ここから本文です

合気道について、解答アドバイスを、お願いします。 おはようございます。 よろ...

smk********さん

2014/1/2908:35:09

合気道について、解答アドバイスを、お願いします。
おはようございます。
よろしくお願いします。

1、合気道の師範、先生によって、ぜんぜん合気道のスタイルが違うように感じるのですが、
でも、基本的な、

根本的な、合気道の技の体得のされ方、合気道の技のお考えは、どの合気道の師範、先生も同じなのでしょうか?

例えば、遠藤征四郎先生の合気道のスタイルは、とてもお優しい感じで、なるべく相手に傷を負わせない、感じ。
また、宮本鶴蔵先生の合気道のスタイルは、たまに相手を投げ飛ばされたり、殴られてるような、攻撃的な、感じ。

でも、遠藤征四郎先生と、宮本鶴蔵先生の、基本的な、根本的な部分は、同じ、合気道のお考えなのでしょうか?

2、合気道の技は、植芝盛平先生の時代と、今の時代とでは、進歩、発展という点で、変化してるのでしょうか?

例えば、空手の技は最近、“相手の攻撃をサバク”という技法が取り入れられていると聞きます。
合気道の技にも、最近、進歩、発展という点で、変化している部分が、あるのでしょうか?

ややこしい質問で、どうもすいません。
よろしければ、教えて下さい。
よろしくお願いします。

閲覧数:
2,085
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sdc********さん

2014/1/2912:21:56

1、開祖いわく、技は盗むものだ、しかし2回以上やると技を盗まれる・・これが昔の武道家の考え方でしょう。従って懇切丁寧には教えない。佐川先生は合気を門人に教えずにあの世へいかれたらしい。塩田先生はご子息に伝えられたのだろうが、ご子息は十分に受け止められなかったのか?いずれにしろ、塩田先生も 自得すべき という考え方は強かったと思います。
従って開祖の直弟子は稽古を通して、開祖の技を体で覚え、自分なりの解釈で技をつくらざるを得なかった・・のであれば、一人一流になって当然。人によって技は違ってきます。ただ進化可能であれば行き着く先は開祖の境地かと思います。開祖がそれをどう思われていたかは知りませんが、昔の武道家です。佐川先生のように先生はいつまでも先生であるべきなら、自分を超えるような弟子は作らないのかもしれません。
開祖自身は教授代理の資格で、武田先生から独立された。技を集約されて、独自の考えで合気道をつくられたのなら、門人にも許すのかどうかはわかりませんが。実力さえあれば俺を超えていけ・・コレくらいはあるのだと思います。

2、上記から、2代目、3代目となるわけですが、開祖は、戦後の合気道は2代目に任せた といってらっしゃるようです。自分のは戦前の合気道、今の合気道とはちょっと違う という感情はあったと思います。今の合気道は2代目が作ったのであれば、3代目も含めて開祖の合気道ではないのでしょう。開祖自身、若い頃と晩年は哲学が違うように思います。技の実態は別にして、考え方の相違は技にも反映されます。
合気道の最終形は開祖であるべきだと思いますが・・・合気道家にとって最終形は何なのでしょうか?合気の習得なのか?段?もし開祖を目的とするならば、稽古内容も変わってしかるべきかと。

相手の攻撃をサバク・・即攻撃に移る・・まあこれもあるのでしょうが、捌く閑があるなら攻撃する。受けたらやられる。やられる前にやる。
私は合気道はこうだと思っています。先をとり攻撃自体を潰してしまう。なおかつ相手を傷つけない。これぞ合気道・日本武道です。ココには対立はありません。ただ最初から対立を否定すると、おかしくなる。対立そのものをコントロールすべきで、結果として対立を否定する。このあたりも色々な考え方があると思います。
進歩発展とは、ゴールが必要です。fゴールが何なのかあいまいな中では、簡単には言えません。開祖がゴールならどうでしょう?合気の習得でしょうか?実戦最強・・コレは少なくともないと思います。

質問した人からのコメント

2014/1/29 13:09:20

降参 こんにちは。
どうもありがとうございます。

ぼく、2日前に、人と口喧嘩しました。でも、ぼくから、素直に謝りました。相手を負けにして、相手に恥をかかせては、いけないと思って。ぼく、植芝盛平先生は、神様か、あるいは、本当の人間の姿、だったんだと思います。植芝盛平先生は、世界の不自然な部分を、マシにするために、合気道で、不自然な人間を、本当の人間の姿に戻そうとされたんだと、今の時点では解釈しています。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる