ここから本文です

医療についての疑問

coh********さん

2014/1/411:10:06

医療についての疑問

普通病院に行くと自分の意志に関わらず検査をされる事は有ると思いますが、生命に関わる緊急な事なら仕方ないと思いますが、取りあえずの薬を出されて結果的には何ら効果がなくてもお金は先に支払わなければいけない。
これってごく普通の販売業からすると不良品を売りつけてお金を取って返品の受付をしないのと同じ事だと思いますが、それで良いんでしょうか?
歯医者なら義歯には保証が付いていますからまだ良いですが、自分が必要無いと思う薬を出されてお金を取られるって変じゃ有りませんか?

補足私は必要無い薬、必要な薬は分かりますが、一般論として効果がなかった薬をを返品出来るシステムが無いと思いますから不合理ではないですかと捉えて頂いても結構です。
薬は一度客に販売した食品を再販するような事になるので廃棄する以外に方法はないでしょうし、保健も適応されていますから実質的な支出が少ないので誰も問題に思わないのかもしれませんが、実費で支払っていたら怒る人がいてもおかしくはないのですが。

閲覧数:
181
回答数:
4
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ven********さん

2014/1/412:22:04

医療も契約です。

患者さんが受診したこと、その行為が医師に対して検査や処方をして欲しいと受診した契約申し込みと見なされます。
診察で、一見、風邪のような症状を訴えられたとして、自覚症状や他覚症状を勘案して医学的に、インフルエンザや肺炎や肺ガンなど鑑別疾患がでてきます。

医師は医学的事実に基づいて、検査の必要性を説明し、それらの結果に基づいて処方や点滴、場合によっては更に高度な検査後、手術など侵襲性の高い治療の必要性を説明するかもしれません。
以前の医療では、患者さんがあまり希望を述べることがなかったために、説明されたと感じず、受ける必要のある治療、薬なのだと判断される方が多かったように思います。

現在は、質問者様も認識されてご質問のように、医療は一般的な消費行動と異なることが多く、自身の意見が反映されにくいのはおかしいと感じる方が多いため、回答者様たちのような行動(検査、薬、治療の希望や拒否)を取られる方がいらっしゃいます。
医療の一部を担っているものとして考えることは、ご希望を述べて頂くのは良いのですが、医師は専門家です。
過去に患者さんたちが経験した疾患が今回の症状と同じかどうか解りませんし、より新しい薬や処置が出来ていることもあります。

また、医学には100%ということがありません。
同じ病気でも、同じ薬でも全ての方に効果があることは先ずありません。
有効性70%有れば、とても良く効くということです。
効果がなかった場合、副作用が大きかった場合は、次の治療、薬を試みます。

希望は希望としてなぜ、医師がその医療を進めるかご希望との違い、メリット、デメリットも含めて良く話をお聞きになるのが、医療消費者としての正しい行動ではないかと思います。

>自分が必要無いと思う薬を出されてお金を取られるって
専門家の医師に、なぜそれが必要か、お尋ねられ、納得出来る治療が出来ると良いですね。

質問した人からのコメント

2014/1/4 13:47:07

正しいお答えだと思います。しかし、副作用が出たら保証する制度がない。それだけ日本の医療費は安いのですが医師がプロなら責任は有るはずです。かと言って医療費が高いもの困りますからちょうど良い所だとは思いますが、残った薬は他に流用されるので処方とは違った事になりますから、回収返金すべきだと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tie********さん

編集あり2014/1/412:20:10

必要がないと思う薬なら断れば良いだけです。

医師は患者さんの訴えから医師として必要だと判断して薬を処方しています。

いたずらに出しているわけではありません。

病院や医師を変えるのは自由ですし、薬を貰わないのも患者さんの自由です。

ただ薬を断って何かあったとしても、それは患者さんの責任です。


補足をみました。

処方薬は、治験などで効果があると国から認められたから、保険収載されている薬なのですが…。

asi********さん

編集あり2014/1/412:28:06

薬が効かなかった場合の返品もしくは返金システムがあってもおかしくはないのでは、というご質問ですね。

あってもよろしいのではないでしょうか。

しかし現実的に国の制度としては患者の返品・返金制度は認められないと思います。
なぜなら薬ははじめから全員に効果があるという前提で承認されていないからです。
例えば癌の薬なんかは10人のうち3人以上に効果があれば薬として認められます。
癌の治療では10人のうち3人しか効かない薬をいくつか組み合わせて効果を挙げて治療成績を向上させています。

返品や返金を認めたら現在の医療制度が維持できなくなるのではないかと思います。
製薬会社は売り上げが激減し新しい薬の開発に研究費を投じることができなくなり医療技術の進歩は停滞してしまいます。

tam********さん

編集あり2014/1/412:26:22

医師に薬を強要する権利はないので、処方内容に意見したり拒否することができます。
先に処方内容を確認するといいです。

ただし、患者の希望する薬が不適切と判断すれば処方を拒否することはできます。

……
おっしゃりたい事はわかりますし、同感です。
ただ、速効性のある薬ばかりではないので、返品の定義が非常に難しいと思います。

海外の病院に受診した時は、処方前に効果や副作用の説明はもちろん治験のデータも渡されて購入の選択を委ねられました。
日本人にはここまでのシステムは難しいでしょうが、改善率なども含めて説明を受けて処方されれば、薬が自分に効かなかった時の不満も減るのかと思います。

緊急の場合は別ですが、日本の病院は患者に対する説明が少な過ぎます。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる