ここから本文です

源泉徴収税額0円の時の医療費控除・確定申告について 会社員です。家族と合わ...

inn********さん

2014/1/2208:05:45

源泉徴収税額0円の時の医療費控除・確定申告について

会社員です。家族と合わせて医療費が35万ほどかかりました。確定申告医療費控除をしに行けば、戻ってくるのでしょうが、年末調整でロー

ン減税を受けました。 そのため、源泉徴収票には

支払金額 5199300
給料所得控除後の金額 3616800
所得控除の額の合計額 2784073
源泉徴収税額 0

社会保険料等の金額 924073
生命保険料の控除額 90000

住宅借入金等特別控除の額 41600

住宅借入金等特別控除可能額301000

の記載があります。

この場合、医療費の控除は受けられないですよね?

確定申告に行く意味はありますか?
申告に行くと住民税が安くなる可能性があると、書いてあるのを見ましたが、
それは本当ですか?どのくらい安くなりますか?

補足住民税の申告はどこですればよいのでしょうか?

閲覧数:
64,647
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

jta********さん

編集あり2014/1/2208:24:57

あなたの場合は、住宅ローン控除で、所得税が全部返ってきます。
そのため、確定申告をしても、還付されるお金は ありません。

でも、住民税にも医療費控除はありますから、
申告自体は無意味ではありません。

あなたの場合は、住民税の申告で、医療費控除をした方がよいでしょう。

医療費控除 と 住宅ローン控除は、控除の順番が違います。

医療費控除の方が先に控除されます。
その結果、住宅ローン控除前の 所得税額が下がります。

住宅ローン控除で 引ききれない額がある人は、住民税から
最大 97500円 の控除があります。

正確には、 97500円 叉は 引ききれなかった額 叉は
住宅ローン控除前の所得税額 のいずれか安い額が限度となります。

住宅ローン控除前の所得税額が一番安い人の場合ですと、
所得税で医療費控除をすると、この額が下がりますので、
所得税で、医療費控除をうけず、

所得税の確定申告はせず。
住民税の申告だけをして 医療費控除をうけるのがよいです。



※ 医療費控除は、高額療養費、保険金、出産一時金などで
補填された分は差し引く必要があります。

補足へ

住民税の申告は、 市役所の 住民税を扱うかかりです。

税務署に言ってくださいといわれるかもしれませんが、
住宅ローン控除があって、住民税だけ申告する方が有利なので
とかいってください。

※ 住宅ローン控除可能額、 住宅ローン控除前の源泉徴収税額などに
よっては、当然 所得税の確定申告をする方が有利な方がいます。
住民税だけ 医療費控除をうけた方がよいのは、限定的な方です。

質問した人からのコメント

2014/1/22 09:05:53

お二方共、ありがとうございました。とても分かりやすく教えて頂けて感謝しています。先に回答して下さった方BAに選ばせていただきます。

「医療費控除 源泉徴収税額0円」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

hak********さん

2014/1/2208:55:22

住民税(都道府県民税・市区町村民税の総称)の申告が必要です。
お住まい(=平成26年1月1日時点での、質問者様の居所)を管轄する、市区町村の役所・役場内にある、市区町村民税の窓口です。

なれた方で、市区町村のホームページから、用紙をダウンロードし、印刷できる市区町村もあります。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる