ここから本文です

頭が薄くなってきました。どうしましょう。

大阪に詳しくなりたいさん

2013/10/409:45:21

頭が薄くなってきました。どうしましょう。

50才すぎの男性です。ここ最近、日に日に頭髪が薄くなってきたことをとても気にしています。このまま放置では、たちまちバーコードまっしぐら、今につんつるてんかと思われます。今頃から増毛剤ではもう遅いですか。おすすめはありますか。また増毛やかつらを考えるならどちらの業社に依頼するのがおすすめですか。体験者の方はもちろん。お詳しい方どうかお知恵を貸して下さい。鏡を見る度に憂鬱になります。

閲覧数:
523
回答数:
6
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nicobrianさん

編集あり2013/10/420:16:02

頭髪は、頭皮の血流不足で、
薄くなるのです。

その原因は

1.ストレス
2.血糖値の上昇による、血流不足
3.睡眠不足
4.過労
5.その他

一番顕著なのが

2.の血糖値の上昇です。

糖質を過剰に摂取すると、
頭皮の血流
耳のまわり以外は、
個人差がありますが、
血流が悪くなります。

糖質を減らせば、
改善すると思いますよ。

私は、
昨年9月から糖質制限を開始しましたが
髪の毛の抜けが、
ほとんどなくなりました
以前は、

枕とか、デスク周りとか、
髪を洗っている時とか、
抜け毛が、その辺に散在してしましたが、

今は、全然、なくなりました。
もともと髪は薄くなかったのですが、
最近は、もっさもっさ元気のよい髪の毛が
生えてきています。

薬や増毛やかつらは
お金がかかるし
メンテその他が大変だと思います。

お金がかからなく、
メンテもなし、
面倒もかからない、

糖質制限をお薦めいたします。
体調もよくなりましたよ。
ちなみに、私は54歳です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kam********さん

2013/10/612:37:19

50代になるまで薄毛に不安をお持ちにならずに過ごされ、もしかしたらここ数年で急激に進行したのかもしれませんがカツラなどは選択肢にされるのはもったいない気がします。また専門家に任せるよりも日常的にご自身で髪の再生に取り組んでいただくことが改善には必要です。

薄毛の進行は30代の1~2年とは違い、50代になれば同じ期間でも顕著に症状が進行してしまった事は想定されますがしっかりとしたケアを行えば回復の見込みは十分あると思います。

人工毛を結び付けるタイプの増毛は結び目が根元からずれていくことから頻繁に根元に戻す必要があります。カツラはすぐに隠せる手っ取り早い方法とお考えかもしれませんがやはり周囲の人は頭部に違和感を感じると思います。

日本ではプロペシアを服用することが育毛医療の中心となっています。髭が濃い、イコール薄毛。男性ホルモンが強いと薄毛というイメージが定着しすぎており、服用薬で男性ホルモンを抑えることができるのは確実な育毛方法だと考えられています。

CMの影響から薄毛はお医者さんに相談だという言葉を信じ、来院され、処方されるプロペシアにただいな期待を寄せられますが頭皮や毛髪の状況を確認することなく、処方されている薬です。プロペシアとは男性型脱毛症(AGA)の治療薬とされています。

プロペシアを服用して抜け毛は収まる可能性はあっても髪が生え出るまでに至らない可能性があることは詳しく日本MSDの提供する臨床データを見てもわかります。

プロペシアの回復効果のデータの根拠と1年目、3年目の臨床データの実情 (ぜひお読みください)
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n217319

服用した患者の満足度が90%と発表していますが医師向けに発表されている臨床データによれば服用して頭頂部と前頭部の回復率は増加した毛髪の本数を数えるなどして検証されたわけではなく医師の主観による判断だけで7段階の評価で区分けされています。

