かたつむり

日本語120,897閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

7人が共感しています

ベストアンサー

357

357人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

大変解り易い回答に納得いたしました。 「牛の角のような触角のある虫」・・・確かにそうですね。 皆さま、それぞれの解釈があるようでとても参考になりました。 5名の方々、回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/6/26 19:22

その他の回答(4件)

6

すでに良い回答があるので 気楽に自分の勝手な解釈を・・・ 「かたつむり」は 雨の日に嫌って程出てきて、とってもとってもきりがないので、片すのは無理・・かたつむり、となったと思ってた 「でんでんむし」は 殻に閉じこもって出てこないので、出ん出ん虫・・でんでんむし、となったと思ってた やっぱり勘違いみたいね^^

6人がナイス!しています

4

「かたつむり」は、片目を触ると、片目だけ引っ込めるからです。

4人がナイス!しています

2

かたつむりの「かた」は、「笠に似た貝」「笠を着た虫」の意味で「笠」が語源です。 昔の笠は縫い糸を螺旋状に縫ったため、「貝」の形容ともされています。 かたつむりの「つむり」は、「つぶら」「つぶり」「つぶろ」と同系の貝の呼称で、これらの語系は円い渦巻き状のものに多く見られ、「まいまいつぶり」や「まいまいつぶろ」もこの語系が由来です。 また、漢字の「蝸牛」は、かたつむりの別名「かぎゅう」からの拝借だそうです。 そして、「でんでんむし」の由来は、まだ殻の中にこもっているときに、「出よ、出よ、虫!」とはやし立てたことから、「出よ出よ虫」→「でんでんむし」となりました。 http://gogen-allguide.com/ka/katatsumuri.html http://www3.kcn.ne.jp/~jarry/jkou/ii104.html

2人がナイス!しています

2

蝸牛の蝸は殻の形を表してます。虫偏が頭、体。 その横が甲羅(殻?) 牛は角がある様から。 と疑いました。

2人がナイス!しています