confidentとconvinceという単語がいつも意味が重なり混乱します。何回も書いたり唱えたりして憶えろよ、というのは百も承知ですが、なかなかしっかり定置しないです。 語源やらで何かいい覚

confidentとconvinceという単語がいつも意味が重なり混乱します。何回も書いたり唱えたりして憶えろよ、というのは百も承知ですが、なかなかしっかり定置しないです。 語源やらで何かいい覚 え方はないでしょうか?

英語6,596閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

ベストアンサー

7

★確かに、語源で覚えるのは有効ですが、その単語だけに集中してしまうと、語源の示すアプローチの仕方そのものを忘れてしまったりします(経験者は語るです)。 ☆そこで、自分にとって混乱し易い単語は、「どちらか一方を攻める」という手があります。一方が決まってしまえば、他方は自ずと明確になります。 ★では、どちらから攻めたらよいか、自分の場合はconvinceがいいかなと。これを攻めてみます。 1 辞書でconvinceを開く。(手元のロングマン英和を引いてみます。 2 convinceだけを見るのではなく、前後の単語を追います(面倒なようでも、これが大事です)。なぜかというと、前後の単語というのは語源的に繋がっていることが多いからです。(赤字で示してある重要語を中心に追います) 3 まずcon/vi/ct. (*アクセント部分を/ /で囲んで見ます。動詞です)【(人に)有罪宣告する】・・ここですかさずダジャレを思いつく⇒’有罪判決(=conviction)がでやしないかとビクビク(vic.vic)する、と。*ここで、vict-ってどういう意味だろうと疑問をもつことが大事。 4 con/vin/ce 【(人に)~であることを納得させる、説得する】*辞書ではpersu/a/deと同意と出てきます。また、ここでもvinceってどういう意味だろうと疑問をもちます。辞書上でつながる単語はvic-,もvin-も語源的に繋がるかもという意識を絶えずもちましょう。 5 convinced 【確信した、納得した】*ここで、アレ?confidentにも似たような意味があったような・・と思いいたれば「勝利・征服」は近いですよ。 6 できれば、簡単な語源(語根)の意味が書いてある辞書(参考書)が欲しい。 ①convictの-victは、victoryのvictだ、と出てくるのですが・・(質問者の辞書には載ってないでしょうか?) では、-vict(勝利)がなぜ有罪判決につながるのだろうか、と考え続けましょう。後日、調べてみるために。 *⇒victは原告の勝利、うらをかえせば「被告の有罪判決」です。 ②convinceの-vinceは、実はconvictの-victと語源的にはイコールです。どうして意味の違いがでるのだろうか? *⇒つまり、例えば、裁判なら原告被告でいいですが、単に議論の場面を考えてください。victory=persuade説得に成功する=納得させる,ということではないでしょうか? 以上、バカバカしいようですが、こんな風にやっているうちに、convinceという単語の存在(意味まではわからずとも)が確実に頭に入るのです。こうなればしめたものです。convict,conviction,convince,convinced,convincing..などなどと口ずさめるようになれば、意味は自ずと定着(後から付いてきます)します。一方を固めれば、残るはconfidentですね。 ☆受験生であれば、いつもこんな風に悠長にはやれないでしょうが、紛らわしい単語、覚えにくい単語は必ずあるものです。そのような時は、こうした回り道をお勧めします。 ※ついでにconfidentについて。歌手にHi-Fi Setいませんでしたか?これはHigh-Fidelityですが、このfid-とconfidentのfid-は同じです。辞書、confide(秘密を打ち明ける)、confidence(信頼・自信)、confident(自信のある、確信した)、confidential(内密の)...などなどと見ると、何かつながりませんか?

7人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

なるほど、かなり参考になりました。そして覚えられた気がします(笑)どうしても覚えられない単語はやってみます。ありがとうございました。

お礼日時:2013/12/5 2:25

その他の回答(1件)

1

Convince、「Con (完全に) + vince (征服する) = 説き伏せる」 で、 Invincible、「In(not) + vince (征服する) + able (できる) = 征服できない、無敵の」と、併用すると覚えやすいかと。 「Con(完全に) + fide (信頼する) + ent (状態・性質で ある)」で、「Bona (よい) + fide (信頼する) = 真実の、誠実な」と、併用しても少し覚えにくいですね。

1人がナイス!しています