ここから本文です

麻丘めぐみのアイドル時代、絶頂期はもちろん「私の彼は左利き」ですが、その後の...

itu********さん

2013/10/3023:26:43

麻丘めぐみのアイドル時代、絶頂期はもちろん「私の彼は左利き」ですが、その後の活躍は、どんな様子だったのでしょうか?
レコードセールスでみると、左利きから2曲ほどはそこそこ売れていますが、

その後は振るわないという印象を受けます。
当時のアイドルは、歌だけでなくドラマやCM、モデルにバラエティ番組と活動は多岐にわたっていたとおもうのですが、どのような感じだったのでしょうか?
結婚が決まったころは、既に過去の人だったのでしょうか?それともレコードは売れなくとも、人気のあるアイドルだったのでしょうか?

それにしても、ラストシングルは素敵ですね。

閲覧数:
1,023
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sta********さん

2013/11/114:59:57

ひと言でいえば事務所の戦略の失敗です。
“左利き”の頃は爽やかな、お姫様といった感じのアイドルでした。舞台から転落しケガ療養後は髪形を変え歌も大人の歌にイメージチェンジしたため“爽やかなアイドル”らしさが無くなってしまいファンは他のアイドルへと離れて行きました。
復帰後も歌中心の活動だったので仕事も激減していたようです。歌番組に出られないのは痛かったと思います。

結婚が決まった頃も活動自体が歌中心だったため仕事は暇な状態だったと記憶しています。事務所は既に他のアイドルに力を入れていましたから過去の人といえばそうなるでしょうか。マスコミにはアイドルの賞味期限云々の話も言われてました。

当時の詳しい話はいろいろな人がネットに情報提供しています。
下記に、麻丘めぐみさんの波乱万丈なアイドル人生の詳細が画像付きであります。
一連の流れの話
http://www.minp-matome.jp/pub/B2C45131-8341-496D-995C-0ED33E725344

事故から療養そして復帰の話
http://doqpops.at.webry.info/200703/article_5.html
http://doqpops.at.webry.info/200704/article_1.html

質問した人からのコメント

2013/11/5 23:36:31

ありがとうございました。よくわかりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

oss********さん

2013/10/3105:36:50

麻丘めぐみさんは、74年3月に、ステージからの転落事故で重傷を負い、半年間ほど芸能活動を休止さぜるをえなくなりました。
その間、山口百恵さん、桜田淳子さんといった、後輩アイドルたちが、めきめきと向上し、9月頃、ようやく芸能活動を再開したものの、もう麻丘さんの居場所はなくなっていたということです。
余談ですが、ステージからの転落事故といえば、81年の、河合奈保子さんの、NHKホールでの転落事故が浮かびますが、私は当時大ファンで、このままでは、奈保子さんも、麻丘さんの二の舞になるのではと心配しましたが、奈保子さんの場合、その危機を無事乗り越えることが出来ました。
麻丘さんのときは、周りのスタッフの方々も、かなり焦られたようで、傷もまだ癒えないうちに、無理に芸能活動を再開させて、再度体調不良に陥らさせたり、病床から無理矢理新曲のレコーディングをさせたりと、後のケアがなってなかったのに対し、奈保子さんの場合は、この麻丘さんのケースを、スタッフの方々が教訓にされたようで、決して復帰を焦されずに、約2か月間棒に振っても、治療に専念させようという姿勢でのぞんだのが良かったと思いました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる