ここから本文です

必要悪とともに生きる

mun********さん

2013/12/2309:44:45

必要悪とともに生きる

必要悪とよばれるものがあります。たとえば,歴史的な文脈においては,国家神道がよく挙げられる例になると思います。そして,犯罪抑止という文脈においては,死刑や公娼制度,反社会的組織などが,必要悪の例として挙げられます。これらの要素は良くも悪くも,人々の生の営みのレベルから,日本社会の発展というレベルにおいて,さまざまな功と罪を残しました。

日々の生の営みにおいて,多くの人々は必要悪とよばれるものと隣り合わせになっていると思いますが,これらとどのように向きあうべきなのでしょうか?

閲覧数:
99
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jun********さん

2013/12/2310:08:31

完璧な社会制度などありえません。
外国の制度をサルマネするのではなく、我が国の永い歴史のなかで育んできた風土・風俗をもっと大切にした方が世の中良くなると思います!

質問した人からのコメント

2013/12/23 12:11:18

驚く コメントありがとうございます。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる