ここから本文です

ファイントラックのツェルトⅡですが、これは夏の使用は可能でしょうか?

dis********さん

2013/10/1812:15:34

ファイントラックのツェルトⅡですが、これは夏の使用は可能でしょうか?

防虫のネットはあるようですが、蚊の多いところでは、蚊取り線香や電池式ベープとの併用で大丈夫でしょうか?

現在はアライのゴアのシングルウォールですが、快適ですが、もう少し軽量化したいです
森林限界より下が多いので、自立しなくてもほぼ大丈夫かな、と思っているためです。

補足入ってくるのは、地面をはうムカデ、蜘蛛などという意味ですか?
フロアの割れ目っていう意味ですよね?

蚊とかも入れますか? ペグダウンした状態だと、蚊とかは入りにくい?と思うのですが。

閲覧数:
9,640
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

Mars Scytherさん

編集あり2013/10/2020:42:26

防虫ネットって、まさかツェルトⅡ本体の三角頂点についている部分を指していますか?あれは気休めというか換気だけのために付いているメッシュで、虫はフロア側の解放面 ― テント型に設営したときの、サイドパネルとフロア面の間 ― から無尽蔵に入ってきます。ご注意ください。
もし別メーカーのバグネットと組み合わせるなら、ツェルト内の防虫対策は万全です。あとは食事中とか、外で休憩しているときの対策を取れば大丈夫でしょう。

私は自立式を知らずにツェルトやフロアレスを使っている偏屈なのでアレですが、シングルウォールの設営のしやすさから比べると、途方もない手間が掛かることは覚悟しておいたほうがよいと思います。あとは質問者さんが、その軽量化の度合いと手間を比べて満足できるか、ですね。

>補足を受けて
蚊や虻などの飛ぶ虫の話です。ツェルトⅡで、紐を縛って作れるフロア面の割れ目ではなく、ジッパーがある壁面とフロア底面の間に隙間があるのです。ジッパーがある壁面には、この隙間を塞げるように、ごく短いスノースカートのような延長布(仮称)が着いています。無風化なら隙間が塞がって見えますが、何かで押さえつけないと、そよ風でも隙間が開くことになるのです。このスキに羽虫が入ることはあるでしょう。

http://tara2006.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/finetrack-69b2.html
▲ページの最後の写真、内側に延長布が垂れているのが分かります。

http://sprt.jp/staffblog/2011/04/21-tuelt2.html
▲ページの2枚目の写真、手前側から奥へ風が吹くと、地面近くに隙間が生じているのが確認できます。延長布が風でなびいて、外へ出てしまっているのです。

確かにペグダウンしてテント型(メーカー写真にあるような形)に設営すれば、羽虫類が入りにくくなるのは事実ですが、シングルウォールテント並みに入り込まないとは言えないということです。
とはいえ、私自身の使用経験上(ツェルトⅡロング、夏の南アルプス幕営指定地6泊7日とか)で、羽虫が入ってきてどうしようもないという経験も、ありません。ただ、頭だけ覆えるヘッドネストくらいはあったほうがよいかもしれませんね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「ファイントラック」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

max********さん

2013/10/1817:56:07

私は3泊4日のテント泊の総重量は10Kgを切っています(酒が1Kg位有る)
昔はツェルトで次はシェルター(ツェルトにポールがついた奴)今はゴアテックスχのシングルウオールのテントです。
快適です、ツェルトには戻れません。ツェルトとかシェルターひどすぎます
1kgも軽くならないので他の物の重量落とした方が良いです。
ザックも気づくと重量が2Kgも有ったりします、バランスライトに換えて1Kg減りました。
一番利いたのは腹の回りの脂で7Kg軽量化しました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる