四面楚歌の意味を教えてください。 明日テストです。 故事成語で現在の意味と、本来の意味が違うらしいのですが、調べてもよくわからなくて……

四面楚歌の意味を教えてください。 明日テストです。 故事成語で現在の意味と、本来の意味が違うらしいのですが、調べてもよくわからなくて……

日本語3,058閲覧

ベストアンサー

0

【「四面楚歌」の意味】 【現代の意味】 周囲には、味方が居なく、敵や反対者ばかりで、まったく孤立している状態をいう。 【故事】 中国の春秋時代の故事。楚の項羽が、垓下(がいか)という所で漢の高祖の軍に囲まれた時に、四方の漢の軍の中より楚の国の歌が聞こえてきた。それは、高祖が漢の兵士達に歌わせて、項羽をあざむいていたのだが、項羽は楚の人達が既にほとんど漢に降伏してしまい、その人達が歌っているものと思い込み、自分は孤立状態になっていると嘆いたということである。 ※故事には、項羽の勘違いだったというオチがあるが、現代において使用されている意味や使用のされ方は、オチをカットし、〔四方が敵=孤立〕というキーワードだけがクローズアップされた形になっているのである。

その他の回答(2件)

0

直訳は「四方から楚(国)の歌(が聞こえる)」です。 これは中国故事の楚の項羽と漢の劉邦の戦いの中のエピソードです。 項羽は敵陣深く攻め込んだが逆に包囲されてしまう。 劉邦もこれ以上の犠牲を出したくないので一計を案じ、夜になって自軍の兵士に楚の歌を歌わせた。 項羽は四方から聞こえてくる自国の歌を聞き、自軍の兵士はすべて降伏したと思って反撃する意欲を失った。 この故事から、完全に味方がいなくなって孤立した状態を、「四面楚歌」と言います。

0

四面楚歌 意味 周囲がすべて敵や反対者で、まったく孤立して、助けや味方がいないこと。また、そのさま。孤立無援。 元々は上記のように孤立した状態を示しますが 最近では敵を周りに囲まれた様から危機的状態であるときに使うことがある気がします。