ここから本文です

靖国問題は、一般の戦争犠牲者とA級戦犯を一緒に祀るという靖国神社の性質そのもの...

rt3********さん

2014/1/122:49:56

靖国問題は、一般の戦争犠牲者とA級戦犯を一緒に祀るという靖国神社の性質そのものに問題があったのではないか? そして国民にその事を知らせず、責任の所在を曖昧にした政府の姿勢にこそ問題があったのではないか?

閲覧数:
432
回答数:
14

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kou********さん

2014/1/202:26:14

おっしゃる通りです。靖国問題は広くて深いですね。国の為に命を捧げた国民を顕彰・追悼するのは国民の義務で、どこの国でもやっていますが、日本が異常なのは以下の様な理由ではないでしょうか。

①靖国神社は国の施設ではありません。「公」の施設ではなく、一宗教の一神社、「私」の施設です。そういう私的な施設に国の代表である総理大臣や閣僚、国会議員が参拝する事は問題です。

②靖国神社は東京都の宗教法人法に基ずく神道という宗教の神社です。戦前は天皇は現人神(あらひとがみ)、つまりこの世に人間の形で現れた神様でした。その天皇を頂点に神道を国の宗教とし(国家神道)、日本は神の国、国民は神の子、日本の戦争はすべて正しい聖戦、世界で日本ほど立派国はない、という思想を推進して国民に強制しました。仏教もキリスト教も結構だが、その上に天皇という最高の神様がいる事を忘れるなよ、と。そして国民に神社参拝を強制。今の創価学会はよく知りませんが、創始者の牧口常三郎は肝のすわった剛毅な男で、天皇を神様として拝む事を拒否して投獄され、それでも屈せず結局は拷問で殺されました。

日本は世界に誇る民主主義国。憲法で思想の自由、信教の自由は保証されています。更に政教分離を規定している。政治と宗教の分離ですね。政府が特定の宗教に肩入れする事を禁じています。

神道の神社に参拝する人も沢山いますがしない人も沢山いる。靖国神社に誰を祀るかは遺族の意思に関係なく、100%靖国の一存で決めます。そして一度祀ると絶対変えません。以前、殉職した自衛隊員を祀った。遺族が「本人はクリスチャンだったので神道の神社では、、、」と合祀取りやめを頼みましたが靖国は拒否。また、あの戦争では台湾や朝鮮(韓国)出身の人たちも日本兵として戦死し、靖国神社に合祀されている。民族的な理由などで遺族が変更を頼みましたがこれも拒否。裁判にまで持ち込まれましたが靖国は拒否を貫いた。

政治家は「個人として参拝」と逃げていますが、総理大臣や国会議員は「個人」ではないのです。だから我々一般国民には与えられていない数々の特権を持っている。個人で行きたければ辞職しないといけない。そうしたら毎日でも行けます。ただし、安倍首相は今回の参拝で「内閣総理大臣・安倍晋三」と記帳しています。

③靖国神社は国の為に死んだ兵士を祀る施設です。平洋戦争では310万の日本人が死にました。170万の日本兵が戦死。その半数は餓死だったと言います。しなくてもよかった戦争、すれば必ず負けるに決まっていた戦争を、天皇の反対を知りながら始めて日本国民に地獄を味あわせ国をつぶしてしまった東條英機などの国賊も祀っています。黙々と命令に従い、敵ですら感心した勇敢さで戦い、黙々と死んでいった真の英霊たちは東條などと一緒に祀られて喜んでいるはずがありません。靖国神社は特異な歴史観を持っています。その為に、軍人でもなく戦争で死んだわけでもない松岡洋右元外務大臣や白鳥敏夫元駐伊大使まで祀っています。日本を戦争に導き、国をつぶしてしまった国賊を祀って拝んでいるのは世界でも日本だけではないでしょうか。

天皇陛下バンザイと死んでいった(とされる)兵士たちを祀ってある神社に天皇が参拝をしなくなったという事実の重みをじっくり考えてみて下さい。

靖国神社はアメリカのアーリントン墓地と一緒だと言う人がいますが、とんでもない、あらゆる面でまったく違います。日本にも、個人の宗教や政治的な信条に関係なく、天皇も総理大臣も国会議員も一般国民もわだかまりなく一緒に参拝出来る国家的な施設の建設が待たれます。

A級戦犯たちと一般犯罪者を比較しておられる人もいますが、まったく次元が違いますね。国をつぶし数百万の同胞を殺してしまった当時の国・軍の指導者たちは、東京裁判や中国、韓国の非難などに関係なく彼らの責任は圧倒的です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/13件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

mus********さん

2014/1/808:22:59

下の回答者で、マジでびっくりする理屈を言う人がいますね。
なるほどネットウヨが世界の常識と大きくかけ離れていて、日本を孤立させたいのでしょうね。
そして戦前のように世界からハブにされるのを狙っているのでしょね。
きっと軍事オタクのネットウヨはまた戦争をやりたい大馬鹿者なのだろう。
新興宗教の教祖を信じる信者と一緒で何を言っても教祖が正しいと思う洗脳された人なんでしょうね。
どんな理屈でも「日本は何も悪くない」「日本が完全正義」と思うイスラム原理主義者と一緒。


>(中国は)アメリカからの有形無形の軍事援助を引き出し、日中戦争中から第二次世界大戦の初頭にかけて日本軍と対峙した
「アメリカ合衆国義勇軍(フライング・タイガース)」の設立や中華民国空軍の近代化に大きく貢献していました。
つまり、真珠湾攻撃の前に、米国は日本と戦争をしていた事になります。
<米国が先に日本を攻めていた?すでにアメリカと戦争していた?
痛々しい理屈。
その理屈なら、じゃあ後方支援している自衛隊もその相手国と戦争状態なんですか。
これからの武器輸出三原則の緩和も支援国の武器の近代化に大きく貢献するから、その支援国が戦争した相手とは日本も戦争状態ってことですね?
アホらしい。

戦争を始めたのは日本が真珠湾攻撃を仕掛けたからですよ。
それが対米戦争の始まり。
勝手に事実を変えるな。


>日本は戦争を回避すべくアメリカと交渉を続けましたが、アメリカ側は機密文書の暗号を傍受・解読し、日本の手の内を見ながら、日本側が絶対に受け入れることができない「和平案」ハル・ノートを提出しました。これは、アメリカが日本に突きつけた事実上の宣戦布告でした。
このハルノートを作成したのは、元財務次官のハリー・デクスター・ホワイトで、ソ連のスパイ(コミンテルン国際共産主義)でした。
<回避すべく交渉を続けたのは日本?
それは一方的な味方。
回避すべく交渉を進めたのはアメリカです。
勝手に解釈を変えないこと。

暗号を傍受解読するのは世界の常識です。
簡単に傍受される日本が悪いのです。
たんに日本が劣ってただけ。

絶対に日本が受け入れられない?
受け入れる気が無かっただけ。
受け入れることは十分できた。
その気が無い=不可能、では無い。

>これは、アメリカが日本に突きつけた事実上の宣戦布告でした。
<宣戦布告すらしなかった日本。
手違いでアメリカに伝わらなかったなどというのは日本の言い訳。
あくまで日本国内だけで通じる言い訳。
世界ではそう思われていないのは常識。
卑怯な日本人というのが常識。


>結果、日本が大東亜戦争を引き起こしたのではなく、日本と戦争したかった米国ルーズベルト大統領と、
コミンテルンにコントロールされた近衛文麿や朝日新聞の尾崎秀実及び戦争プロパガンダをした朝日新聞が、日本を陥れたと言えるのではないでしょうか。
<いえ、大東亜戦争を引き起こしたのは東條英機です。
そしてそれを承認にした天皇です。

負け犬の遠吠えにしか聞こえません。
日本人としてみっともないです。
潔くない。
日本人の美徳や道徳と反する言動。
あの頃の日本は間違っていました、素直に認めるべきです。
反省の無いとことに進歩は無い。

日本は「仕方なく戦争に突入した」論を使って、なんとしてでも日本を擁護したい気持ちは分かりますが、いき過ぎです。
イスラム教はそれ自体は良い宗教です。
立派な教えや考えや、指導者もいっぱいいますし、差別される宗教では有りません。
しかしながら、イスラム教に極度に傾倒して周りが見えない「イスラム原理主義者」によって、テロが起こされ、そしてイスラム教が差別を受けるのです。
極度な右翼はイスラム教が絶対の正義、イスラム教の教えが全てと言う考えのイスラム原理主義者と一緒です。

今の北朝鮮が暴発して宣戦布告もなく核ミサイルを撃って戦争になったとしても、それは「アメリカにそう仕向けられた」って言う理屈と一緒だよ。

国粋主義者や民族主義者は怖いね。
自分が洗脳状態だと分からないのだろうね。

labさん

2014/1/807:27:17

A級戦犯を分けて別の場所に移すことができたとしても、問題は解決しません。

靖国神社自体がモンスター扱いされているのです。もっと言えば、SHINTOを精神的支柱として日本人がまとまることを警戒されているのです。日本人が団結し、再び力を持つことを恐れているのです。

外国の識者が靖国参拝に懸念を示すのは、靖国神社が悪魔の巣であるかのようなイメージを持っているからです。でも、その懸念を公に表明するのは、日本人の精神文化を全否定することであって、失礼ですから、今まではそういう批判を表立って口にする国は(中韓を除き)ありませんでした。

例えば、アメリカ人には、初日の出を有難がる文化がありません。日本人は、太陽を天照大神だと教わり、そんな神話を信じていない人でも無意識に、早起きをして初日の出を見に行く習慣を持っています。初詣に行って願い事をします。お宮参りや七五三で、子どもの健やかな成長を願います。隣のトトロも神社に住んでいるのです。

切り離せないのですよ。神社は、特に神道を信奉しているわけではなくとも、日本人の生活に根付いているのです。

そういう日本人のアイデンティティとして切り離せない一部分を、危険視され、警戒されているのです。根深い問題なのです。

だから、時間はかかっても、今の日本人は決して危険な思想をもった民族ではないということを、何十回でも何百回でも声を上げて訴えていく、そういう努力をしていくべきだと思います。A級戦犯を分祀しても根本的な解決にはなりません。それはただのいちゃもんで、批判の根本的な原因ではないからです。

i_jipanguさん

2014/1/522:17:00

本当に靖国神社には戦争犯罪を犯したA級戦犯は合祀されているのでしょうか?

米国のフランクリンルーズベルトの母親サラ・デラノは、中国とアヘンを含む貿易を手広く行って財を為していた事もあり、親中派でした。
妻エレノアは、共産主義シンパで日本人に対して人種差別発言をしています。
蒋介石の妻である宋美齢は、フランクリン・ルーズベルト大統領やその妻エレノアと親密な関係を構築し、
アメリカからの有形無形の軍事援助を引き出し、日中戦争中から第二次世界大戦の初頭にかけて日本軍と対峙した
「アメリカ合衆国義勇軍(フライング・タイガース)」の設立や中華民国空軍の近代化に大きく貢献していました。
つまり、真珠湾攻撃の前に、米国は日本と戦争をしていた事になります。
日本は戦争を回避すべくアメリカと交渉を続けましたが、アメリカ側は機密文書の暗号を傍受・解読し、日本の手の内を見ながら、日本側が絶対に受け入れることができない「和平案」ハル・ノートを提出しました。これは、アメリカが日本に突きつけた事実上の宣戦布告でした。
このハルノートを作成したのは、元財務次官のハリー・デクスター・ホワイトで、ソ連のスパイ(コミンテルン国際共産主義)でした。
その時のルーズベルト大統領政権には300人以上のコミンテルンがいた事がヴェノナ文書により明らかになっています。
※ヴェノナ文書:アメリカは1940年からのコミンテルンとの無線傍受した暗号を37年かけて解読し、1980年に完成しました。

中国では、国民党(蒋介石)と、共産党八路軍(毛沢東)が支那全土で内乱を繰り広げていました。
1937年7月7日に共産党八路軍は、盧溝橋で実弾を持たず夜間演習をしていた日本軍とすぐ近くにいた10万人の蒋介石の国民党軍に相互に発砲し、
交戦状態を仕掛けました。双方腑に落ちない点があり、事件発生5日後には日支両軍は停戦協定を結んでいます。
盧溝橋事件が起きた翌日(7月8日)、支那共産党は「対日全面抗戦」を呼び掛けました。
周恩来首相は、1949年の中華人民共和国成立日に盧溝橋事件は共産党軍が双方に発砲し、停戦協定を妨害したと演説で説明しています。

一方日本では、1937年7月4日に近衛文麿は首相に就任した3日後、盧溝橋事件が起こりました。
陸軍は不拡大の方針で7月11日に現地停戦協定を結びましたが、近衛文麿は「北支派兵声明」を出し、
政財界やマスコミに挙国一致の協力を訴え、強硬に軍事介入の必要性を訴えました。
結果、盧溝橋事件が「北支事変」、「支那事変」から「日中戦争」になってしまいました。
また近衛文麿は、国家総動員法成立、日独伊三国同盟により英米を敵に回し、ソ連とは中立条約を結み、第二次世界大戦の準備を整えました。
参謀本部第一部長だった石原莞爾は、対ソ警戒を理由に中国大陸での軍事行動に絶対反対しましたが、失脚させられました。
朝日新聞尾崎秀実がソ連のスパイ容疑で逮捕された四日後、近衛文麿は政権を投げ出し、東條英樹陸軍大将が首相を引き継ぐ事になりました。その時には既に日米対立は決定的になっていました。
※近衛文麿は京都帝国大学でマルクス経済学に傾倒した河上肇に学びました。
近衛文麿の政策研究団体である昭和研究会の理念はマルクス主義を基にし、メンバーは尾崎ら共産主義者と企画院グループの「革新官僚」によって構成されていました。
※中国の辛亥革命へ参加した社会運動家である北一輝の影響を受けた、若手将校たちが二・二六事件を起こしました。
結果、日本が大東亜戦争を引き起こしたのではなく、日本と戦争したかった米国ルーズベルト大統領と、
コミンテルンにコントロールされた近衛文麿や朝日新聞の尾崎秀実及び戦争プロパガンダをした朝日新聞が、日本を陥れたと言えるのではないでしょうか。
岸信介元首相は、「支那事変を長期化させ、日支和平の芽をつぶし、日本をして対ソ戦略から、
対米英仏蘭の南進戦略に転換させて、遂に大東亜戦争を引き起こさせた張本人は、ソ連のスターリンが指導するコミンテルンであり、日本国内で巧妙にこれを誘導したのが、共産主義者、尾崎秀実であった」と言っています。
事実、コミンテルン第7回大会(1935)にスターリンが砕氷船理論の発動を指示したと言われています。
※砕氷船理論:ドイツはフランスとイギリスを戦わせ、日本は蒋介石の中国と戦わせよ。米国の参戦で日独が敗北し、共産主義陣営にする。

[日本人は心優しき侍/世界から感謝される日本]
http://www.youtube.com/watch?v=RntUs2gjM3g

[新・世界は日本をどう見ているか 自虐史観からの解放]
http://www.youtube.com/watch?v=xo5wNzuqtVg

[海軍中将 市丸利之助 ~米国大統領への手紙~]
http://blog.livedoor.jp/yamato26840/archives/51306882.html

[日本とアジアの大東亜戦争]
http://www.youtube.com/watch?v=F8dT587G8Cg

[右は左だった昭和経済史]
http://www.youtube.com/watch?v=_9gFX8KobZc

ter********さん

2014/1/513:31:57

靖国参拝は、韓国が隠し通したい歴史に関係するから反対しているのです。韓国国民にすら捏造した歴史を教えて隠している。真実に触れられたくないという事です。韓国の特定の人々は、歴史に捏造がある事は知っているでしょう。しかし、一般の人々はそこまで知りません。そもそも学校教育以外で、歴史を知ろうとする方は少ないのです。それは日本も同じでしょう。歴史オンチは何処でも大勢いますからね。歴史なんかより別の方に興味があるのが普通でしょう。韓国では、捏造された歴史を肯定する側が大勢を占めており、現政権が、日本侵略の象徴とされている靖国を非難しなければ、その場で、その政権は「THE END」となります。

しかし、本当の歴史を隠し通せるものではなく、遅かれ早かれ広まっていくでしょう。日本も韓国も、進めるべきは、韓国の一般国民に、本当の歴史を教える事です。本当の歴史を教えるためには、問題を引き起こす事です。

・「総理の靖国神社参拝」も問題提起としていいでしょう。
・「朴大統領の海外での日本批判」もいいでしょう。

韓国の歴史問題については、以下が参考になると思います。参照してみて下さい。
http://blog.livedoor.jp/kaikaihanno/archives/26941311.html

韓国の方はよけいな事をしたと思っているかもしれませんが、そもそも、韓国の併合は当たり前の事で、これに関する非は日本には何もないのです。

問題なのは、併合した後、事実上の自国民に対する振る舞い、扱いで問題があったかどうか位なのです。韓国の一般大衆はその事を理解していないのです。だからおかしな事になっている。

第一次世界大戦前までは、自立出来ない国家地域は、強国が植民地(朝鮮は併合ですね)として管理することは国際的に常識とされており、それは力による強制でもかまわないことになっている。力による強制脅迫で国を奪う事が問題となったのは、第一次世界大戦後、それまでは世界的によくある事象であり、日本がとった行動もその中の出来事としては珍しいことではなかった。つまり、アヘン戦争のような事象は第一次世界大戦前までは当然の出来事であり、第一次世界大戦後、自立可能な国地域を力で強制的にうばうのはやめましょうという事になった。朝鮮については、第一次世界大戦前の1910年なので、植民地化については国際法上問題はなく、ヨーロッパ諸国はみな当然としてやっていた。アメリカは米西戦争でフィリピンを自国の植民地として支配した。またハワイも力による併合を行ったが、現地住民との間で「和解した」としてこの問題を解決した。満州など、国際連盟からの非難を無視した点など問題はあったが、第二次世界大戦前の出来事としては、日本がとった行動はヨーロッパ、アメリカ等と比べそれほど違いはなかった。植民地そのものが問題であり、やめましょうとなったのは、第二次世界大戦後のことである。

その経緯の中から、今の国際法、国際的なルールが確立していったのです。しかし、韓国も、そして中国も、その国際法をあたかも踏みにじるような様子を見せています。領土問題にしても同様です。古い過去に何処の領土であったかなどを言い出したら、世界中混乱するのは当然でしょう。国際法上、どうであるかが大切なのです。

併合前の大韓帝国に、ロシアの進出を食い止めるとの意思と行動があったならば、歴史は別の方向に進んだかもしれませんが、過去の併合については、これはもう仕方ありませんね。

韓国にとって、日本は、アメリカ、イギリス等と同じ、他国です。
そして日本が韓国に求めるものは、国際法の遵守です。
(※条約も当然国際法に含まれます。)

過去の経緯もあって、国際平和、国際秩序の維持のため、国際法、つまり国際ルールがここまで積み重ねられてきました。ほとんどの国が国際法を順守しています。国際法を順守しないという事は、国際平和、国際秩序の維持を否定する事を意味します。

pap********さん

2014/1/421:25:36

まったくその通りですね。負ける戦争を主導した「おのぼりさん」も靖国に祀られれば「英霊」なんて、、バカな人間が多すぎです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる