ここから本文です

公立高校の受験は県外は受けられますか?

apo********さん

2014/1/1022:02:41

公立高校の受験は県外は受けられますか?

閲覧数:
5,915
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cac********さん

2014/1/1022:27:27

その自治体にない学科(美術系など)に限りうけられるケースが多いです
後、専門学科の場合は全国から受験できるケースもまれにあります。
ですので、普通科とか理数科とかそういう一般的な学科は難しいです

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mar********さん

編集あり2014/1/1023:16:26

島根県立の一部高校、長野県飯山高校スポーツ科学科、茨城県立太子清流高校 森林科学科、北杜市立甲陵高校、北海道おといねっぷ工芸高校はあまねく県外から受け入れをしています。
また、水産高校は海なし県など水産科のない地域からの入学が可能です。

県外生徒からの人気が高い公立高校としては、テレビドラマ「高校生レストラン」のモデル校である三重県立相可高校食物調理科がありますが、三重県教委は例え調理科のない県の出身であっても保護者のない場合の受け入れはしていないようです。

蛇足:
文科省は法規制を緩和して、公立大学法人のような地方独立行政法人を高校にも(もしくは公立大学を運営する独立行政法人が高校を運営することを)認め、例えば、過疎地の生徒募集難の複数高校が生き残りのために独立行政法人化して、県外からの生徒受け入れを容易にして欲しいと感じます。

gin********さん

2014/1/1022:44:17

一般的には受けられません。

公立高校は各都道府県の持ち物であり、運営は都道府県民の税金で成り立っています。
つまり保護者が税金を払っている都道府県にのみその子供の受験資格があり、税金を払っていない都道府県の公共施設は利用出来ない…という事です。

例外として、県境に住んでいる場合は一部越県受験が認められている地域があります。

越県受験についての条件は各都道府の教育委員会のホームページに記載されていますので、先ずはそちらを確認されて下さい。

miy********さん

2014/1/1022:38:37

公立高等学校の県外受験は基本的に認められていませんが、一部例外があります。隣接県公立高等学校入学者選抜や北海道の農業・水産高等学校の道外からの推薦入試。長崎県の離島の高校入試などです。

<平成 26 年度茨城県立高等学校入学者選抜実施細則 - 茨城県教育委員会>
http://www.edu.pref.ibaraki.jp/board/gakkou/koukou/nyuusi/h26/kousa...

隣接県公立高等学校入学志願者取扱協定(P69)
福島県教育委員会,茨城県教育委員会,栃木県教育委員会,群馬県教育委員会,埼玉県教育委員会及び千葉県教育委員会(以下「協定県教育委員会」という。)は,隣接県の県立高等学校及び市町村立高等学校(市町村組合立高等学校を含む。以下同じ。)(以下「公立高等学校」という。)への入学志願者の取扱いについて,次のとおり協定を締結する。
(入学志願)
第1条隣接県の県立高等学校への入学志願者の出願は,当該隣接県の隣接学区内の県立高等学校に限り認めるものとする。
2 前項の規定にかかわらず,一家転住その他特別な事情のある者については,県立高等学校長は,隣接県の隣接学区外からの出願を認めることができる。
3 第1項の規定にかかわらず,協定県教育委員会中いずれかの教育委員会が学区の改編や通学区域の廃止を行った場合,当該県と隣接県との間の県立高等学校への入学志願者の出願の取扱いについては,別に定めることができる。
(平等の取扱い)
第2条県立高等学校長は,隣接県からの入学志願者について,県内の入学志願者と平等に取り扱わなければならない。
(併願の禁止)
第3条県内の公立高等学校と県外の公立高等学校との併願は認めない。2 県外の県立高等学校への入学志願者の在籍又は出身の中学校長は,出願に際し,県内及び県外の他の公立高等学校と併願しない旨の証明書を添付しなければならない。ただし,第2次募集又は再募集以後の出願においては,この限りでない。
(市町村立高等学校等との関係)
第4条隣接県の市町村立高等学校への入学志願者の取扱いについては,該当する高等学校を所管する市町村の教育委員会又は市町村組合の教育委員会と,当該市町村等が所在する県の教育委員会との間で調整のうえ,別に定める。
2 前項に規定する調整の結果,隣接県の隣接学区からの入学志願者の出願を認める市町村立高等学校がこの協定を適用する場合は,この協定の規定中「県立高等学校」とあるのは「公立高等学校」と読み替えるものとする。
(細部の委任)
第5条この協定の実施に関し必要な事項については,別に定める。
(適用)
第6条この協定は,平成19年4月1日以後に公立高等学校に入学する者に係る入学者選抜から適用する。この協定を証するため,本書6通を作成し,そのすべてに協定県教育委員会教育長記名押印のうえ,それぞれの教育委員会が各1通を保有する。
平成18年11月30日
福島県教育委員会教育長、茨城県教育委員会教育長、栃木県教育委員会教育長、群馬県教育委員会教育長、埼玉県教育委員会教育長、千葉県教育委員会教育

<平成26年度道立高等学校への道外からの出願に係る入学者選抜実施要項>
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kki/H26dougai-suisen-nusui...

<長崎県•離島留学制度とは?[PDFファイル/1MB]>
https://www.pref.nagasaki.jp/shared/uploads/2013/07/1374795006.pdf

suk********さん

2014/1/1022:05:30

基本的にできません。
特別な事情がある場合は別ですが。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる