ここから本文です

映画「火垂るの墓」の西宮の(叔母)おばさんについて

pes********さん

2013/11/2501:22:03

映画「火垂るの墓」の西宮の(叔母)おばさんについて

清太と節子は実母を神戸空襲で亡くし、実父(海軍将校/重巡洋艦 摩耶)は戦地で音信不通という状況下で、この両方の子を面倒を見ていた叔母でしたが、折り合い悪く最終的に追い出したような形になってしまいました。
小さい頃から何度となくテレビ放送されてきた映画なので、その度に ひどい叔母さんだと(文句なしに)思っていましたが、最近私も中年になり(私は男性ですが)、この叔母(側)の気持ちもとてもよく理解できるようになり、むしろ清太側にも大いに非があったのではないかと思うようになりました。一方、清太はまだ中学生で、他人(大人)の気持ちや微妙な心情を読み取れる程、人生経験が豊富なわけでもなく、成熟してはいないのも事実あると思います。なので、叔母自身も叔母側の正直な気持ちをもっと言葉で分かりやすく説明する責任はあったと思いますが。。。。
しかし、苦しい状況下で実際に以下のようなことをされたら、逆上せず平静でいられないかったのは仕方ないことですよね??
①清太、節子は、故人(母)の着物を米に変えて得たその米を半々にし、半分を我が物とした。このとき叔母さんに気をつかって「おばさん、こちらの半分もおばさんの判断で自由に使ってください」とでも言って一任(わたして)しておくべきではなかったのか。
②清太は居候の身であり、且つさんざん今まで飯自宅をしてもらっておきながら、いざ自分の確保分の米の無心をされたら「飯は別々にしよう」とつっぱねて米の引渡しを実質的に拒否った。
③ ②につながるが、七輪まで買ってきて叔母の家の庭先で本当に自炊までしはじめた。しかも当時不足していたような立派な七輪を購入できるような預金(へそくり)まであったのに、今まで叔母に一切わたしてこなかった。でも自分たちのためだけには使った。(実際に叔母も「あたしへのあてつけか」と漏らした)
④海軍将校の子として過去にさんざん良い思いをしてきた。まわりを下に見る雰囲気、習慣、贅沢がいまいち抜けていなかった。(家事などを手伝わないとか、賛否はあるがとなり組みの消火活動に積極的に加わらないとか。も含めて)
⑤家全体、国全体が食料事情が最悪でイライラしているときなのに、いまいち、そこを理解して協力的な気持ち、行動をとっていない
など、工場空襲などいつぞやの勤労動員学生も育ててる身の叔母だって、清太、節子をいつまでも客人扱いできないのは当然だったのでは?

補足話の設定ですが,ここはとてもわかりにくいのですが,甥姪は叔母にとって義理の甥姪みたいです.つまり叔母は清太,節子の父の兄または弟の嫁のようです.momoerodayoさんが言うように,戦争も終わり(先)が見えない というのもまた一考ですね.

この質問は、女性に回答をリクエストしました。

閲覧数:
278,498
回答数:
9
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

har********さん

2013/11/2502:25:03

本当にすごく考えさせられる映画ですよね。しかも観る年齢によって考え方が何度も変わりますよね。
私も大人になって久しぶりに観て叔母さんへの気持ちが変わりました。
ただひたすら、清太と節子がかわいそうと思っていたのが叔母にも同情するようになりました。
ただ、米は母の形見を米に替えた心情を汲み取って叔母が渡したもので 清太は米を貰って素直に嬉しいと感じる純粋な子ども心だったんじゃないかなと思います。
そこには世間知らずで今まで苦労することなく育ってきてしまった故の純粋さで それがいかに貴重であるのか、どれほどの苦労の上に食べる事ができるのかがわからないという背景があるのは私も感じました。②に関しては、叔母から言い出したことです。清太は自分達が汁しか貰えないことに文句を言ってしまい叔母の怒りを買ったのです。そのために清太はじゃあそうします、となりました。
そこには叔母が母親を無くしたばかりの子に優しさや気遣いのない物言いや迷惑だと感じていることを隠さない事に大きな原因があると思います。例えば最初に渡した食材にも嫌味を言い、母が死んだ事も悲しんだり、清太達に慰めの言葉をかけることもなく、自分達の心配(孤児を預かってしまった、この先どうするか)を堂々と態度に出し、何かと小言を言う叔母が清太には煩わしたかったのでしょう。
清太は男尊女卑の時代、そして良家であったから手伝いができなかったとも思えますし、母を亡くしても泣くこともできず妹には心配させたくないから妹には明るく心配ごとなどないように振る舞うが自分自身は生きる意欲をなくしていたとも思えます。
清太はまだ中学生で親も家もなくし、大量の死体と焼け野はらを見て幼い妹を抱え 誰にも自分の気持ちを話せず甘えることも許されなかったのです。中学生といえば友達から言われた何気ない一言で死にたくなるくらい傷つき悩む年頃です。そんな多感な時に気丈に振る舞うだけでも立派だったと思います。
節子が疲れたと泣いたりわがままを言っても決して叱らずにあやして面倒を見てやる姿に心を打たれました。母親でもあんなふうに接するのは難しいと思います。
家を出たあと、生活に困っても戻らなかったのは節子に母は死んだと無情にも告げた叔母が許せなかったのかもしれませんね。

叔母にしてみれば、さほど親しい付き合いもなかった親戚から世間知らずの坊っちゃんを託された。数日預かるだけならまだしも、何もかもなくした子供を面倒見なくてはならなくなりオマケに可愛げがない。
何を言っても反応がなく、そのくせ食べるのは一人前で本当にお荷物だったんでしょうね。
もう少し、叔母がこの子達には罪はないんだ、そういう環境で育ってきたんだし 恨むなら預かると約束してしまったことを恨まなきゃ!と思い 子ども達に歩み寄る努力ができれば良かったと思います。元々の性格もあったと思いますが、自分達の生活すら明日はどうなるかと毎日が心配のなか、とても子ども二人も見る余裕などなかったため優しくできなかったんでしょうね。

叔母はその後の人生をずっと後悔したり、仕方がなかったんだと自分自身を説得しながら生きていったのではないかなと思います。

どちらに非があるとは決められないのではないでしょうか?それぞれがそれぞれに抱えるものがあり、本当に必死だったんだと思います。

質問した人からのコメント

2013/11/27 13:55:24

感謝 みなさん多くのコメントありがとうございました。どなたの意見も的を射ていると思います。戦争の悲惨なところ、恐ろしいところは、生命、物的に損失損害があることよりむしろ、普通のやさしい心、親子のような豊かな感情を持ち合わせた人間を、人を人と思わない鬼のような無情な心に豹変させてしまうことなのでしょうね。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

cas********さん

2013/11/2614:17:34

①~⑤迄全て、清太が節子を心配し思いやり決めた行動です。全てが幼い妹に対する優しさに貫かれたが故の行動です。

質問者さんは4才の子供を1人で育てた事がありますか?
しかも母親を亡くしたばかりの4才の子供を。
きっとないからこの様な質問が出来るのだと思います。

①と②は、節子に確実に白い御飯を食べさせたかったが故の行動。
そして少なくともほたるの墓の作者は、叔母と清太のどちらが悪いか?をジャッジさせる為にあの作品をつくったのではない事が確かである事は明白。

③預金がある程度沢山ある事を知ったのは『叔母家族とは食事を別にする』と決めた後。

④4才児を抱えての家事は実際母親でも楽ではない事なのに、14才の少年にそれを期待するのはハードルが高過ぎます。
隣り組の消火活動に参加するには節子を叔母に預ければならない。
しかし、ただでさえ母親と片時も離れたくない年齢の妹をあの叔母に預けるなんて事は『少年』には出来なかった。
しかも節子は母親を亡くしたばかり。
叔母に預ければ、その時間は節子にとり辛く寂しい時間になる事は明白。
長い目で見てあの家にいられる様に幼い妹に我慢を強いて、日々の行動を決める事など、
あの時代(現代よりも圧倒的に情報量が低かったであろう)の少年がそんな大人な判断が出来たならむしろ不自然。

⑤あの映像が事実だと仮定して。
自分の子供達にはあの様に「大きな3個のお握り」を弁当に持たせていたなら、最悪の食料事情を理解していないのは叔母の方。
青年期男子ならあの量は妥当でしょうが、女子ならあの大きさのお握りなら、2個でお腹パンパンになります。大食いでない限り。

その傍ら、身体を形成する大事な時期の年齢である清太と節子には汁気ばかりの雑炊?しか与えないのはあからさまな嫌がらせ…。
客人云々以前に使用人以下の扱いです。

nar********さん

2013/11/2601:49:12

清太くん、可愛いげがないですよね。しかも行動力もあるし。
清太がもっと気が弱くメソメソしたタイプだったら、二人ともあんな死に方はしなかったろうにな、とは思います。農家のおっちゃんの、「おばさんに謝って家に置いてもらい。」のアドバイスを素直に聞けていたら・・!
ただ、性格はだいぶ卑屈になったたろうけど。

私も叔母さんと同世代になって、気持ちは理解できるのですが、でもやっぱり、大人としては子供に手を差し延べる側の立場でいたいので、共感はできません。

永遠の反面教師にしたいと思ってます。

kaz********さん

2013/11/2513:48:24

どうしても家族が最優先になるのは、現実に仕方ないですよね。叔母から見れば旦那と子供。清太から見れば節子。
後の人への思いはあの時代厳しいでしょう。赤ちゃん泣くから殺せと平気で殺そうとして平気な時代でしたから。
誰が悪い、ではなく戦争が悪いの一言。
皆が最も守りたい者の為に皆で必死に生きた結果。
清太は節子がいたからあそこまでがむしゃらに生きてこれたんだし、いなくなってから亡くなるまでの期間が短かったのを見て、どんな時でも大事な存在は不可欠なのを実感しましたね。
年が離れてるとは言え節子に対しての対応は凄いなーと。娘達は絶対食料の取り合いなどで喧嘩が絶えないだろうに(´д`|||)

mom********さん

編集あり2013/11/2513:34:38

補足拝見しました。
叔母も必死だったのだろうと思いますね。
その母親としての必死さが、中学生の清太には、厳しくまたは醜く映ってしまったのでしょうか。
やはりまだ幼いです。
自分の娘や息子を見ていても、他人の辛さを思いやる・・・・と言うことはとても難しいです。

戦時下の状況を体験していない自分の感想にしかなりませんが。

独身の時見たときには、なんてひどい叔母さんなんでしょう・・・・と思いました。

ですが自分が結婚して、子供が出来てから見たときは・・・正直感想も変わりました。

いつ終わるか知れない戦争。
状況は目に見えて日々悪化していく一方。
食料の配給もいつ無くなるか知れない。

そんな状況の中で、自分の子供たちにも満足な食事を与えられない・・・・。

自分だったら、訳隔てなく甥や姪にも接することが出来るだろうか・・・・。
身につまされて、とても辛い映画ですね。
中学生の娘が、とても真剣に見ていました。どんな風に感じたのだろう???

そういうことを考えさせられる事が、大事なのでしょう。

smi********さん

2013/11/2508:36:08

4歳児に対して冷たすぎる…100歩譲って清太にはきつく当たっても仕方ないかも知れないけど、せっちゃんにはなんの責任も落
ち度も無いですよ(--;)たった4歳でお母さん亡くしてお父さんにも会えず生活環境も全く違う親戚に預け入れされて…そりゃワガママするしグズグズするだろうと。なのに、嫌みしか言わない叔母さん…そりゃ兄もイラッとするだろう。
もしかしたら、清太は1人だったら叔母さんにも協力的だったのでは?と思います。節子が居て節子を守らないとって感情が違う方向に向かってしまったのかな?と。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる