ここから本文です

JTが発売した無煙タバコ(Ploom)と、電子タバコの違いを教えて下さい。宜しくお願...

ber********さん

2013/12/1212:08:22

JTが発売した無煙タバコ(Ploom)と、電子タバコの違いを教えて下さい。宜しくお願いします。

閲覧数:
17,258
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ymi********さん

2013/12/1217:43:17

「電子タバコ」というのは、香料入りの液体を電熱で湯気にして楽しむ機器ですが、その「香料入り液体」に精製されたニコチンが添加されていようが、煙草の葉っぱは使われていませんので、煙草製品ではありません。従って、電子タバコは日本の煙草関連法制の対象とはならず、もちろん煙草税はかかりません。ただし、精製されたニコチンは日本の薬事法の制約を受けますので、「ニコチン入り電子タバコ」は薬事法上の規制によって、日本での販売が認められていません。

一方、今回JTが発売する「プルーム」は、喫煙具の範疇で言えば、「電熱式ベポライザー」と呼ばれる機器で、本物の煙草の葉っぱを電熱で加熱し、その葉っぱから気化して出てくる葉の成分を味わうという正真正銘の喫煙具です。これは「電子タバコ」とは全く異なる器具です。

「プルーム」では、カートリッジ(「ポッド」)に入れられた粉末状の煙草の葉っぱを電気によって加熱します。煙草の葉っぱに火を点けずに、加熱するだけという方式は、中東で広く普及している水煙草(シーシャ)と同じです。シーシャでは、煙草の葉っぱに火は点けず、炭火によって煙草の葉っぱを加熱し、そこから気化して出てくる葉の成分を味わいます。ですから「プルーム」は、「水のない水パイプ」という感じの喫煙具だとも言えます。

尚、「プルーム」を「無煙たばこ」と表現したのは、報道記者の誤解です。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD280QY_Y3A121C1TJ2000/
実際、JTの報道発表文では「無煙」という言葉は全く使われておりません。
http://www.jti.co.jp/investors/press_releases/2013/1128_01.html
実際の使用状況に於いても、口から湯気のような物が出ますので、完全な「無煙」とまではいきません。
(先行して販売されている海外の映像)
http://www.youtube.com/watch?v=wymK0IoZZtI

このように、JTの「プルーム」は火の代わりに電熱を使って本物の煙草の葉っぱを楽しむ「電熱式ベポライザー」という正真正銘の喫煙具であって、煙草製品ではない「電子タバコ」とは全く別分野の商品となります。

質問した人からのコメント

2013/12/12 18:41:58

降参 ありがとうございました。

「電子タバコ JT」の検索結果

検索結果をもっと見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる