ここから本文です

マイナンバーが支給後に、配当金があれば個人の保険料等が上昇しますか?

wes********さん

2013/12/2913:46:44

マイナンバーが支給後に、配当金があれば個人の保険料等が上昇しますか?

趣味で配当金目的で株式投資をしており、
年間に15万くらい配当金をもらってます。たまに売ることもあります。

来年からは、NISAと源泉納税の特定口座を併用する予定です。
損益通算は、してないので源泉納税ありの特定口座を利用しています。

再来年くらいから、いわゆるマイナンバー法が始まると聞きました。
ネット上の情報で、マイナンバー支給後に、給与所得以外の収入があれば、
保険料等が上がるという投稿をみました。

マイナンバー施行後に、配当や譲渡益が少額発生することで、税金や社会保障料が
増え、結果ととして配当所得以上に損することはありうるのでしょうか?

結果として損するなら、少額の配当の為に株式投資を続けるのももったいない気がします。
今までは、源泉徴収ありの特定口座でやってる限り、利益が多くても社会保険料等の増加にはつながらなかったと思ってます(10%OR20%の税金のみ)

調べてもよくわかりません。ご存じの方、よろしくお願いします。

閲覧数:
7,858
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tsu********さん

編集あり2013/12/3123:06:25

法律上の観点ではマイナンバー施行後の証券税制の税負担については現時点では決まっていませんが、源泉徴収など跡形もなくふっ飛び確定申告制度になるのは間違いないので様々な負担が増えることは確実です(負担の内訳はそれぞれの家庭事情によります)。長文となりますが根拠を説明します。

マイナンバーの狙いを分かりやすくするために、質問者様のケースと違いますがまず確定申告をした場合(元々特定口座は財務省も自民党も考えておらず想定外の経緯からできたものであるため)を例に出します。例えば、主婦が趣味で株式投資をした場合、あるいは大学生の息子などが趣味で株式投資をして父親の扶養家族になっていた場合、控除額を超える利益が出ると、扶養控除、配偶者控除、配偶者特別控除などが受けられなくなり、世帯主(夫もしくは父親)の税負担額が増えます。増税額は控除額に所得税率を乗算した金額になります。

このように申告分離課税は場合によっては家族が突然増税になる問題がありますが20世紀の頃は売却額の1.05%に課税する源泉分離課税と申告分離課税を選択する制度となっていました。ここで当時の大蔵省は株式投資の源泉分離課税を廃止して全て申告分離課税で確定申告をさせようとします。預貯金の利子所得や株式のインカムゲインは源泉分離課税で上記の負担増は発生しませんが、株式のキャピタルゲインだけこのような負担増を強いようとしていたのです。当時の大蔵省には続きのシナリオがあり、これで株と預金の不公平感を煽り、それを是正すると称して 金融資産性所得課税一元化を計画していたのです(2004年にその方針を打ち出します。後述の通りこの案は挫折しその代わりにマイナンバーが出てくることになります)。
http://www.jri.co.jp/page.jsp?id=13599
これはどのような仕組みかと言うと給与所得や事業所得を除いた株や預金や保険など金融資産のみを合算する総合課税化、そして納税者番号制を持ち込むという計画です。当然これは確定申告が前提となります。なぜならば源泉分離課税の場合は証券会社や銀行が納税を代行するために脱税が発生せず、納税者番号制導入の理由にならないからです。

2003年に特定口座がなぜ出てきたかというと、申告分離課税に統一すると上記の説明通り株に非常に不利な税制であるため当初は証券業界が一致団結して大蔵省(のちに財務省)に対して反対していたのですが、途中で大和證券が寝返って官僚側についたからです。源泉分離課税を廃止したい官僚と手を組んで特定口座と言う案を持ち出したわけです。特定口座は設置費用が掛かるので中小証券ほど経営に対する負担が増えます。大手である大和證券はこれで体力がない中小証券は特定口座を設置できなくなりそれを契機に顧客を奪い取れると読みました。実際は大和證券の思惑通りにならず他の中小証券も特定口座を設置したため、2003年1月から源泉分離課税の廃止と特定口座の成立と言う不透明な形で落着します(上記URLの話はその翌年に出てきます)。

ですが、財務省の目的はあくまで株も預金も含めた資産捕捉でありいずれ特定口座は廃止されることを最初から前提にしているわけです。2004年の納税者番号制は挫折しましたがその後に出てきたのがマイナンバーです。これらの経緯を考えれば特定口座や源泉徴収などなくなって 預金も含めた完全申告制になることは目に見えています。つまり本来の税金以外の負担が増えるのは間違いないということです。

このようなことを財務省がやりたい理由は 1997年から預金封鎖の検討と準備をしており、マイナンバーはその一環であるためです。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1310450352...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

yon********さん

2013/12/2915:00:53

まだ決まっていないことを悪く考えても無意味です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる