自衛隊の飛行機で空色を見かけましたが

一般教養2,103閲覧

ベストアンサー

1
画像

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

この色です、ありがとうございました。緑の迷彩も何かで見た覚えがあります

お礼日時:2013/11/21 22:27

その他の回答(7件)

0

実戦機は、ねずみ色です! 厚木基地せ、戦闘機や戦闘ヘリや海上自衛隊の飛行機を見ますが 空色?「青」水色ぽいのはあったかな? 救助に使う飛行機は、目立っても良いけど。航空ショーも。 実戦機は、目立つとヤバイですからね! 戦闘機が、音も無く着陸してくると変な感じがしますよ。 離陸の時は、ジェット音以外何も聞こえない。

0

本当の空色にして、見かけ上、空に溶け込む彩色が、昔、戦闘機用に研究されたことがあります。 研究結果は、敵だでなく、見方からも、判別しにくく、空中衝突、同士討ちなどがあり、失敗でした。 目立つ青なら、あるでしよう。 輸送機には、たしかに、青色塗装したものがあります。 先日、台風30号で、被災したフィリピンに物資を運んだ、C-130は、薄い青色塗装でした。 国際援助、PKO活動の場合、 戦闘することが、任務ではありません。 誤射されるのを、避けるために、 目立つ色、軍がつかなわい色で塗装されることがあります。

0

現行で、航空自衛隊で「空色」を迷彩塗装として使用しているのは、 イラクに派遣されたことのある輸送機の「C-130」と 有事の際の戦闘救難を想定している救難捜索機「U-125」しか無い筈です。 その他は 記念塗装としてカラフルにするために、 いわゆる「ハイビジ塗装」として塗装しているものですが、 大抵は「空色」と表現するには、薄すぎるか、濃すぎるので違うと思います。 またF-15などに使用されている高高度用の航空迷彩色である「グレー」は 日本の場合は薄いので、水色っぽく見える場合が在りますので その場合でも、そうです。

0

見られたのは、恐らく洋上迷彩を施された航空自衛隊機だったのではないかと思います。 洋上迷彩とは水色や青色を用いた、海との相性におけるカモフラージュを目的とした迷彩塗装で、日本ではF-2やUH-60J、US-2で、濃い青色を使用した塗装をしています。 従来の迷彩は、グレー、濃緑等を主としたものでしたが、洋上におけるカモフラージュのために上述のようなものが施されています。 迷彩塗装は、敵機や敵監視に対しての視認性を落とす目的で行われ、想定される戦闘空域や周辺環境により、適したものに変更されます。