「我はαにしてΩなり」 これはどういう意味ですか?

哲学、倫理47,505閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

1人が共感しています

ベストアンサー

27

27人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

私も時間に着目しました。 仏教の諸行無常と同じ意味と解釈しました。

お礼日時:2007/7/5 9:21

その他の回答(4件)

3

他の人もいわれているように、キリスト教神学では アルファは最初の文字、オメガは最後の文字ですから、 始まりにして終わり、つまり神はすべてのものであり、 全知全能ということを表していると解釈されています。

3人がナイス!しています

2

始まりをもたらすものであり、そして終わりをもたらすものであるということです。 始まりと終わりを繋ぐ者とも解せるでしょう。

2人がナイス!しています

1

わたしはアルパであり、オメガである。 最初の者であり、最後の者である。  初めであり、終りである。(ヨハネの黙示録22-13) のことかと思います。

1人がナイス!しています

1

アルファ【Α/α/alpha】 1 〈Α・α〉ギリシア語アルファベットの第1字。 2 物事の最初。「―からオメガまで」 オメガ【Ω/ω/omega】 1 〈Ω・ω〉ギリシア語アルファベットの最後の字。 2 物事の最後。最尾。 ↑ Yahoo辞書参照 「我は最初にして最後なり」 全部を知っているってことですかね? (伝説の勇者の伝説ですか?)

1人がナイス!しています