ここから本文です

北陸新幹線 E7系は何故12両編成なのでしょうか? 北陸より利用規模の大きい地...

kar********さん

2014/1/801:03:31

北陸新幹線 E7系は何故12両編成なのでしょうか?
北陸より利用規模の大きい地域を受け持つE5系は10両が基本です。
8の次は10だし、スクープ記事をのM新聞もその様に記述していた用に思いますが。

東西の考え方や立位置の違いなのでしょうか?。
大人の事情の様なものがあるならば、それも教えて下さい

閲覧数:
14,041
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kmb********さん

編集あり2014/1/1423:18:00

E5系が10両なのは、沿線人口や輸送力うんぬんではなく、『E6系(E3系)との連結』を最優先で考慮に入れているため。
E5系の10両(およそ25m×10)とE6系の7両(およそ20m×7)の合計の長さがおよそ390mで、東北新幹線の地上設備の最大値(フル編成16両相当=およそ400m)を越えない長さとなります。すなわち、E6系を連結した状態でもE5系がホームに入ることができる最大数が『10両』ということです。仮にE5系を12両にすると、E5系+E6系の長さが400mを超えてしまい連結したりホームに入ったりすることができません。
E7系はミニ新幹線との連結は一切考慮する必要がないため、以下の理由も考慮し、北陸新幹線の地上設備の最大値であるフル編成12両で製造したものと思われます。
その理由としてあるのが「輸送力の確保」です。
E7系を仮に10両で運転するとなりますと、E2系あさまと比べ普通車は1編成あたり1両(最大でも100人)しか増加しません(グランクラス導入により)。東京口の輸送力が限界に達し、金沢開業後も現在の長野新幹線の運転本数からの大幅な増加は望めないとなると、10両(うち2両がグリーン)では北陸3県+長野県からの輸送力としては少なすぎます。そうなると、あとは編成あたりの輸送力を最大まで上げておくことしかできません。12両であれば、E2系あさまと比べ普通車は1編成あたり3両(およそ220人~240人程度)の増加となり輸送を確保できます。
なお、東北の場合は、一番輸送力を必要とする仙台までの輸送に際し、「やまびこ」や「臨時単独はやて」として運転する場合、E6系が輸送力調整の役目も担っているため、E5系自身は10両でも足ります。

なお、これは「たられば話」ですが、ミニ新幹線との連結がなかったら、E5系も12両だったかもしれません。かつて東北新幹線を走った(初期の)200系やE1系は12両でしたよね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

uch********さん

2014/1/807:22:29

まず現行あさまが8両で、東京発着便をこれから本数を大幅に増やす事は(東京駅の発着枠や東京大宮間の線路容量で)有り得ませんので両数増は確実です。北陸新幹線の地上設備は12両までの対応です。JR東の新幹線は2両1ユニットです。つまり10両か12両に成ります。

推測でしか有りませんが、JR東単独の事業であれば、10両編成で運用を開始し客が多い様であれば12両に増結したと思います。
しかし、JR東西の事業ですので、単独事業と違い編成の両数を片方の都合で勝手に増やすわけには行きません。
その為に確実に客を捌ける12両に成ったのでしょう。

E5系は10両ですが、運用はE5系単独だけでは無く、E5系+E6系、E5系+E3系でも行います。(スーパー)こまちを併結しなくても(秋田まで行かなくても)付属編成としてE6系,E3系の併結を行っています。フルの中間車両約4両分位です。これで乗客が多い時と少ない時の調整を行っています。

E7系はおそらく10両編成での運用も視野に入れて製造されています。4,5号車間と6,7号車間に屋根上に大型の碍子うぃ設置しています。これの間をはずせばすぐに10両になり、それでの運行も出来るでしょう。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる