ここから本文です

戦国武将の事で・・・(小5女子) 私は、歴史が大好きで、武将様が大好きなので...

bsf********さん

2013/10/1514:34:02

戦国武将の事で・・・(小5女子)

私は、歴史が大好きで、武将様が大好きなのですが、なんか、みんなに
「歴史とかまだ、ならってないじゃん」とか「政宗様とか武将のこと、様付けとか、きもいよ」
って言われます。な

ので、言い返したいのですが、私は少し気が弱く、強く言い返せません。でも、逆に聞きたいのですが、私が、歴史を習わないうちから、政宗様とか、光秀が好きなのは趣味が悪いのでしょうか?
もしも、悪くない、自分も武将が好きって人は、好きな戦とか好きな武将とか、教えて下さい。
ちなみに、私が好きな武将は、政宗様と、光秀、毛利元就です。

政宗様→独眼流とか、三日月、かっこいい!!

明智 光秀→本能寺で好きになりました!(側室を持たなかったとこもw)

毛利 元就→頭良さそう!!

的な感じで、書いて下さい。ご回答お待ちしております。

閲覧数:
349
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

zun********さん

2013/10/1516:53:23

私も小学校で習う前に、中世・近世にハマっていましたよ。

でも、「様」までつけて呼んでいるというのは、好きな武将の良いところだけを
見つめてしまう危険があると思います。
食事で好きなものばかり食べると、体に悪いように、武将にも良いところと
悪いところがあります。

伊達政宗
独眼竜とか呼ばれてカッコいいけど、本人にとって目の話はコンプレックスだった。
江戸の将軍には好評だったけど、お隣さんからの評判は悪かった。
歳をとるまでは領地が欲しくて、戦争が起きればいいと思っていた。

明智光秀
主君を倒した本能寺の変は、ほめる人も多いけど、後のことはあまり考えてなくて
すぐに自分も倒されてしまった。

毛利元就
頭が良いらしく、だまし討ちとか、敵に仲違いさせるのが得意だった。
他家を乗っ取りに近い形で味方に引き入れたことも。


上杉謙信
無類の戦上手にして戦好き。でも戦ったはずの割に、得たものは少ない。

武田信玄
戦をしてよし。国を治めるのもよし。他家との外交もよしの、屈指の戦国大名。
でも武田家の未来については、課題を残してこの世を去る。

質問した人からのコメント

2013/10/16 10:08:58

成功 ありがとうございます。やはり、すべてを見てこそ歴史ですね!!!
さらに、歴史のいい所、悪い所をしっかり見れるようになりました!!本当に有り難うございました!!!

「側室を持たなかった武将」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

o_k********さん

2013/10/1523:30:03

良いんじゃないでしょうか。
明智光秀は愛妻家でしたから女性の好感度は高いでしょうね。

私は関西なので、豊臣秀吉が好きですよ。

mek********さん

2013/10/1518:56:35

大友宗麟公→戦国のあの時代に庶民のための無料の病院を建て、孤児のための育児院を建てた!!

立花道雪→雷神に襲われたが、逆に雷神を斬った!!

高橋紹運→五万人の大軍を七百人で翻弄した!!

吉岡長増→あの戦国一頭のいい毛利元就を謀略戦で負かした!!

角隈石宗→呪文ひとつで風をよび雷を落とすぞ!!


以上九州の戦国大名、大友宗麟家臣団が好きですね。

ama********さん

2013/10/1515:47:54

長時様→諏訪にも勝てず村上も取り込めず林城を武田に落とされてカッコイイ!


連龍様→畠山家臣なのに父続連が謙信に射たれて信長に通じてカッコイイ!


太田資正→扇谷上杉家臣が秀吉の小田原の陣に参陣して北条の最期を見届けていてカッコイイ!


近頃はゲームの影響で皆さんご存知の武将様ですが、詳しく知りたがる方は学年でも0~3人位しかいないでしょう。高2迄は内緒に。

yut********さん

2013/10/1515:40:45

僕は長田伝八郎と云う渋い武将です。家康は刺客とか使って敵の大将を討取って勝負を決するのが大嫌いでした。戦とは、大将同士が全軍をもって雌雄を決するのだ、と云う美学があったのです。刺客の長田伝八郎は当然うとまれていましたが、小牧長久手の戦いで、どうしても短期間に勝負を決してしまわなければならない必要性に迫られ、つい伝八郎に相手の大将の池田恒興の首を取ってこい、と言ってしまいました。自分がようやく必要とされた事に喜んだ彼は、見事敵の最強の大将の首を瞬時に取ってきたのです。こうして家康はその戦を有利に進めたのですが、数年後、恒興の次男の輝政を家臣にした家康は、彼に伝八郎と対面させて欲しい、と頼まれます。家康は仇討ちでもする気かと思い嫌がったのですが、是非にと頼まれて伝八郎を呼んできました。二人は対面し、死を覚悟した伝八郎でしたが、意外にも輝政は彼の地位を聞いてきたのです。伝八郎がまだ大名にさえなっていないと聞くと、輝政は再び家康に面会し、自分の父を討取った勇者がまだ大名にさえなっていないとは何事ですか、と詰め寄ったのです。長田伝八郎はそれで晴れて大名になった訳ですが、因みに天下無双の強さの上、色男だったそうです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

he0********さん

2013/10/1514:55:11

島津義弘→関ヶ原の戦いで、家臣が捨てがまり(切り死にするまで踏みとどまって戦う)という戦法をとって、徳川家康の真横を通って薩摩へ帰国した。
武蔵坊弁慶→衣川で主君である源義経が自害するまで戦い、仁王立ちして死んだ。
吉良上野介→忠臣蔵では、悪役として描かれているが、本当は名君であった事は、余り知られていない。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる