ここから本文です

真空装置を大気開放する際に「リーク、ベント、パージ」という表現があり、これで...

hrk********さん

2014/1/2912:18:16

真空装置を大気開放する際に「リーク、ベント、パージ」という表現があり、これでほぼ間違いなく伝わると思います。

厳密にいって違いは何でしょうか?

補足なるほど!回答ありがとうございます。
しかし仕事で取り扱う真空装置はタッチパネルになっており「リーク、ベント、パージ」の全ての言葉があります。

場合によって違うのですが例えば真空待機状態にしてあり大気開放したい場合は「リーク」を押します。
条件を入力して処理後の状態を選択するときは「真空?ベント?」のような感じです。

なぜか分かりますか?

閲覧数:
9,756
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mon********さん

2014/1/2917:26:37

減圧容器などでは通常リークというのはゆるやかに復圧する場合。
ベントというのはやや急激な大気開放(復圧)。
パージというのは急速(強制)復圧。
のことです。
パージというのは通常(窒素などの)ガスを導入します。
リークとベントは似ていますというか同じといっても間違いとまで言えないですが、
リーク弁とベントバルブはべつになっているのが普通です。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yam********さん

2014/2/209:48:39

>なぜか分かりますか?

こういうのは「方言」という。

勝手に意味を決めて、勝手に使ってるんだね。

JIS規格のように決められているならともかく、自社規格とか、昔からのならわしが入り交じってる。

まあ、JIS規格があっても、「直径100ミリ」のことを「100パイ」とかいう旧石器時代の人がいるうちは、統一されないのが困りものだが・・・

(正式には、マル100)

ko7********さん

2014/1/2912:41:54

リークは漏れるという意味なので
不適切です。

ベント(ベンチレーションの略)は
風通し、換気という意味なので
こちらが適切です。

パージは、浄化、一掃、消去という意味で
最も不適切です。

真空装置の場合、「ベントする」と言いましょう。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる