ここから本文です

生命保険のことで質問させてください。 主人の生命保険を見直そうと思い、保険見直...

kaoringo1913さん

2013/10/3021:26:38

生命保険のことで質問させてください。
主人の生命保険を見直そうと思い、保険見直し本舗へ行ってきました。
主人 44歳 会社員
私 28歳 主婦
子供 0歳

現在加入しているのが
■明治安田生命

ライフアカウントL.A.
主人が18歳の時に入ったようです。

10年更新型の保険で現在15349円毎月支払っています。死亡保障2000万円で次回は7年後に更新です。

■明治安田生命
年金ひとすじ
月15000円
65歳までの支払いで65歳以降年間48万円を10年間支払われます。死亡保障は付いていません。
保険料は合計毎月31000円弱支払っています。

恥ずかしながら、保険の仕組みが全く分からなかったので、子供が生まれたのをきっかけに 保険の見直しして「アカウントが付くものは内容が難しい。」「更新型は後が大変」と知りました。

新しい保険を提示されたのですが
○遺族生活資金○
■三井住友海上あいおい生命
月6929円
死亡保障2400万~どんどん減る
月々10万の保障
保険期間64歳
保険料払込期間64歳
ガン等になった場合、保険料免除

○自己整理資金○
■ひまわり生命
月15750円
死亡保障500万円
保険期間終身
保険料払込期間65歳
65歳までに死亡した場合500万保障。
65歳まで健康に過ごせたらその後は年金として支払われる。月々約3万を10年。

○医療保険○
■アクサ生命
月8358円
保険期間終身
保険払込期間70歳
ガン等になった場合支払い免除
入院ベット代日額5000円
○大きな病気の際のプラスα○
■富士生命
月2600円
ガン保険
保険期間終身
ガンと診断されたら何度でも100万 円
ガンと診断されたら保険料払込免除

合計33037円

新しく提示された保険の方が保険内容も手厚くなるし死亡保障も今より1000万近く上がる。
しかし明治安田生命は25年以上も入っているので、今更解約する方がよくないのか?今の内容を見直すべきなのか…分かりません。
保険見直し本舗の方は丁寧に教えてくだっさったので、その場では「明治安田生命を解約しよう」と思ったのですが…

すぐに解約して提示された保険に加入すべきですか?
それとも解約すべきではないですか?

客観的な意見を聞かせてください。
分かりにくい文章で申し訳ありません。よろしくお願いします。

補足丁寧に分かりやすくお答え頂きありがとうございます。
L.A.なのですが2007年に契約したようです。18歳から明治安田生命にお世話になってますが、担当の方がその都度新しいプラン?を持ってきて「保険料が変わらないなら」と任せていたようです。内容については別スレを立てますので、よろしければ引き続き、よろしくお願いします。

閲覧数:
13,732
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mbwny569さん

2013/10/3116:58:29

本気で相談されている様子ですので、
保険のプロとして、FPとして「本音で回答しますね」。

保険を考えるときに
まず是非していただきたいのは、
どこの保険会社のどの商品がいいかではなくて、
「本当に保険でなきゃ駄目なのだろうか?」と考えるようにしてください。

保険の存在意義=利用価値は、
まずおこらないけど・・・おこって欲しくはないけど・・・
万一の際、そのリスクが何千万・何億円となるものに保険は必須です。
(例えば、自動車保険・火災保険・賠償責任保険・そして死亡保険などです)

リスクが何十万とか百万程度のものにまで、
保険を掛けるときりがなくなり、いわゆる保険貧乏になっちゃいます。

保険見直し本舗だろうが~
銀行だろうが~
私を含めてFPだろうが~
保険を取り扱っているとこに保険相談に行けば
全ての答えが保険で回答されるだけです。。。

お葬式代の準備 =終身保険
お子様の教育資金 =学資保険
がん家系だ~といえば =がん保険
老後が心配~といえば=年金保険
医療費が心配といえば=医療保険

心配や不安の数だけ、
保険が用意され契約しちゃいます。

月々の固定費がどんどん高くなり、
身動きが取れなくなり、挙句に教育ローンとか自動車ローンとか、
しなくてもいい借金をして、無駄な経費を払うことになります。

冷静に冷静に考えましょう。

提案されているプランの支払う保険料掛け算してみてください。
ご主人だけで1000万近くなりますよ・・・

収入保障・・・6,929×20年=1,662,960円
終身保険・・・15,750円×21年=3,969,000円
医療保険・・・8,358円×26年=2,607,696円
がん保険・・・2,600円×40年(平均余命ダイタイ)=1,248,000円

そのうち、
奥様もお子様も医療保険は必要ですねとか言われて、
そうだな~と思い契約するとあっというまに2000万オバーです。。。

ではどうするか、
保険で手当てするべきリスクは、遺族保障のみです。
(これだって計算すれば要らない人だっています)

必要期間とか金額は、
上記条件だけではわかりません。。。

それでもいえることは、
①明治安田生命LAの継続はありえない
②年金もここ10年以内の契約のようですのでいらない
③三井住友あいおい生命の収入保障10万円
保険種類はいいですが、もっと安い保険会社にしましょう。
(3000円~5000円であります)
④ひまわり生命の終身保険イラナイ
⑤アクサ生命の医療保障イラナイ
⑥富士生命のガン保険イラナイ

長くなっているので、
④~⑥の理由は、私の他質問への回答などを参照下さい。

保険会社の宣伝やそのお仲間たちに騙されず、
健全な家計となりますように。

ご参考になれば幸いです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

編集あり2013/10/3118:54:59

一個だけ・・・


死亡保障が月10万より、月9万とか8万が良いと言ってる人、月9万、月8万より、月10万の方が割引が利き安くなる可能性が非常に高いです。
ですので例え8万とか9万しか必要ないとしても、基本的に保険料が安い10万/月で提案をします。

うんちく並べるならこれくらい知っといたほうが良いと思いますよ。

せっかく良いこと言ってるんですから、もったいない。

あ、主さまには関係ない話でしたね。
すみません。


******* 補足 *********

ネットなんて様々な考えの人がたくさんいるんですよ。
みんな言ってることは間違えではないと思いますよ。

でも、どれにでもリスクはあるんです。

医療保険やがん保険に入らないリスク、年金をやめるリスク、などなど・・・

要するに大事なのはどの保険に入ればあなたが安心なのか!これに尽きると思います。


全てにリスクは付き物という事を念頭において、あなたが安心するものに加入してください。

2013/10/3114:06:25

現役保険別働隊職員です。ご参考になればと思います。

人生には、3つのリスクがあるそうです。

① 死亡 ② 遺族の生活費 ③ 老後の生活費

だそうですね。


①について

亡くなったら、お葬式くらいしかお金かかりませんよね。
また、旦那様の年齢も年齢ということ、今年の4月保険料アップになった事を鑑みると、
その分の保険料は個人国債等に投資したほうがよっぽどましです。(個人的な意見です)

しかも、年金受け取りなら「雑収入」に該当する上、場合によっては1割税金天引きになることもある。
そのことを募集人は言いました? 「保険」しか知らない人だとこうなります。


①の結論は

この年齢なら、 「 入らない 」 です。



②の遺族の生活費についてです。(夫死亡時、妻が30歳以上での話です。)

毎月の生活 1年 お子様が大卒の年
25万円(仮定) × 12か月 × 22年 = 6600万円の生活費が必要です。(夫:66歳 妻:50歳)


ここまではいいですか?

次に、国からもらえるもの。

☆遺族基礎年金(上記記載の通り、妻が30歳時に夫が死亡と仮定)

A : 79万円(年間) × 16年間(子供が18歳になるまでもらえます) ≒ 1250万円もらえます。
B : 22万円(年間) × 16年間( 〃 ) ≒ 350万円もらえます。(子の加算部分)

A + B ≒ 1600万円もらえます。

☆遺族厚生年金(65歳以降は差額がもらえます。)

A : (最大、年間55万円ですが)20万円と仮定、 22万円 × 35年間 ≒770万円(子が18歳までなら400万円)
B :寡婦加算部分(40歳~65歳) 59万円 × 25年間 ≒1500万円

すこし複雑ですが、大丈夫ですか?

つまり、

子が大卒までに必要な生活費等は ≒6600万円
国から出る補助金が ≒2000万円(1600+400)

が22年間で必要な訳ですよね?

6600万円 - 2000万円 =4600万円

4600万円 ÷ 22年間 =210万円(年間)

210万円 ÷ 12月 =17.5万円が必要保障額となります。 難しかったですか?

実際は、健康保険や会社からも出ます(会社による:大体大手企業で死亡退職金とか)


ただ、奥様がパートで月7.5万円稼いでくれるなら、

17.5万円 - 7.5万円=10万円だけ、月に保険からもらえれば、

「今と同じ生活水準」が維持出来ると思います。
(厳密にいえば、子供手当、母子手当等もあるので、8万円くらいでも十分かも)(笑)

長い道のりでしたが、大丈夫でしょうか(笑)

結論は、

月に9万円の収入保障に加入したらどうですか?
(年金形式受け取りなら8万円、一時金で受け取るなら9万円でもいいと思います。
年金形式は雑収入ですから天引きです)

見直し本〇さまは、ここまで話しました?できた人なら「普通」の保険屋さんにしては「かなり親切」だと思いますよ(#^.^#)

で、あいおい生命は ① 収入保障(死亡+高度障害) ② 総合収入保障 (左記 + 要介護状態「公的連動なし」)
で、保険金が出ます。

何を言いたいのか、(上にも書きましたが、死んだらなんぼなんてあまり意味がない(と、個人的に思ってます)



「死んでないけど、元気ぢゃないから、働けない」



こういうときに「毎月8~9万円」の保険金が出る保険こそ、保険だとおもいます。

A : あんしん生命 家計保障(5大疾病)65歳/65歳 月8万円で1万円前後?
(試算してないのでわかりませんが、他の収入保障に比べ、ばか高いです(笑))

B : あいおい生命 総合収入保障

C : アクサ生命 がん収入保障

D : (死亡時+高度障害のみで、P免なしですが) アフラック GIFT(収入保障) 満期金100万円

の組み合わせですかね~僕なら(笑)

年齢が年齢なので、介護保険適用前提で A + C ってとこかな~(#^.^#)5万円ずつ♪

いいですか?

1商品だと必ず、でりっととデメリットが存在します。組み合わせることにより、互いの弱点を(消せないけど)補えますっ!!

あとは、ご夫婦で相談してくださいね(#^.^#)



(あいおいの月10万円の根拠と、なぜ、64歳とかの説明も聞いたほうがいいですよ)


富士生命のやつはいいと思いますが、上記Aに加入するなら月5万円でもいいですよ♪
(診断100万円で3か月ほどの治療と専用下着等に充てて、3か月は貯金で頑張れば、Aの支払い自由に該当し、
一時金で保険金受け取っておしまいにするのが最善かな)
逆にいうと、富士ガンベス加入しないなら、8-9万円で♪


☆医療保険

アクサね・・・

① 楽天生命 医療保険 ピンポイント (一時金で10万円いただけます:5千円の医療保険なら20日分です)

② あんしん生命 メディカルkitR 70歳に(保険給付金受け取りがないなら)保険料全額帰ってきます♪

もご検討されては?


僕なら、

① あんしん生命 5万円 家計保障 65/65
② 楽天医療 または メディカルR
③ 富士のガンベス

(メディカルkitRは解約前提で加入します)

そんなとこかなぁ~~っって、めっちゃ長くなった。ここまで読んでいただき、お疲れ様でした&ありがとうございました。

そうそう、


本気で保険の見直ししたいなら「銀行」に来てください。
これぞ、「中立」って思ってもらえるような提案が出来ると思いますよ♪

kodoku_na_seさん

2013/10/3112:45:22

私も、ご主人と年齢が近く、保険料が上がるのをきっかけに見直しをしました。かなり調べましたので参考になるはずです。

まず、前提として、ご主人に何かあった場合は、国が遺族年金を支給してくれることを頭に入れて下さい。子供がいて会社員であれば、月に10〜15万くらい貰えるので、今、相談してるFPに確認して見て下さい。

あと昔の終身保険や個人年金ほど運用利率が高いという事を頭に入れといて下さい。つまり、昔入った保険ほどお金が増えていく可能性が高いんです。
もし、見直したいなら、今、入っている保険と入ろうとしている保険の運用利率を比較し、今入っている保険の利率が高ければ、解約は損です。利率は、保険会社に確認すれば、教えてくれます。

次に更新タイプですが、内容確認して終身保険が入ってないか確認して見て下さい。だいたい終身保険に定期更新タイプがつている場合が多いのです。

もし終身保証が、ついてるのであれば、上記の通り利率を確認した上で、終身部分を残し、定期部分の減額を考えてみるのも一つの手です。でも常に保険外交員の方が見直しされてたのであれば、う〜ん…

注意してないと、あさっさり解約させられ損をしてしまうので、十分注意して下さい。

減額により保証が下がるのが嫌なら、解約して収入保証に入るのがいいと思います。保険会社は、好みでいいと思いますよ!

次に医療保証ですが、近くに入院した経験がある人にどの位の期間入院し、どの位の医療費がかかったか聞いてみると良いです。
恐らく、みんな、1ヶ月以下で高額医療制度のおかげで8万ちょとを越えて払った人って殆どいないと思います。あと加入している健康保証組合によって給付金がでるところもあるので確認してみて下さい。

個人的な意見としては、不安なら保険に入ればよいし、入らないなら、その分、月に2、3千づつ貯金して、それで事たりると思いますよ。

がんについては、平均治療費が、50〜100万と言われるので、100万出す貯蓄があれば、やはり保険に入らず、貯金にまわすのも一つの手です。

きちんと保険を見直すだけでトータル支払う額が数百万から1千万近く変わってまうことがあるので、慎重に事を進めてみて下さい。

yht1721さん

編集あり2013/10/3118:28:05

年金は解約しちゃだめですよ。

丁寧な応対だと満足感を得ていらっしゃいますが、
明治安田、年金ひとすじに関して、死亡保障なし説明&解約推奨の時点で信用できませんアウトです。

運用料率、現在の資産積み立て金額を確認しましょう。

LAのみ見直しなら話がわかります。
因に各社に差がありますが、個人年金商品に死亡保障はありますよ。
最低でも支払った保険料程度は、年々増えていくしくみ。

何度もがんに罹患しますか?無制限給付→お得感?こんな印象付けなら、完璧にカモにされます。

お子さんが誕生され見直すきっかけとしては良いのですが、遺族年金の不足分を収入保障、年齢的に三大疾病の保障は必須。生きていても収入が途絶えた事を想定して下さい。入院・手術給付金は生活費になりません。
即死、高度障害、がん以外で大病を患ったらどうするのですか?
三大疾病はこちらで検索して下さい。
LA契約詳細を別のスレを立てられるようでしたら、再度書かせていただきますし、他にも優秀なカテマスさん方がアドバイスしてくれると思います。

補足
・goさんの回答は質問者さんが相談された担当者と同等と感じます。

・569さん、年金は保険料控除で目先の料率以外で契約者が税金を軽減できるメリットがあります。一概に損切りする類の契約とは言い切れない部分がありませんか?前半の回答に賛同できる部分もあり少し残念です。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。