ここから本文です

最近、高校生の息子がよく見ているアニメに「AIR」というのがありますが・・・。こ...

xtn********さん

2013/11/1919:38:59

最近、高校生の息子がよく見ているアニメに「AIR」というのがありますが・・・。このアニメ、どう思いますか?知的障害者が出てきます

アニメが好きな高校生の息子がいて、私にもよくアニメを見せてくれます。が、先日見せてもらったこのアニメを見て、絶句してしまいました。正直、これは良くない。こういう話は障害者差別や偏見を助長しかねないから、麻枝准という名前の作者にもう少し調べるとか、ちょっと考えたら??と言いたくなったのですが、どう思いますか?

気になったので、高校生の息子に許可をとった上で公開し、ここで意見を募りたいと思います。

以下、高校生の息子が箇条書きで書いたノートから引用です。一応ジャンルは恋愛ものらしいです。


主人公はさすらいの旅芸人で、路銀を稼ぎながら生活をしている。
下宿先で、知的障害者の少女と同居してそこで生活することになる。

何度か交流した後、少女とトランプで遊び、それが原因でその後少女が癇癪をおこす。

癇癪をおこしたところを少女の母親に見つかり、主人公が夜道に連れ出された後に少女が「知的障害者」であることを説明され、「好きな人を傷つけてしまった」と深く反省し後悔する

ほとぼりが冷め、何ヶ月か経った後に主人公が少女を助けるために夜中に訪れる。

その千年前に、少女の先祖が幽閉されていた建物から脱走したことが発覚し、主人公の不注意で少女の先祖が殺される。

その先祖の呪いが少女に受け継がれ、知的障害や癇癪持ちの原因だと判明する。

数か月後に母親が少女を正式な養子にした後に、他界し、輪廻転生で幼い少女に生まれ変わる。


という流れらしいです。

正直知的障害者の方を傷つける内容、知的障害者を傷つけたり差別を助長する内容になってるんじゃないか?と思い、あまり世に出す内容ではないような気がします。。。

ちなみに高校生の息子曰く、どうして少女が知的障害者なのか?と言うのは麻枝准という名前の作者が知的障害者を題材にすることによって作品の感動要素を増し、原作ゲームやアニメの売れ行きを伸ばすためだ、という事だからだそうです。

閲覧数:
1,555
回答数:
7
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

can********さん

2013/11/2123:22:41

難しいですね。
たとえば、自分の息子が障碍者だったら悲しいですか? この悲しいってのは差別じゃないのかなと思います。生まれたのに悲しむ。これっておそらく、子供からしたら最初に受ける差別なのかなと。 こういうアニメはその悲しい感覚を植え付けるのに一役買っているとは思います。

ただ、世の中の環境的にも「生きにくさ」はあると思うので、ある意味真っ当なところもあるんじゃないのかなと思います。要するに、まったく不自由なく生きられる環境があれば「差別」と言っていいのかなと(男女差別、黒人差別みたいに環境は同じの場合)。

子供に説明するときに、もともと環境的にも差別があるのに、このアニメは差別的だといって説得力があるのか疑問です。 学校からオリンピックに至るまで仕分けされてますからね。徹底的に「普通じゃない」ってことを教えられると思います。 こっちのが差別でしょと思ってしまう自分がいるんですが、果たしてうまく共存できるのかなーとも思います。 お互いに環境がある状態とも言えますが、日本は遅れてるのでね(障害者と接点がなさすぎる)

こういうアニメはまだ「差別→悪?」だなとわかるんですが、映画とかで障害者を題材にして生活場面(呪い関係なく)で感動を誘うような風潮がありますが、実際こっちの方が「差別→悲しい」に結びついてる分、厄介だなと思います。 なんで障害者が普通に生活している姿を「苦労・悲しい」として感動話にするのか。

不思議と日本に多くて、日本的なところだと思いますが、悲しい事と刷り込まれちゃってるとわからない部分だと思います(怖い)。 こういうのって、はっきり言って昔の方が多くなかったですか? ドラマなんてほとんどこんな感じで、たまに出てくる障害者を暴行しちゃうような場面を見て「やったらいけないこと」と認識してたように思います。 これを思うと、アニメにもそう認識できそうなところがある分「マシかな」とも思えます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

moo********さん

2013/11/2400:19:49

個人的にこの作品は高校の頃に出会って衝撃を受けた、どちらかというと信者側なので、質問者様のご意向とは違う回答になるとは思いますが回答します。

AIRと言う物語は知的障害を主軸に置くよりも長年こじれた関係だった保護者と心を通わせ親子になっていくことを主軸にしています。(確か叔母と姪だったかな?親戚関係でした)
だいたい、心を通わせると癇癪を起こすなんて障害が現実にあるとは考えづらいと思っていましたし、作中をみるとあなたが言う障害と二人で戦っていこうとする健気な女の子が最終的には母親と思える人の胸の中で幸せな最後を迎える話です。
どちらかというと知的障害より呪いなどオカルト方面が原因だと見ていれば察しがつきますしね。
きちんと見ればそこまで助長を促す作品ではないですよ。

ちなみに細かいことをいえば、少女の祖先ではなく前世です。
そしてその呪いを受けた少女の従者を祖先に持っているのが旅人の青年です。

あと明確に障害持ち(と誤認される)描写をしたのはその作品だけで、確かに頭が弱い子の話しを書くことは多いですが障害というより、そういう作風の人というだけです。まぁ、売れやすいからそういう作風にしてるのもあるでしょうが。
どちらかというとファンタジー要素を用いることが多い人なので(作った作品の9割以上ファンタジー要素をいれてます)非現実的な話を作る人だという認識も高いとは思います(狐が人間になったり、生霊がヒロインだったり、実は現実じゃなかったり)

普通の人の普通の出来事なんてわざわざ二次元でやる必要ありますか?って結論になりますけど。

ゆーさん

2013/11/2220:31:01

そうですね、中々難しい問題ですね…
単刀直入に言えば、お母様が仰っていることはいわば24時間テレビでも似たようなことが行われている、と言えてしまいます。

以前に目の不自由な少女が山を登り切るという企画が24時間テレビでありました。見方によれば、お母様がおっしゃるAirと同じく障害者を晒し者にしているだけです。障害者の方に対する差別の助長にもなり得ると思います。

しかし、24時間テレビは毎年感動の渦に包まれています。それはなぜでしょうか?障害者に対する可哀想という同情の涙?

それは違うと思います。ああいう方を見て、私達は色々と考えさせられるからこそ、感動するのではないでしょうか。

Airも同じです。別に障害者の方が可哀想、だから感動するということではないのです。シナリオライターの麻枝准さんは私たちに考えるきっかけを作ったに過ぎないのです。(そこから麻枝さん自身が伝えたい事があるにしても)

そこからどのように考えるのは私達自身です。そこで知的障害者の差別だ、やっぱりこんなのはおかしいと思えばそれまでです。

あとはお母様がどのようにこの作品や同じような作品を捉えるか、子供に伝えるべき内容かどうかを考えて行動すればよいと思います。

長文失礼致しました。

アバター

ID非公開さん

2013/11/2220:15:51

知的障害を知的障害と言う事も差別だと思うのですがどう思いますか?
どこら辺が差別だと思えるのかというと知的障害者を知的障害者と区別することが差別というふうに考えました
っていうか差別差別と言い始めたらキリがないですよ・・

bir********さん

2013/11/1922:33:19

同じ質問をゲームカテゴリーにもする質問者に天罰を。

2013/11/1920:16:02

それを見て障害者を差別するような息子であれば、
そう育てた親が悪いです。

AIRの放送なんて、何年前の話ですか?
その年で障害者への扱いが劇的に変わったならばAIRが原因です。
が、障害者への差別はなくなることもひどくなることもありません。

ひぐらしを見てナタがどーのこーの、という話もありましたね。
普通の精神の人は、どんな作品を見てどんな影響を受けても
「一線」をこえることはありません。
こえてしまう人は、その作品が「きっかけ」であっただけで
「原因」はもっと別にあるのです。

あなたこそ、障害と差別についてもう少し調べるとか、ちょっと考えたら??どうですか。

Yahoo!知恵袋 特別企画

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる