雌しべの落ちた跡の周囲がドーナツ型にやや盛り上がるため外観からも容易に区別できる。果肉は黄白色で、多汁であり酸味が強い。果汁を搾って食用とする。大分県の特産品

詳しくはWikipediaで検索してみてください(^_-)-☆

質問した人からのコメント

2007/4/29 21:39:23

感謝 勉強になりました。ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

lim********さん

2007/4/2802:26:05

あんだ・・・
P2Pのことかと思った・・・

dig********さん

2007/4/2802:33:10

写真で色や形を確認して下さいね♪
◆ライムの利用方法はレモンと同じです。
◆スダチは鍋物、酢の物、天ぷら、フライ、漬け物、椀ものに風味がマッチします。
◆カボスは鍋料理やふぐによく合います。
http://www.afftis.or.jp/mikan/

ber********さん

2007/4/2808:59:08

種類の違う酢みかんです。
ライムはカクテルやバーベキュー、魚介のサラダなど洋食系の薬味酸味として。レモンより甘い香り。
スダチは讃岐うどん、マツタケ料理など独特の汗臭い様なクセがある。
カボスは青蜜柑の汁に近いあまり癖のない匂い。焼きサンマなど焼き魚によく合います。レモンよりもこちらがおいしい。
ふぐや牡蠣にはダイダイの香りと酸味が上品でおいしい。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる