結婚VS独身 どっちがトクだと思いますか? 男性女性、既婚未婚を問わず、みなさんにお聞きします! 既婚と独身、あえて天秤(てんびん)にかけるとすれば、 あなたはどっちがトクだと思いますか?

補足

※こちらはYahoo! JAPAN週刊特集スタッフからの質問です。 Yahoo! JAPAN週刊特集Vol.15 「2007年 男の新常識 結婚VS独身 どっちがトクか?」は、 http://weekly.yahoo.co.jp/15/ でご覧いただけます。

恋愛相談、人間関係の悩み254,982閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

2人が共感しています

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

ThanksImg質問者からのお礼コメント

たくさんのご回答、どうも有難うございました! どのご意見も、考えさせられる内容のものばかりで、大変参考になりました。

お礼日時:2007/6/13 18:43

その他の回答(1104件)

33歳独身です。 たぶん結婚はしません。 好きな人といっしょにいられる生活が欲しいなら籍を入れる必要はないのでは? 配偶者やこどもと一緒にいることで成長すると云うけれど、彼らが自分に裏切る行動をとることで失望する可能性が100%全くないと云えますか? 私事ですが、当方子供が産めない身体です。 そのような身体になってみると、子供が産めないなんてお気の毒、と云わんばかりの視線ってきついんですよ。 わたしは日々頑張って生活していますよ。 努力を帳消しにするような評価を既婚者の方から受ける度に 「この人たちは家庭を持たないと仕合わせになれないという妄想にとりつかれた人たちだ」 と感じますが。 そう感じるごとに結婚への意欲は薄れるばかりです。 助け合って生きる。結婚しなくても当たり前のことです。 人が人を成長させる。配偶者やこどもでなくてもいいはずです。 何も声高に言う必要はないんじゃないですか? むしろ既婚者の方々の近視眼的な意見を聞くことで、結婚は本人の感性を麻痺させるようなイメージがぬぐえません。 家族を護ることで自分と廻りがおろそかになって、他人の痛みが分からなくなるほどダメになるなら結婚しない方を選びます。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

30代の独身・男です。  この質問はかなり難しいですね。天秤の中に置かれた心の重り(心を占める考え方)で 傾き方が変わると思います。  自分は独身がいいですね。ストレートな表現ですみませんが理由はやはり金銭と時間、 また結婚相手に自らのエゴを押し付けてまで行動する必要がないからです。    金銭と時間に関しては言うまでもない事なのですが、結婚してからでは出来る事と出来 ない事に開きがでてくるからです。  転職しかり事業を始める等お金が絡むことには本当にどうしようもない位の制約がかかり ますし、それでちょっとしたほころびができると後はぐだぐだになる事が多いと思います。  それらをふまえて家庭や今後のことをしっかり考えて自己犠牲の精神をお互いに持てれば それが一番でしょうが現実問題そういう考えをあまりもてない時代になっています。  それは最近の結婚・離婚事情を見ると自分はそう感じますがいかがでしょうか?  

20代、未婚女です。独身がトク、というより結婚が大損だと思っています 特に今の日本で結婚する、というのは考えられないです。 例え結婚しても重税、年金不安、子供の教育と安全、気の休まる事が無いと思います。 何より、今のオトコたちの振る舞いが酷すぎて結婚する気も失せます。親の世代の人も含めてマナーどころか法律や条令すら無視して好き勝手する人たちと一緒になるなんて考えられないです。 結婚するなら、オーストラリアやインドの人と結婚して日本国籍捨てたいです。 マナー良いですよ、紳士ですよ、彼ら。

41歳の主婦です。 お金・子供・旦那 といろいろあると、独身が良いと思います。 相手にもよるのでは・・・

「独身者とは妻を見つけないことに成功した男である」 (アンドレ・プレヴォー) 「裕福な独身者には重税が課されるべきであろう。 ある人間が他人よりも幸福であるというのは不公平だ」 (オスカー・ワイルド) 「女を腕の中に抱くと――やがて腕にぶらさがられ――そのうち背負うことになる」 (サシャ・ギトリー) 「女たちは私には象と同じように思える。眺めるのは好きだが家に欲しいとは思わない」 (W・C・フィールズ) 「私は男でなくて幸せだ。もし男だったら、女と結婚しなければならないだろうから」 (スタール夫人) 「結婚した人々の唯一の楽しみは、他人の結婚に立ち会うことである……悪魔的な楽しみだ」 (ラモン・ゴメス・ド・ラ・セルナ) 「離婚の動機ですって? ありますとも、弁護士さん、私が結婚しているということです」 (エミール・ポラック弁護士) 「人は判断力の欠如によって結婚し、忍耐力の欠如によって離婚し、記憶力の欠如によって再婚する」 (アルマン・サラクルー) 「頭のいい男は良い夫ではありえない、なぜなら彼らは結婚しないから」 (アンリ・ド・モンテルラン) 「女たちを知れば知るほど、私は自分の手の方をいとおしく思う」 (ショロン) 以上より答えは明らかです。