頭頂部
1年目
著明改善(劇的な改善)1.6%、中著改善 9.1%、軽度改善 47.7%、不変 40.2%

医師し示された臨床データでの頭頂部の改善率の58%は著明~軽度の改善を足したもので著明改善はわずか1.5%で大半の47.7%は軽度の改善が占めています。

前頭部
1年目
著明改善(劇的な改善) 0.8%、中著改善10.8%、軽度改善46.2%、不変 40.2%
医師し示された臨床データでの頭頂部の改善率の56.8%は著明~軽度の改善を足したもので著明改善はわずか1.5%で大半の47.7%は軽度の改善が占めています。

育毛に関連したすべての病院で処方されているプロペシアを上記のような臨床データの結果でのちに紹介する副作用を覚悟するまで本当に服用するべきかは大きな疑問が残ります。また重度の副作用なども近年報告されています。

フィナステリド症候群という精力減退やED、鬱といった症状が服用を中止しても持続してしまうPFS(Post Finasteride Syndrome)を発症するリスク。

プロペシアの副作用をFDAが公式発表
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n84922

プロペシアの副作用を誘発する研究においての新たな発表 2013年
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n168818

プロペシア フィンペシアの副作用の報道 2013年
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n182364

リアップ5(成分名 ミノキシジル5%)の育毛効果が認められており、一部の育毛クリニックが3倍濃度の育毛剤やミノキシジルを配合した医薬品のミノキシジルタブレット(ロニテン)を処方しております。

ミノキシジルとプロペシアが最新の育毛方法であると日本の育毛クリニックで説明がされていますが海外では10年近く前にこの方法がアメリカやEUで用いられましたがロニテンの服用の難しさや健康に対する害などが問題となり、育毛目的でこの薬を使用することはなくなりました。

ロニテンは他の病気の治療薬として用いられており、服用するに当たっての徹底した検査の必要性なども理解されています。日本ではロニテンが認可されておらず、服用する為の錠剤程度に考えている医師や一般の方たちが大半です。海外ではロニテンを育毛で使用しても服用しての効果に対いしリスクが高すぎる為、FDAによって明確に育毛目的には適さないと発表されました。

塗布用ミノキシジルとミノキシジルタブレットについて
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n84891

育毛薬、ミノキシジルタブレットの実情
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n102335

育毛薬 ミノキシジルタブレット(ロニテン/Loniten)の誤解と現状
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n85700

このようなリスクを冒してまで服用する価値はありませんし海外ではAGAを含め、加齢による薄毛に対し、薬や育毛剤以外にも育毛効果が医学的に認可されている育毛法があります。

上記で紹介した服用薬であれば手間もなく早期に回復するような印象を受けます。

塗るよりも飲む。飲むよりも打つという考えが日本では定着しておりますが価格の問題だけではなくその理論において、ミノキシジルタブレット(ミノキシジルの錠剤で正式名ロニテン)は育毛医療の先進国である海外では使用を禁止されていたり、HARG療法も世界的に治験が行われたと説明されていますが実際に他国の検索サイトで医学的な文献を見つけることはできません。

HARG療法やミノキシジル注射について
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n136226

服用薬を中心とした発毛クリニックやHARG療法とは異なり、大手美容外科が近年積極的に行っているのがメソセラピーというもので理論としてはHARG療法に似ております。

美容整形を主体とした育毛医療に取り組んでいる治療は方法は異なりますががすべてメソセラピーと呼ばれるものです。1回で済むものではなく数回投与を受ける必要があります。

最低でも月に3万円から8万に及ぶ場合もあります。

プロペシアのAGA治療以外の育毛メソセラピー問題について
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n204659

各病院の宣伝などを見ると恰も最新の育毛方法として紹介をされているのですが日本のように民間企業(リーブやアデランス)などの薄毛ケアをサービスとして数百万にも及ぶ育毛サービスが提供をされていない海外では何十年にも渡り、医師が育毛治療を行うという概念がありますが日本で医師が薄毛治療を行うようになったのはわずか5,6年のことです。

