ここから本文です

投資信託の普通分配金と特別分配金の境について

asa********さん

2013/11/1712:32:35

投資信託の普通分配金と特別分配金の境について

投資信託の特別分配金について質問です。購入時の基準価格10000円、毎月200円分配とした場合
分配時に
①現在値が10200円だったなら分配金に毎月税金がかかり
②現在値が10000円だったとしたら特別分配として税金無し
となるのでしょうか。

現在値段が基準を下回った状態で安定している投資信託を
NISA口座に買いなおす必要があるのかないのかと思いまして。

初歩的な質問で申し訳ないですが、よろしくお願いします。

閲覧数:
305
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cor********さん

2013/11/1811:29:35

投資信託の普通分配金と特別分配金の境は、分配金落ち後の基準価額で決まります。
分配金落ち後の基準価額が個別元本(取得価額)と同額または上回っている場合には普通分配金になり、下回っている場合に特別分配金になります。
したがって、①と②の場合にはいずれも普通分配金になります。
現在の基準価額が9,999円以下になれば特別分配金になります。
現在、個別元本が基準価額を下回っているなら特別分配金で税金なしの状態ですので、NISA口座に買いなおす必要はありません。

質問した人からのコメント

2013/11/18 19:15:11

降参 回答してくださった方々、ありがとうございました。
とても分かり易かったので、ベストアンサーとさせていただきました。
感謝いたします。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hue********さん

2013/11/1812:47:48

普通/特別分配金の境目となる所は”分配前基準価額=個別元本”です。

なお、基準価額は分配金を支払う事で減額します;
○分配前基準価額=分配後基準価額+分配金単価
また、投資額を1万口当りに基準化したのが個別元本です。個別元本は追加投資/一部売却では微動ですが、特別分配金では大きく減少します。
○個別元本=投資額(計)÷口数(計)×1万口

分配金の計算式は以下の通りです;
A )税引前分配金=口数×分配金単価÷1万口
Ba)普通分配金=口数×(分配前基準価額ー個別元本)÷1万口
ただし、0≦(分配前基準価額ー個別元本)≦分配金単価
Bb)特別分配金=税引前分配金ー普通分配金
C )手取分配金=普通分配金×(1-税率)+特別分配金

計算は、投資者の保有値(口数、個別元本、手数料等)を管理する販売会社が行い、結果を通知します。なお、分配金単価と分配後基準価額は運用会社が決定し、公表します。

貴殿も分配金単価、分配後基準価額、口数、個別元本をわかっているので、計算できますよ、お試しください。
なお、貴殿の例①②は”個別元本=10.000円”として、基準価額を動かしていますね。ーー以上ーー

yuu********さん

2013/11/1722:31:43

そうですね。
そもそも毎月分配型はNISAに最も向いてない投資信託です。
っていうか投資自体が崩壊してるクソ投資信託です。

だから、証券会社はNISA用に分配の少ない投資信託を作り出そうとしています。
NISAに関係なくそれが王道なのですが。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる