ここから本文です

退職後、旦那の扶養家族に入れますか?

kuroshirotwotanさん

2007/6/609:46:54

退職後、旦那の扶養家族に入れますか?

5月末日で退職しました。現在妊娠7ヶ月です。
退職後、旦那の扶養家族に入りたいのですが条件が合わない場合はどうなるんでしょうか?
知識が乏しい為どなたか詳しい方教えて下さい。

5月末日退職で、源泉徴収票をもらいました。支払い金額1,404,783円、源泉徴収額29,160円、
社会保険料等の金額158,589円と記載してあります。
退職時に社長から、今年は自分で確定申告すれば税金は戻ってくると言われたのでするつもりです。

失業保険は妊娠・出産による退職の為、受給延長の手続きをするつもりです。
この様な場合、健康保険・厚生年金の扶養に入れますか?

旦那の会社には妻が退職したので扶養家族にしたい旨を伝えて、年末調整のときに書く緑色の用紙をもらいました。配偶者控除欄に氏名・住所・19年の収入見込み(140万)と記入しました。

こんな感じなんですけど、他にも手続きしないといけないことや扶養家族に該当しない場合の対処方法などありましたら教えて下さい。
よろしくお願いします。

閲覧数:
48,306
回答数:
5
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2007/6/611:34:12

扶養に関する制度は、税制上の扶養親族(控除対象配偶者)と、健康保険上の被扶養者の2種類あり、
これらは全く別の制度ですので分けて考えなければなりません。

まず夫の健康保険上の被扶養者となるための要件は、「あなたの年収が130万円未満」かつ「夫の年収の1/2以下」となりますが、
この「年収」とは、過去の収入や暦年(1月~12月)の収入ではなく、
「夫があなたを被扶養者とした時点から向こう1年間の継続的収入の見込額」を指し、
あなたが退職して無職(無収入)となる場合は問題ありません。

夫の健康保険の被扶養者となると、あなたの年金は「国民年金第3号被保険者」となり、
国民年金保険料の支払を免除されます。
(あなたが厚生年金に加入できるわけではありません)

ただし雇用保険の失業等給付基本手当を受給する場合は、これは「継続的収入」とされますので、
基本手当の日額が 130万円÷360日=3,611円 を超える場合は被扶養者とはなれません。
(雇用保険では、1ヶ月を30日=1年を360日として計算します)

受給の延長手続きをされた場合は、延長されている間は被扶養者となれますが、
受給が開始されれば被扶養者から抜けなければなりません。
また受給期間が終了すれば、再び被扶養者となることができます。

被扶養者となれない期間については、国民健康保険に加入し、国民年金も第1号被保険者となって、
国民健康保険料および国民年金保険料を支払わなければなりません。

ただし健康保険には政府管掌のものの他に企業等で作る健康保険組合等のものもあり、
被扶養者の認定基準については各組合が独自に定めてよいことになっています。
多くの組合では政府管掌健康保険と同等の基準となっていますが、中にはより厳しい基準を設けている組合等もありますので、
この場合は各組合に確認してください。

税制上の控除対象配偶者については、「あなたの合計年間所得が38万円以下」でなければなりません。
(収入が給与のみの場合は、年間の総支給額の合計が103万円以下)

「所得」とは「収入」から必要経費を差し引いた額を指し、
収入が給与の場合は必要経費相当分として「給与所得控除」を差し引いた額となります。

あなたの収入が1,404,783円の場合、給与所得控除を差し引いた所得額は754,783円となりますので、
平成19年については、あなたは夫の控除対象配偶者とはなれません。
したがって「平成19年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」には、あなたの氏名は記入できません。

ちなみにこの用紙に記載するあなたの収入額欄は「平成19年中の所得の見積額」であり、「収入額」ではありません。
もし仮に書く場合は、上記754,783円があなたの所得の見積額です。

平成19年分についてはあなたは夫の控除対象配偶者とはなれませんが、夫は「配偶者特別控除」を受けることはできます。
あなたの所得が75万円以上76万円未満の場合の控除額は3万円となりますが、
これは年末調整時に配られる「平成19年分 給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書」
の右側の欄に記載してください。

またあなた自身の税金は、所得税10,800円、住民税28,000円となります。
来年確定申告をすることにより、源泉徴収税額29,160円-10,800円=18,360円 が還付されます。
(生命保険料控除や医療費控除等、控除額がない場合)

また住民税については、来年の6月から普通徴収で支払うことになりますので、
通常5月頃までには納付書が自宅に送られてきます。

※健康保険については、退職前のあなたの健康保険を任意継続することもできますが、
夫の被扶養者となれると思いますので、その方がお得です。

※※この回答は、すべて退職後のあなたに一切の収入がないものとしています。
もし他に収入がある場合は異なります。

質問した人からのコメント

2007/6/7 08:34:20

降参 とても詳しくご説明頂きまして本当にありがとうございました。
扶養のしくみが良くわかりました!!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2007/6/613:22:02

そもそも、「扶養家族」という制度はないのです。
税金の「控除対象配偶者」、健康保険の「被扶養者」、国民年金の「第3号被保険者」という別々の制度をごっちゃにした俗称ですので。

※勘違いしている人が多いですが、「厚生年金に加入している夫に扶養されている妻」は、国民年金にしか加入しません。


〉配偶者控除欄に氏名・住所・19年の収入見込み(140万)と記入しました。
配偶者控除の対象にならないから意味がないですが。
「控除対象配偶者」になるには、給与収入が103万円以下でないと。

その金額だと、ぎりぎりご主人に「配偶者特別控除」3万円が適用されますが。
※これは、年末調整のときに申告書を渡されるはず。

〉この様な場合、健康保険・厚生年金の扶養に入れますか?
ご主人の健康保険が政府管掌健保(保険証に「○○社会保険事務局」と書いてある)なら、雇用保険の手当を受けないのですから「被扶養者・第3号被保険者」になれるでしょう。

組合管掌健保(保険証に「○○健康保険組合」と書いてある)なら、組合の基準によります。
被扶養者になれなくても、第3号被保険者にはなれるはずなので、そちらは手続きを。

jinjikanribuさん

2007/6/611:00:32

>失業保険は妊娠・出産による退職の為、受給延長の手続きをするつもりです。この様な場合、健康保険・厚生年金の扶養に入れますか?

ご質問の主旨は上記についてかと存じます。
健康保険の扶養を「被扶養者」といい、厚生年金保険の被保険者であるご主人の配偶者(奥様)を「国民年金第3号被保険者」といいます。雇用保険の失業給付金受給を延長手続している期間については「被扶養者」および「国民年金第3号被保険者」となることができます。ご主人の勤務先を通じて手続を行ってください。

mimu751さん

2007/6/610:52:54

失業保険を延長するのなら、受給する前までは扶養に入れてもらえます。
配偶者の収入の欄には今後1年の収入見込みを書くので、1年後までに失業保険を受給しないなら「0円」と書いて出せばいいです。
受給するときは、失業保険の日額を確認して、金額がオーバーしていたらご主人の会社に言って扶養をはずす手続きをしてもらってください。
受給期間だけ国保に入ります。
受給が終わればまた同じように「0円」で出して扶養に入れてもらえます。

それと厚生年金の扶養には入れません。
国保のみになり、支払いが免除となるだけです(つまり2階建て部分の年金は受け取れない)。

2007/6/609:51:12

旦那さんの職場の会計、事務担当がやってくれるのではありませんか?必要な書類等もその担当の指示で用意すれば良くないでしょうか。普通は素人では何を、どのようにやるのか分からないのが当たり前ですよ。給与担当者が分からなければ、その人が勉強するべきです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。