その為、育毛において医学的レベルで知識を持ち得る医師や学会は限られており、どうしても美容整形外科のような利益優先型の医療機関が主体となった治療しか日本では提供されていない実情がございます。

プロペシアやミノキシジル以外にもに育毛効果が承認されているものがあります。
低出力レーザーはミノキシジルやプロペシアの育毛医薬品だけではなく、一般的な医薬品でも行われるテストとして二重盲検試験(ダブルブラインドテストにより育毛効果が確認され、ミノキシジルやプロペシアについで初めて認可され、現在では96カ国以上で認可されています。

育毛剤、ミノキシジル、プロペシア以外の育毛方法
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n84851

低出力レーザーの育毛効果の説明した知恵ノート
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n181148


以下はアメリカFDAが低出力レーザーのAGAに対して効果を男女それぞれに承認した発表です。

男性のAGA型脱毛(Androgenetic Alopecia)に対しての承認を認めたFDAの発表 2010年
http://clinicaltrials.gov/ct2/show/NCT00947219?term=hairmax&rank=1

AGA薬、プロペシアの3年目の臨床データと低出力レーザーの2年目に収集された育毛効果の臨床データの根本的な違い (ぜひお読みください)
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n215997

全米皮膚科学会や国際毛髪臨床学会において上記内容が正式に発表されました。低出力レーザーの承認は以下のように、2009年12月から2011年3月までの期間、25歳から60歳を対象に行われました。

ISHRS(国際毛髪学会)は世界中の育毛に携わる専門医が所属している学会でその中でも低出力レーザーについては育毛効果を学会HPに掲載しております。

http://www.ishrs.org/articles/low-level-laser-therapy.htm

以下の画像は低出力レーザーを用いて回復した1例になります。


注意頂きたいのは低出力レーザー全体に対してFDAが承認を出したわけではなく1機種のみとなります。酷似する製品が多数販売されており恰も低出力レーザーのすべてに育毛効果があるような宣伝がされておりますが治験・臨床を経て認められたのは1商品だけです

日本のヘアレーザープレミアムやX5 laserや他の同機種と比較されますがFDAで認可を受けた低出力レーザー育毛器であればU.S. National Institutes of Health (アメリカ合衆国国立衛生研究所)が保有をするデータベースでFDAが認可や検証中、却下された医薬品や医療機器などを含めて検索することができます。

http://clinicaltrials.gov/

紹介している育毛メソセラピーの病院で上記で紹介している低出力レーザー器を定価の2.4倍で販売しているクリニックも存在しどれほど利益優先主義がおわかりいただけると思います。

健康な髪が成長する頭皮ケアの方法もご紹介しております。またミノキシジルやプロペシア以外の育毛方法についても過去に書いた知恵ノートでご紹介しております。

http://my.chiebukuro.yahoo.co.jp/my/myspace_note.php?writer=kaminon...

それかyahooプロフィールをご覧いただければと直接ご相談に乗ることも可能です。
http://profiles.yahoo.co.jp/-/my_profile/?sp=mqufOCM6eqvjgm_rnvStX1...

50代になるまで薄毛に不安をお持ちにならずに過ごされ、もしかしたらここ数年で急激に進行したのかもしれませんがカツラ...

fai********さん

2013/10/421:55:54

まずは皮膚科の受診をお勧めします。西洋医学の面からしっかり診断して頂けると思います。AGAを発症しているか? 皮膚病なのか? 甲状腺に関する病気なのか? 現状把握をしっかり行い原因を見つけることが大切です。原因が解れば治療ができます。はっきりした原因が解らない場合は、症状に対する対処療法を実施することができるからです。

AGAに関してのアドバイスです。 (見識を広める意味で読んでください)
思春期以降の男性では精巣から分泌される男性ホルモンが脱毛ホルモンに変わると、脱毛の危険があります。
加齢により血行不良や新陳代謝低下、活性酸素増加の要因が含まれると脱毛の危険性が更に大きくなります。

男性ホルモンが毛母細胞中の5αリダクターゼと結合して脱毛ホルモンになるのを防ぐものは、フィナステリドです。皮膚科ではプロペシアで処方してくれます。また頭皮の血行をよくするものは、ミノキシジルです。薬局やドラッグストアでは「リアップ」で市販されています。

ミノキシジルやフィナステリド(プロペシア等)は必須アイテムですが、それだけでは「だめ」なようです。
夫もミノキシジルやフィナステリドを3年程実施してきたのですが思ったほど効果がなくて、本や情報商材をいろいろ購入して試した結果、③項に取り組んで現状打破しました。救われました。

①フィナステリドで、男性ホルモンが脱毛ホルモンになるのを抑制する。
②ヘッドスパで、頭皮の余分な皮脂を除去してミノキシジルで血行を促進する。
③食事などで、末梢血管の血流を増加させる。 → 頭皮の血行促進へと繋がる。

フィナステリドは、発毛・育毛を阻害する脱毛ホルモンの生成を抑えるだけ、すなわち、発毛・育毛のブレーキを解除するだけです。フィナステリドのみでは、著明な発毛・育毛効果は期待できないそうです。また、効果がない方もおられるようです。そこで、発毛・育毛のアクセルを力強く踏み込むアイテムが必要であり、それが②③項です。①~③のトリプル相乗効果が、発毛・育毛のポイントのようです。

西洋医学では①~②項までです。科学的なデータに基づいての治療だからです。間違いはありませんが、物の見方としては偏っています。中医学(漢方医学)やインドのアーユルベーダのように、患部だけをとらえるのではなく、身体全体の機能を改善していく・向上させていくことも重要です。



私のヤフー知恵袋の回答を、知恵ノートにまとめておりますのでご覧ください。
http://my.chiebukuro.yahoo.co.jp/my/fairy_wind_expert

ken********さん

2013/10/411:41:26

40代です。
増毛・育毛に関してはわかりませんが、オーダーカツラを使って日々生活しています。
かつらオンラインというところで作りました。

オーダーカツラというと、非常に高価に思えるかもしれませんが、8万円くらいで購入できます。
もちろん品質も良くてかなり自然ですし、オーダーなので、不自然な髪型になることもありません。
サンプルを試せるので、試してみてはどうですか?

oni********さん

2013/10/411:29:11

諦めるのはプロペシアを試してからでも遅くないですね

sup********さん

2013/10/411:17:41

52歳です。

禿げは強い男の印です。
受け入れて如何に違和感のない頭にするかを考えましょう。

私も禿げですが中井貴一さんみたいな頭がいいとは思えません。
禿げてきたら逆に短く刈り込んでハゲを強調するのも手です。
会社が許すならだらしなくならない程度に髭をファッションで蓄えるのもいいですよ。
禿げと髭は相性がいいのです。
私は親や祖父を見てると間違いなく波平さん状態になるのは予想してましたしそうなりつつあります。
だから短く刈り込んで裾は刈り上げて青々として頭頂部まで刈り込んで坊主寸前の状態です。
でもこれがしっくりきてます。
頭頂部を日焼けさせて赤銅色にすると青々とした状態から一変して全く違和感なく薄い部分も晒せるようになりました。

憂鬱になるなんて考え方次第。
禿げても生き生きと演技している俳優さんも居るじゃないですか。
彼らモテますよ。
将来的には火野正平さんみたいなスケベ爺が目標ですね。

増毛やカツラの方向に走れば恐ろしくお金が要りますし常に気にして気が休まりませんよ。
カミングアウトしてツルッバゲを晒した叔父がその解放感に絶句してたくらいですから。

同士様、一緒に禿げライフを楽しみましょう。

52歳です。

禿げは強い男の印です。
受け入れて如何に違和感のない頭にするかを考えましょう。...

Yahoo!知恵袋 特別企画

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる