ここから本文です

そもそも日本でだけ、文系理系という区別がうまれたのはなぜなんでしょうか?

nan********さん

2007/5/118:55:10

そもそも日本でだけ、文系理系という区別がうまれたのはなぜなんでしょうか?

閲覧数:
3,411
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kyo********さん

2007/5/123:32:31

ざっと調べてみて,

「明治以来の縦割り教育に由来」
http://www.okayama-h.ed.jp/2006_koen.html
(後半「高等教育の核心領域」に)

「理系と文系の歴史は、どうやら大学入試科目に由来しているようです。(東大設立前後)」
http://www.gotoo.que.jp/Weblog/archives/2005/06/post_33.html
(ページ下部2005年06月10日 19:30の発言)

というのが見られました。

どのくらい正確なのか分かりかねますが(記録の残っているものなのか,通説なのか),
東京大学は明治時代からありますから,
http://www.u-tokyo.ac.jp/gen03/b03_01_j.html
東京大学由来説はもっともらしくはありますね。
個人的には入試問題に由来するかどうかは何ともいえないと思いましたが…。
(2つめのサイトに「理系=工学部・理学部」という記述がありますが,医学部は文系?)

古くに,学問を便宜的に分けていた基準であるのだとしたら,
人にもあてはめようというのは強引に感じられるのももっともだと思われます。
(そう思っている方もまた少なくないように思われますが)

もし,人の特性を「理系」・「文系」に分けるとしても,
せめて1次元(いわば単純な反比例関係)ではなく,2次元にするべきとは思います。
(「理系」・「文系」の両方得意な人,両方苦手な人がいるわけだから)
人をどちらかに分けなければならないと考えるのは,血液型による性格判断並みに大雑把かと。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

odd********さん

2007/5/800:14:31

橋爪(1997:63-64)によると、そもそも文系と理系という区別があるのは、発展途上国の特徴であって、
文系に比べて、理系は実験設備などの設備費がかさむので、明治時代の日本は、理系志望の学生数を絞らなければならなかったそうです
そこで数学の試験をその基準にして、文系と理系とをふり分けることにしたわけです
入試問題が別々なので、その前の段階で文系もしくは理系を選択しなければならないようになったそうです
こうして、大学入試で、さらには高校においてこの2択を選ばなければならなくなったと・・

結構納得できる説明ですよね・・・でもひとつ気になるのは、この説明は既に文系と理系というような
二元論を前提にしちゃってますよね・・
そもそもなんで二元論的なのかということは、この説明から推測すると、
お金がかかる領域を理系、かからなそうな領域を文系と分類したと考えられますがどうなんでしょう?
ただ、理系・文系という分け方の特徴は、確かに途上国にみられるので、
資金的な説明も分かりますが、それと同時に、学問を移植する際の手続き上の問題もあると思います

yuk********さん

2007/5/119:07:17

「文系・理系という区別は日本だけのものです。いま時代は、その区別を越えた新しい人材を求めています。たとえばビデオジャーナリストは、ジャーナリストの感覚と映像技術者としての力の両方を持っています。彼がカメラひとつで世界の各地に飛び立つように、あなたもまた新しい社会に挑戦してみませんか。」とありました。
 http://www.uec.ac.jp/gakubu/7comm.html
でも日本で育ったためか、やはり文系・理系にはかなりの違いがあるように思います。勿論文明の進歩に連れてこの両者を兼ね備える事が大切になると言うのはわかりますが・・・。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる