ここから本文です

不動産の抵当権について

rou********さん

2013/12/1210:31:46

不動産の抵当権について

父の土地に1億円の根抵当権が設定されています。アパートを建てる為に設定されたものです。約6000万円でアパートを建てました。父の年齢が60歳を越えていたので兄も保証人になっています。常に入居者が居る状態なので現在借入残高が約2700万円になっています。同じ土地の中にアパートと少し離れて会社の建物があります。分筆をしておらず、1つの土地の中に2つの不動産がある状態で根抵当権が設定されています。土地、建物は個人名義です。父が高齢になってきたため、相続などの事もあり会社は次男、アパートは引き続き長男が相続することになっています。

教えて頂きたいのは、この土地を今、父の名義のまま分筆することは出来るでしょうか?出来る場合、どのような方法で進めればいいのでしょうか?


また、根抵当権の設定額が大きいと思っています。今後借り入れを起こす予定もありません。
この際、分筆した場合にアパートと会社と土地を分けることが出来た場合はアパートの方に新たに根抵当権を設定して会社側は根抵当権無しという状態は可能でしょうか?法律的にも問題がないかも教えてください。
長男には自宅等無担保の状態の土地建物も相続されることになっているので次男にも抵当権のないきれいなままで相続できるようにと父は考えているようです。

また、このような手続き相談等はどこですればいいのかご教授頂けると助かります。
長文になりましたがよろしくお願いします。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
247
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

ku_********さん

リクエストマッチ

2013/12/1211:04:03

分筆は可能です。土地家屋調査士に依頼してください。
しかし分割しても根抵当権は分割後も両方に有効です。根抵当権を変更(再設定)する事は可能だとは思いますが、借入先の承認が必要になります。借入先に相談してください。

質問した人からのコメント

2013/12/16 15:03:44

感謝 ありがとうございました。相続の事もあり弁護士に相談することになりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ech********さん

2013/12/1217:13:32

もう回答は出揃っています。銀行との相談が必要です。し、相談すればこれらの疑問も希望通りになるかは別として、解決するでしょう。
・・・分筆登記など表題部に関する登記は権利(甲区・乙区)の登記に影響を与えません。
自分のものをふたつにしようが両方自分のものです。片方が自分のものではなくなるというものではないので。

現実的に、根抵当権・抵当権など乙区に権利の登記がされている不動産は、分筆登記などの表題部に関する登記をしただけでは意味は成しえません。(その後のことがあるから分筆をするのでしょうが)その後のことは権利の登記をしている者がどうするかと言うことになります。・・・・この場合だと銀行。

→分筆された後(一つの)不動産についてどうしましょうかということ希望通りになるか否かはわかりません。

sin********さん

2013/12/1211:05:23

全て抵当権を設定している金融機関に相談して下さい。

土地の形状や広さも解らずに分筆が可能かどうかを答えるのは難しいですし、2700万円の担保価値がそのアパートに有るかどうかもココで答えるのは無理です。

測量図を持ってお父さんと一緒に銀行に行きましょう。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる