ここから本文です

経済学を独学で学ぼうとする法学部生です! とりあえず入門としてマンキュー入...

reo********さん

2014/1/609:26:16

経済学を独学で学ぼうとする法学部生です!

とりあえず入門としてマンキュー入門経済学を読んでみました。
面白かったのですが、もっと本格的に学びたいです。
編入も視野に入れており最終

的には大学院レベルまで、到達したいと思っています。
公務員試験対策ではありません!!

また数学について、私は文系出身なので
「改訂版 経済学で出る数学: 高校数学からきちんと攻める」
を使って基礎から固めていこうと考えています。

次に読むべき参考書を教えてください。

マンキュー経済学のマクロ編、ミクロ編を読むべきでしょうか?
皆さんのおすすめの基本書があれば教えてください。

もしよろしければ、
その後に何をすべきかもアドバイスいただけないでしょうか?

最後にここまで読んでくださった皆様に御礼を申し上げます。

補足補足します。私が経済学を学びたいのは
日本の産業について専門的な知識を手に入れたいが故であり、
将来的にある産業の発展に貢献したいと思っているからです。
そのためにも経済学の基本を身につけたいと思っています。

yphdb890さん回答ありがとうございます。
ですが、どういった点で私が俗流経済学を学ぼうとしていると思ったのですか?

閲覧数:
16,953
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

qkm********さん

編集あり2014/1/613:09:42

国立の経済学専攻の大学院生です。

本選びは質問者様は良い物を選ばれているように感じます。
経済学の中で基盤となるのは
ミクロ・マクロ・計量経済ですが
次に頑張った方が良いと思われるのは、
ミクロ経済学です。

定評のある教科書としては、
・奥野正寛(2008)"ミクロ経済学"東京大学出版会
・武隈慎一(1999)"ミクロ経済学"新世社
です。両方とも問題集がついています。
双方一長一短あるのですが、一般には奥野ミクロの方が好かれています。
他にも、
・林貴志(2013)"ミクロ経済学"ミネルヴァ書房
もかなり良いと思います。
この3冊は尾山・安田経済数学が読めていたら十分に読めるレベルのものかと思います。
この3冊で大学院受験までは対応可能のレベルです。

マクロ経済学については、試験対策を度外視するならば、
・ウィリアムソン"マクロ経済学"入門編・応用編
・ジョーンズ"ジョーンズマクロ経済学"Ⅰ,Ⅱ
が比較的簡単な中でも、出来る限り大学院と同様の内容を
扱っている気がします。
(ご存知かもしれませんが、マクロ経済学は大学と大学院で
大きく異なるので、大学生用の勉強をしても
試験対策以外ではほとんど役に立ちません。)
大学院や公務員対策ならば、
・中谷巌"入門マクロ経済学"
・齊藤&太田&岩本&柴田"マクロ経済学"有斐閣
・二神&堀"マクロ経済学"有斐閣
あたりが鉄板だと思います。
ただ、「日本の『産業』」に関心があるならば
別にマクロ経済は後回しで良いと思います。

それと産業組織論等に関心が強いならば
統計学、計量経済学が特に重要になってくると思います。
まず統計学の基礎の基礎でしたら、
・小島寛之"完全独習 統計学入門"
が中学数学で分かるように書いてあります。
・鳥居"はじめての統計学"
・高橋"マンガでわかる統計学"
も入門書として評判が良いように思います。
これの次のレベルとしては、
・宮川公男"基本統計学"
が良いと思います。個人的に、めちゃくちゃわかりやすいという訳ではなかったのですが、
演習問題が豊富で真面目に取り組めば確実に力が付くと思います。
個人的な経験では、統計学は大数の法則と中心極限定理の証明や
種々の推定量の性質を自分で証明できるくらいにならないと
何が何だか分からないと思うので、宮川からもう少し頑張って、
・野田&宮岡"入門・演習 数理統計"
・鈴木&山田"数理統計学"
までやっておいた方が理解できる気がします。

計量経済学は
・藤山(2007)"統計学からの計量経済学"
が私の知る限り最良の日本語の計量経済学の入門書です。
特に行列の使い方が載ってるのが良いです。
統計学の復習から始まるので、上記の小島くらい読んでおけば
十分読める本です。

それ以上になると
・浅野&中村"計量経済学"
が定評がありますが、そこまで良い本だとは思えません・・・。
(説明変数が非確率変数であるという仮定の下で
7章まで説明がありますが、経済学ではあまり受け入れられていない仮定です。
8章から変わるので唐突感がややある気がします。)
それよりも、洋書に取り組んだ方が良いかと思います。

以上が一応、経済学の学部レベルの内容です。
大学院レベルの勉強をしたい場合、国内国外問わず
以下のページに載ってるテキストが世界標準の(大学院レベルの)基礎だと思います。
http://econphd.econwiki.com/books.htm
全ての分野の、すべてのテキストを前から全部読むのは
ほとんど不可能に近いので内容の取捨選択は必須です。
この辺は、先生や先輩に相談するしか無いかと思います。
基本的には論文が読めて、書けるならば、
これらの基礎の勉強に必要以上に固執するのは危険だと思います。

こういう基礎の勉強ばかりではつまらないと思うので、
・林文夫編"経済の制度の実証分析と設計"
・内閣府の経済社会研究所の出版物 http://www.esri.go.jp/jp/others/kanko.html
・日銀のペーパー http://www.boj.or.jp/research/wps_rev/index.htm/
などは日本経済の勉強として良い教材だと思います。
(経済学ではよい論文は英語で書かれるので、
日本語のものだと地雷が多いようです。
日本語の論文をほとんど読まないのであまりわかりませんが・・・。)

もし英語の論文を読みたい場合は、
まずは
Journal of Economic Perspective
が一番良いと思います。
学生や一般向けの論文なので
難しいテクニックは使っていないはずです。
より先端の研究に興味がある場合、
American Economic Review
Econometrica
Journal of Political Economy
Quarterly Journal of Economics
Review of Economic Studies
という雑誌から論文を選べばまず間違いありません。
これらが経済学における最大の権威の論文集(ジャーナル)です。
ここに載って大体の論文はすごい影響力があり重要視されます。
あとは読んだ論文で引用されている論文を辿れば
重要な研究はかなりカバーできます。

質問した人からのコメント

2014/1/6 14:42:59

皆さん素早い回答ありがとうございました。一番文量が多く知りたいことを書いてくださったqkmtn414さんをBAに選びました。これから勉強に励みたいと思います!ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

cou********さん

2014/1/612:38:17

まず,質問者さんの
「日本の産業について専門的な知識を手に入れたい」
という発言からすると,経済学というよりも,
むしろ経営学や商学の方に近いのではないかという印象です。

それはさておき,質問に対する私的見解です。
『マンキュー入門経済学』の読後ですので,
ミクロ経済学とマクロ経済学の入門・初級レベルに進むのが良いと思います。

ミクロ経済学ならば,『マンキュー経済学 ミクロ編』も良いです。
私の私見では,
神戸・濱田・寶多(2006)『ミクロ経済学をつかむ』,有斐閣
が初歩レベルを丁寧に説明している印象を受けました。
その他,「ミクロ経済学」と題している書籍であれば,
難易度(特に数式の使用)が異なる程度ですので,
実際に見てみてわかり易そうなものを選べば良いのではないでしょうか。

一方,マクロ経済学は好みが出やすいかもしれません。
『マンキュー経済学 マクロ編』も良いのですが,
洋書の翻訳なので事例が米国になりがちです。
また,長期分析から扱うので,しっくりこない場合もあります
(日本の経済学部では多くの場合,短期分析から扱うので)。
よく薦められるものとして,
マンキュー(2011)『マンキュー マクロ経済学Ⅰ・Ⅱ』東洋経済新報社
があります。その他,日本人が書いたものならば,
中谷巌(2007)『入門マクロ経済学(5版)』日本評論社
伊藤元重(2012)『マクロ経済学(2版)』日本評論社
などがあります。

最後に蛇足ですが,せっかく法学部に在籍されているのですから,
法律の勉強も忘れないでください。
近年は学際的な研究・アプローチが増えています。
実際に,法律と経済がコラボする「法と経済」という分野もありますので。

yph********さん

2014/1/609:47:59

あなたが学ぼうとなさっている経済学は、社会科学としての経済学ではありません。実用経済学ですーー俗流経済学とも呼ばれます。



法学部を捨ててまで取り組む価値はありません。



学研の徒としての道を歩まれたいなら、まず、論理学と労働価値説に取り組まれてください。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる