ここから本文です

不動産を購入したら、登記簿の住所は旧住所ですか? それとも新住所でしょうか? ...

yuk********さん

2013/12/1813:05:21

不動産を購入したら、登記簿の住所は旧住所ですか?
それとも新住所でしょうか?

新住所にする場合、住民票を登記前に移動させないといけないとおもいますが
違法なんでしょうか?

お願いします。

閲覧数:
12,160
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hen********さん

編集あり2013/12/2521:43:38

引越しをしていない場合は、公正証書原本不実記載等罪です。

他の回答者の方のレスも拝見した上で、かなり勘違いをなさっていますね。
ぶっちゃけ、所有権移転登記をする時期は、一体いつなのかをお考えになるとスッキリしますよ。

横浜リーガルハート司法書士事務所(参照)
http://touki-baibai.com/index.php?%E4%B8%8D%E5%8B%95%E7%94%A3%E5%A3...

上記リンクの「住所についての市区町村役場の見解」と「 不動産売買の所有権移転登記申請とのタイムラグ 」をお読みください。
一部の売買において、公正証書原本不実記載等罪になることを承知で買主を教唆する者もいるとは思います。
しかし、ほとんどのケースでは、売買契約や金消契約の締結の流れを鑑み、売主や買主、不動産業者、司法書士がスケジュールを調整して動くだけのことです。

若干補足すると、民法上では売買契約の締結時に所有権が移動します。
また、ほとんどの方が借り入れをされますが、この借り入れである金消契約の締結が停止条件となりますよね。
つまり、これが確定する以前に住所を異動するなどとんでもないことで、危険極まりないということを意味します。
万が一、金消契約が締結できなかった場合、契約が白紙に戻りますが、住民票を異動していた場合、役所になんて言うのかって話ですよ。
転出届は予定なので急遽取りやめたで済みますけど、転入届をした後では確実に役所から告発されますよ。
それしか、住基台帳の訂正の方法がないんですから。

不動産登記は、権利関係などを公示する制度に過ぎません。
法律行為そのものは、不動産各種の契約によりその効果を生じます。
マイホームを探していた方が、よさそうな物件を見つけて契約をする時、そのマイホームに住所があったら変だとは思いませんか?
停止条件である金消契約を締結するまでに、購入物件の引渡しを受けていたとしたら、妙ではありませんか?
そして、登記は法律行為の事後に行われるものであって、その契約締結時に行われるものではないとご理解ください。
契約締結後であっても、住所のつながりの分かる住民票があれば、いくらでも新住所で登記可能です。

【追記】
ku_teidanさんへ
正直、ku_teidanさんに限らず他の質問を含め、犯罪を助長する回答をする方がいることを苦々しく思っています。
責任を負わない知恵袋での質問に対しては、一般論で正攻法で順法の回答をすれば足りるはずです。
違法行為を推奨する訳ではありませんが、もし勧めるのであれば、担当する営業マン自身が全ての事情を考慮して、全責任を負う覚悟でやればよいのです。
現在では、法務局や自治体がこのことを広く知る事態になっていることをご存知ですか?
自治体によっては、住民票の異動に際して証明を要求するところもあるぐらいですよ。
マイホームの訴訟軒数が増加していますからね。
住民票の違法な異動推奨は、悪徳業者の目安とさえ言われ始めています。
だって、真摯に相手のことを考えて予定を組んであげれば、そもそも違法な住民票の異動など必要ないですからね。
ku_teidanさんは、知恵袋で毎日のように活躍されていらっしゃいます。
そんな方だからこそ、順法に即さない回答はしていただきたくないですね。
今は、少し前と事情が異なり、自治体も積極的に告発する時代です。
「転出すればいい」発言は、失礼ながら「笑止」。自治体の対応を知らなすぎます。
金消契約についても、順法に即した法律の遡及効について語ったつもりですし、現にトラブルになっている案件をご存じないのでしょうか?
万引きしても、見つからなければよい的発想は、あなたがプロであればいかがなものでしょう?

誤解が無いように・・・「実務上は新住所がほとんど」発言は明らかな「間違い」。
新住所で登記する場合は、登記をするまでに新住所に異動すればよいだけで、契約時までに新住所に移しておくメリットなど全く皆無。
例えば、賃貸物件を借りる時に、これから借りるところに住所を移してから契約する人が一人もいないことと同じ。
住民票の不正な異動は、不動産登記や自治体が厳しくなった影響で、バブル時と比べて8割の改善が見られると司法書士会も発表している。
仮に、不正な住民票の異動がやむを得ないのだとしたら、法律で特例を規程すれば済むはずだが、そのような動きは全くないことからもその証明ができます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

ku_********さん

編集あり2013/12/2518:51:17

zippo2000さん が大変分かり易い回答をしてるので、、

余談です。
旧住所でも登記できますが、その際は住宅用家屋証明(専住証明)がないと、登録免許税が減税されません。また、その後、登記された旧住所を新住所に変える手間と費用が掛かります。
新住所で手続きした方が一度ですみ簡単です。

また、基本的に役所の人も分かっているので、突っ込んで確認する人は居ませんが、うっかり「引越前なんですけど、不動産屋に住民票を移す様に言われたんですけど・・・」なんて言ってしまうと、聞いてしまった以上は役所も異動を認める事は出来ないので、旧住所で手続きする事になる場合もあります。

・・暇なので追記・・
hennex_outさん の回答は正しいです。しかし実務上は新住所がほとんど、役所も司法書士も業者も分かった上で、手続きしてますので、まずトラブルになる事はありません。
(最初の回答にも書きましたが、役所は目的を推測できたとしても、本人の口から聞かなければ、追及しません。聞いてしまったら異動自体認めないので旧住所で手続きするだけです。)

一般的には、金消が締結できなかった場合、契約は白紙にはなりません。その際は契約を解除して違約金です。白紙解約になるのは、融資の承認が下りなかった場合です。そうでなければ、買主が急に購入をやめたいと思った時に、故意に問題をお越し金消契約を締結出来ない様にすれば、無償で解約出来てしまう事になります。それでは売主に不利になってしまいます。本審査で承認が下りていれば、まず金消契約は締結されます。

また、転入後に契約を解除した場合も、転出すればいいだけなので、告発される事もありません。

zip********さん

2013/12/1813:24:17

登記手続きをする為に引渡のときに司法書士に依頼をするのですが、登記する住所はその時渡す住民票の住所になります。
新住所にする場合、おっしゃる通り登記前に住民票の異動をさせる事になりますが、実務上なんら問題ありません。
ただ、住民票の異動は本来のルールでは引越「後」に行う建前になっているので、そのまんまを役所の人に言うと「いや、引っ越してからきてくれ」と言われます。なので役所に行ったその日に引っ越しましたといって異動をします。

悪い様に聞こえるかもしれませんが、おそらくマイホームを買う人のほぼ全ての人がやってる事だと思います。
住宅ローンを利用されますか?その場合は住民票の異動はもっと早いです。引渡の何日か前に銀行でローンを借りる契約「金銭消費貸借契約」を結びますが、それまでに異動をして新しい住所で契約するのがもう完全な慣例です。

銀行・登記・役所の実務上のルールと利便性と建前とがごちゃになってるからこんなことになってしまいます。
厳密に違法かどうかは知りませんが、家を買う人が全員やっている事ですし、銀行からも司法書士からもそう指示されますので、そういうもんなんだと思って新住所に異動されれば良いと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる