ここから本文です

秒速5センチメートルについて 先ほど秒速5cmを見終わったのですが、全然納得い...

yui********さん

2014/1/2118:09:50

秒速5センチメートルについて

先ほど秒速5cmを見終わったのですが、全然納得いきません
主人公は過去を振り切ったように笑ってましたが、なぜ明里はその場から去ったのですか?
手紙を交換

しなくなったのも良くわからないし、いざとなれば主人公は明里に会えにいけばよかったのではないのでしょうか?
明里は結婚してなくて踏切で再開するという最後の方が良かったと思います
これではずっと思い続けた主人公やあの少女もむくわれないです
とにかく腑に落ちなくて落ち込んでいます

補足あの後何回か見て感じた事は、高樹がダメすぎじゃないかと言うことです。行動を起こしたのは一回会いに行っただけで、ずっと引きずって女の子を何人も傷つける。最後も走って追いかければいいじゃないですか。一人で納得したよに見せかけて。明里は引きづりつつもちゃんと自分の人生を歩んできたのに高樹は引きづりながら何もせず流されるだけ。何も自分から手に入れようとしない。最悪です。熱くなりましたすいません

閲覧数:
21,183
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

vnf********さん

編集あり2014/1/2216:48:59

メイキングのインタビューで監督がこの作品について語っています。

二人の間に距離はあったけど、阻むものはなかった、だけど、二人は結ばれることはなかった、どうしてなんだろう?

ってのがテーマなんだそうです。で、最後のはイメージ映像だそうです、劇中で流れてた曲を基に作られたそうです。

最後に彼が見た彼女は幻です。
手紙を交換しなくなったのは自然消滅です。
いざとなれば彼は彼女に会いに行けます。
劇中でも行きましたね。
そうですね、結ばれず終わるよりは結ばれてハッピーエンドでも良かったと思います。
報われることが無いってのが、この作品のテーマです。
視聴者の間では鬱作品として有名です。腑に落ちなくて当然だと思います。


でもまぁ、その後のことはご想像にお任せします的な作品でもあるので後でどうにでもなるってのは確かです。
同窓会でばったりとかある日偶然にってのもありますしね、可能性は十分あります。

代替案を提示します。
「秒速5センチメートル」の監督・新海誠は他にもいくつかアニメ映画作品を出してます。
そのほとんどが結ばれてません。淡く切ない恋愛模様や青苦い青春をテーマに美麗な背景を魅せる作品です。
でも、そんなかでも主人公と彼女が結ばれるというか救い出す作品があります。
「雲の向こう、約束の場所」です。
5センチメートルの主人公みたいなやつが頑張って、彼女を救い出そうとします。
本当に凄いですよ、見えないはずの彼女を見抜いて見つけ出しますから。
SF要素が強いので話が混乱するのが難ですが、5センチメートルみたいな作品で結末はハッピーエンドです。
一度ご覧になることをお勧めします。



まぁ、人によっては結ばれないことを望む、バッドエンドを好む人もいます。ハッピーエンドを好む人から見ればなんか気に食わない、腑に落ちないってのは当然ですね。
間違った解釈ではありません。否定されるべき解釈ではありません。むしろ、ハッピーエンドを求める方が自然です。

それに人によってはこの結末に落ち込む人がいるのは確かです、鬱作品として有名たる所以です。
あの結末に落ち込まずに感動しろよってのはなんか違うと思います。
ハッピーエンドで終わってほしかったと思うのは当然の理解だと思います。
あの結末に感動しろよって言うのはただの押しつけです。
あの結末に不満を残しても良いと思います。

質問した人からのコメント

2014/1/27 01:23:14

明里のカットがあったので最後のは幻想じゃないと思いますよ
私の中では正義は勝ち、主人公は幸せになるものです
なのでこの作品は決して好きにはなれません
けれどここまで有名に慣れた所以はあのエンドだったからでしょうね

「秒速5センチメートル ネタバレ」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fgd********さん

2014/1/2209:38:30

http://nocturnetsukubane.blog.fc2.com/?q=%E8%80%83%E5%AF%9F&page=4

ここに秒速5センチメートルの考察サイトがあります。
秒速は考察サイト自体はかなりの数があります。
逆に言えばそれだけいろいろな捉え方がある作品だからこそ
たくさんの考察サイトがあるわけですが、
私はこのブログが一番納得できる考察をしていると思います。
「秒速5センチメートル」考察(その1)~(その7)まで
長いですが、是非全部読んでみてください。
考え方が変わるはずです。
質問者さんが疑問に思っている
「なぜ手紙が途絶えたのか?」
「なぜ明里は立ち去ったのか?」
などの疑問もきっと解決してくれますよ。

この考察サイトにも書いてあることですが、
文通が途絶えた原因についての考察をしてみます。
明里は貴樹に依存していました。
内気な明里は転向後、友達が出来ず、救いを求めるように貴樹に手紙を書くところから
第一話が始まっていますので依存していたというのは間違いないと思います。
転校前でもクラスメイトにからかわれて何もできず立ち尽くしています。
貴樹以外に親しい友人もいなかったように思います。
一方、貴樹は部活に打ち込み、上級生の女の子とも親しげに話しています。
物語は貴樹が明里への想いを断ち切れずにいる様子が終始描かれていますが、
転向後に至っては逆だったのではないかと思います。
しかし、明里には貴樹に依存してはいられないという強い意思がありました。それは実は作中(小説版)でハッキリ明言されています(これも考察サイトを読めば分かります)
よって、明里からあえて文通を途絶えさせたという可能性もあると思います。

と、文通の終焉についてだけ軽く考察してみました。
私が載せた考察サイトの方が詳しく考察してくれていますが。

zor********さん

2014/1/2120:19:27

明里は結婚しています。貴樹の事は子供の時の思い出しかないのです。
栃木と種子島は遠すぎますよ。
ハッピーエンドもいいかもしれませんが、このような終わり方だからこそ何か切なく心に残ると思います。

kaz********さん

2014/1/2119:00:39

手紙を交換しなくなったのはただ単に疎遠になってしまったからでしょう。
中学生である2人にとって鹿児島(しかも種子島)と栃木の距離は永遠に会えないと思わせるほど遠かったのです。

新海誠監督自身が書いた小説版によると明里も既に貴樹の事は思い出として消化しています。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる