ここから本文です

内親王と、女王の違い。

mai********さん

2007/5/2222:38:59

内親王と、女王の違い。

皇族の、女子の呼び名なんですが
「内親王」「女王」とありますよね?
以前、本で「天皇の、子供・孫にあたる女子は、内親王。それ以外は、女王」と
見たのですが、別の小説で「梅宮文智女王」という人が登場するんですが、
この人は、天皇の子供でした。
なのに、女王と書かれてました・・。
どういうことなんでしょうか?
天皇の子供・孫でも、女王の場合と内親王の場合とあるのでしょうか?

閲覧数:
17,586
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sur********さん

2007/5/2300:20:56

天皇の、子供・孫にあたる女子は、内親王。それ以外は、女王

これは太平洋戦争以降に公布された「皇室典範」の規定です。明治から戦前までは五世(天皇の子供を一世と考える)までが親王・内親王でそれ以下が王・女王でした

お尋ねの「梅宮文智女王」は江戸初期の後水尾天皇の皇女ですが、親王宣下を受けていないので「女王」です。
平安時代初期から、江戸時代までは親王・内親王になるには宣下が必要です。ですから、天皇の子供であっても宣下がない限り「王・女王」なのです。逆に言えば天皇と血筋としてはどれだけ離れていても親王宣下があれば「親王」になれます。

梅宮は母親が典侍という女官の身分であったので「内親王」にはなれませんでした。江戸時代の皇子・皇女は母親が皇后や女御である場合と、男ならば皇太子になるかどこかの寺に入る場合、女ならばどこかの宮家か摂家に嫁入りする場合のみ宣下がもらえました。

質問した人からのコメント

2007/5/23 11:25:40

成功 詳しくありがとうございました!
私が読んだ本の規定と、文智女王の頃の規定と違うんですね。
勉強になりました。

「内親王と女王の違いは」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

whi********さん

2007/5/2300:18:13

親王になるには「親王宣下」を受ける必要があります。
単に、天皇の子供というだけでは親王にはなりません。
親王宣下を受けられなかった人物で一番有名なのは、平安時代の後白河天皇の皇子似仁王です。
れっきとした天皇の皇子なのに、嫌われたのかどうかわかりませんが親王宣下を受けられませんでした。
それを不満として、平家打倒を掲げて源頼政と反乱をおこし、源平合戦の口火を切りました。

kom********さん

2007/5/2222:54:06

その時代にもよりますが、平安時代以降の場合なら、天皇の子・孫は生まれると自動的に男なら王、女なら女王になります。
この中から特に選ばれて、親王・内親王宣下をうけた王・女王が親王・内親王になりました。
天皇に近い血筋で、母親の身分が高い、後押しをする親戚がいる、優れた資質の持ち主といった条件が必要だったらしいです。

nor********さん

2007/5/2222:46:22

内親王(ないしんのう、うちのみこ)は親王宣下をうけた女子の皇族。またはその身位、称号を指す。現在は天皇の嫡出の子(皇太子の姉妹)つまり昔でいう皇女(こうじょ、ひめみこ)、及び、天皇の嫡男の嫡出の子(皇孫)で女であるもの、また、天皇の姉妹を内親王という(皇室典範6、7条参照)。内親王が臣下に嫁すことを降嫁という。また、古語では内親王を母として生まれること、または生まれた子を皇女腹(みこばら)といった。
女王(じょおう)女性国王。王国の女性の君主。のこと。
女王_(皇族)(にょおう、みこ)。皇族の身位の一つ。現在は、天皇から三親等以下の女子を指す。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる