ここから本文です

メガバンクとネット銀行、住宅ローンを借りるならどっちがお得ですか? 金利が...

kai********さん

2013/10/519:05:53

メガバンクとネット銀行、住宅ローンを借りるならどっちがお得ですか?

金利が安いのはどっち?


http://sankei.jp.msn.com/economy/news/131005/fnc13100518010005-n1.h...

【ドラマ・企業攻防】
住宅ローン金利競争、先が見えない消耗戦
2013.10.5 18:00 (1/4ページ)
産経新聞


住宅ローンをめぐり銀行間の競争が激化している。消費税増税を控えて住宅の駆け込み需要を狙い、利用者にとって最大の魅力となる「金利」を大手銀行が矢継ぎ早に引き下げた。


新興勢力のインターネット銀行や地方銀行も、低金利や利便性を武器に顧客獲得へ切り込む。融資を増やしたい金融機関にとって住宅ローンは有望な貸し出し先だ。貸し出し拡大へ手を緩める気配はない。ただ、金利引き下げで住宅ローンの収益性は悪化しており、将来的に銀行経営の重しに転じる危うさも指摘されている。


■小刻みにしのぎ削る


「異例中の異例だ」


相次ぐ住宅ローン金利の改定に、銀行関係者も驚きの色を隠さない。慣例的に住宅ローン金利は、毎月1日に改定される。だが、この8月は、月の半ばに改定する銀行が相次いだ。


金利下げの先鞭(せんべん)を付けたのはみずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友信託銀行の3行。9月1日には三菱東京UFJ銀や三井住友銀行、りそな銀行なども固定10年型を0・05%~0・2%引き下げた。


さらに10月1日にはみずほ銀、三井住友信託銀が固定10年型を0・05%引き下げるなど、薄皮をむくような小刻みの利下げ競争が続いている。


大手行は8月以降、住宅金融支援機構と提携して販売する「フラット35」を含め、金利を引き下げた。日銀が4月に導入した大規模な金融緩和で市場金利が低下し、金融機関の資金調達コストが低い水準にあることが背景だ。


しかし、金融機関にとっては低金利で利幅が薄くなった分、一定水準の収益を確保するためには、貸し出しを増やして“量”を追わざるをえない。景気回復が進む中で、設備投資などに充てる企業の資金需要はまだ本格的な回復に至っておらず、貸し出し拡大を図る銀行は、住宅ローンへの注力を余儀なくされている。


■新たなステージ



だが、相次ぐ利下げでさらなる金利競争の余地が乏しくなり、ついに競争は新たな局面に入った。


りそな銀は女性を対象にした住宅ローンを刷新し、自己資金がなくてもローンを組めるほか、ホテルやレストランなどで割引が受けられる特典を付けた新メニューを設けた。住宅ローンの新たな顧客層を開拓するのが狙いだ。


同時に“新興勢力”も勢いづく。ネット経由で契約できるサービスを展開する住信SBIネット銀行は8月下旬、営業開始から5年

閲覧数:
2,719
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

esu********さん

2013/10/700:06:12

銀行員です。

理屈はいいから、安いところで借りれば?
金利が騰がる時は急激に騰がるでー

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる