ここから本文です

物部氏のY染色体遺伝型ハプログループはわかりますか?

tuo********さん

2014/2/510:49:21

物部氏のY染色体遺伝型ハプログループはわかりますか?

質問です。

天皇家の遺伝型はD2だと判明しました。日本人の四割は縄文系です。
また、日本人の三割の弥生系も、O2b1aという日本固有の遺伝子です。

大和朝廷が半島由来の征服王朝だという説は完全に遺伝子解析によって否定されつつあるんですよ。
日本人はやっぱり日本人だった。
弥生人も別に半島と遺伝子はつながっていないんですよ。

いや、別に朝鮮人を差別はしませんよ。でも、大和朝廷が日本独自のものだったという科学的真実にそむいてもらってはこまりますね。

弥生人の割合は、

>O2b1a = 彌生人の最大ハプルログル-ム. チォンファングがから発見された事がある. トクシマで 28%, 大阪で 26% 発見されるなど関西で高く現われる. 本人もこれに属する. (日本 23%, 韓国 8%, 中国 0%)

日本人23%、韓国人8%。

日鮮同祖というより、日本主体な傾向があるんだけど。これが遺伝子解析の結果。

で、興味があるのは、物部氏の遺伝子です。
物部氏がD2なら、大和朝廷建国は縄文人によるものだし、
物部氏がO2なら、渡来系弥生人が現地の王を天皇に担ぎ上げて大和朝廷を作ったとなる。
物部氏が、C1あるいはC3なら、やはり、大和朝廷建国は、朝鮮からの渡来した物部氏が現地の王天皇家を担いで打ち立てた国だということになる。
物部氏の遺伝型について情報はありませんかね?

閲覧数:
7,450
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ter********さん

編集あり2014/2/523:40:51

「物部氏のY染色体ハプロタイプ」の情報は今のところ持ち合わせていません。ミトコンドリアDNAは、遺伝様式が単純で、かつ細胞内に多数存在するため、遺伝子配列の決定が簡単であり、古い人骨からも抽出分析が比較的容易であるが、核遺伝子のY染色体は、ミトコンドリアDNAより「桁違いに大きく」、遺伝子配列の決定はミトコンドリアDNAよりはるかに難しいという問題があります。調査は可能ですが、手間がかかるという事です。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1199855746

↓★ここをよく読んで下さい。調査はそれなりの多数の人数分必要です。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1210134338...

【日本3民族 遺伝子上(Y染色体ハプロタイプ)】
-------------------------------------------
【 本土日本人 (%は混血比率)】
・DE系統D亜型D2A(約40~50% YAPあり)
・NO系統O亜型O2B1(約20~30%)
・NO系統O亜型O3(約18~20%)

※ 縄文人:D2Aと推定される
※ 弥生人:O2B1と推定される(O3も含む可能性あり)
その他として数%「C1(日本固有)」「N」「C3」「O2B*」を検出。
-------------------------------------------
-------------------------------------------
【 沖縄県民(琉球民族)(%は混血比率)】
・DE系統D亜型D2A(約50~60% YAPあり)←本土日本人より高い
・NO系統O亜型O2B1(約20%)
・NO系統O亜型O3(約20%)
-------------------------------------------
-------------------------------------------
【 アイヌ民族 (%は混血比率)】←★NO系統無し
・DE系統D亜型D2*(約75~80% YAPあり)←極めて高い
・DE系統D亜型D2A(約 8~10% YAPあり)
・CF系統C亜型C3(約10~15%)←【*注】
【*注】オホーツク沿岸民族と推定される系統が入っている
-------------------------------------------

「本土日本人、沖縄県民(琉球民族)」 と 「中国人(漢民族)、韓国人(韓民族)」とはかなり異なる。
-------------------------------------------
【 中国人(漢民族 %は混血比率)】←★DE系統なし
・CF系統C亜型C3 (約 8%)
・NO系統O亜型O1A(約10%)
・NO系統O亜型O2*(約10%)
・NO系統O亜型O2A(約 5%)
・NO系統O亜型O3 (約54%)←★中国人(漢民族)の主系統
※地方差あり
-------------------------------------------
-------------------------------------------
【 朝鮮人(韓民族 %は混血比率)】←★DE系統なし
・NO系統O亜型O2B*(約30%)
・NO系統O亜型O3(約45%)←★中国人(漢民族)の系統
・CF系統C亜型C3(約12%)

その他として、数%「D1」「O1A」「N」「K」「D2」「O2B1」が検出される。
-------------------------------------------
朝鮮人は、O2B*とC3の混血をベースに、中国人(漢民族)が大量流入したように見えます。「DE系統D亜型D2A」については、韓民族は全く含まれていませんから論外です。「O2B1(弥生人)」と「O2B*(韓民族)」ですが、

------------------------------------------------
・O2B*(O-M176*)→ベトナム、満州族、朝鮮民族(47z突然変異なし)
・O2B1(O-47z)→本土日本人、沖縄人(47z突然変異あり)
------------------------------------------------
「ISOGG Possible time of origin O-47z→7,870 [95% CI 5,720~12,630] years」
「47z突然変異」は約7870年前(最小5720年~最大12630年前 確率95%)に発生。

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,+----------------------------- O2B*
O2B --------+
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,+---★------------------------ O2B1
,,,,,,,,,,,,,,,,,, O-47z発生
,,,,,,,,,,,, (5720~12630年前)

満州族、朝鮮民族、ベトナム民族等のO2B*と、弥生人のO2B1は、約7870年前に完全に別れ、その後、何ら接触がなかったという事です。もちろん、弥生人は朝鮮半島を経由したのかもしれませんし、あるいは中国から直接来たのかもしれません。しかし、経由でも痕跡くらいは残っているはずですが、中国東北部から「O2B1」が検出されない為、弥生人は中国本土から直接渡来した可能性があります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E6%B0%91%E6%97%8F#....
http://www1.parkcity.ne.jp/garapagos/1-2.htm

「Y染色体ハプロタイプ」から「日本民族」の系統を、おおよそでまとめてみると、以下の通りとなります。

私たち、現世人類(ホモサピエンス)は、東アフリカの熱帯で誕生(約20万年前)し、約14万年間はそこで暮らしていました。いわば熱帯産まれの熱帯育ちです。そこで、部族間で顔かたちがある程度異なるような多様化をしていたと思われます。 今から70000年~75000年前、インドネシアのスマトラ島にある「トバ火山」で、極めて大きな大噴火が発生し、噴煙が地球を覆って、地球規模の大寒冷化を引き起こしました。アフリカも、深刻な寒冷化、大干ばつが発生し、サピエンスを襲いました。 しかし、これをきっかけとして、今から約6万年前(もう少し早かったのではという説もありますが)に、生まれ故郷であるアフリカの熱帯を後にして、東へ向かったサピエンスが現れました。それが今、アフリカ以外の世界中に広まり、私達の元となった「CF系統」「DE系統」の民族です。(出アフリカを6万年前として以下にまとめてみます)
--------------------------------
・AとBはアフリカに留まりました。
・CF系統から、約70000年前(アフリカ内で)に、Cが産まれました(CF系統C)
・CF系統から、約45000年前(インドあたりで)に、Fが産まれました(CF系統F)
・DE系統から、約68000年前(アフリカ内で)に、Dが産まれました(DE系統D)
・DE系統から、約55000年前(中東あたりで)に、Eが産まれました(DE系統E)
--------------------------------
・CF系統C →後のモンゴル人です(その他の民族もあります)。
・CF系統F →後のヨーロッパ民族(白人)、東南アジア、中国人、朝鮮人、そして「弥生人」です。
・DE系統D →後のチベット人、そして「縄文人」です。
・DE系統E →後に中東、地中海沿岸、アフリカに広まった民族です。
--------------------------------
「DE系統DE」と「DE系統D」は、アフリカを出て東へ向かいましたが、中東付近で「DE系統DE」は留まりました。しかし、「D」は更に、東へと向かい、途中、インド洋のアンダマン諸島に一部を残して、更に東へと向かい、今から4~5万年前に初めて東アジアに到達しました。東アジアに到達した「D」は、今から3万8千年前に、2つに分かれ、その一方は、日本列島に向かって、今の日本人(大和民族)、アイヌ民族、琉球民族の3民族の元となった民族(D2、すなわち縄文人)となりました。そしてもう一方は、チベット、ブータンに至った民族(D1とD3)となります。さて、中東付近に留まった「DE系統DE」は、こちらも2つに分かれ、新たに産まれた「DE系統E」は中東、アフリカ、ヨーロッパ地中海沿岸(ギリシャ、イタリア、エジプト、その他)へと向かいました。しかし、2つの系統「D」と「E」を産み出した「DE系統DE」は、その後、地球上から消えてしまいます。
★日本人と「チベット民族、そして中東、地中海沿岸民族」とは近縁であるというのは、こういった経緯があるからです。そして、日本列島では、しばらくの間(1万年~2万6千年間)、縄文人(D2)だけの世界が続きます。
「wikipedia」を参照して下さい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E...
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%88%E...
【DE系統E亜型E1b1b】
http://www.eupedia.com/europe/Haplogroup_E1b1b_Y-DNA.shtml

--------------------------------
さて次に、やはり6万年前にアフリカを出て東へ向かった、別の系統「CF系統F」です。「CF系統CF」から「CF系統F」が誕生し、中央アジア(インド付近)に留まります。その後、幾たびかの変遷を経て、東アジアで一般的な「NO系統O」の民族が誕生します。2万年~2万5千年前に「O3」が誕生し、今の中国人(漢民族)となります。また「O2B」も誕生しますが、こちらは今から約7870年前に、2つに分かれ、その一方は、ベトナム人、満州族、韓国人(韓民族)の「O2B*」、もう一方は「弥生人」の「O2B1」となります。 「O2B1」に「O3」も加わって、有史以前の、今から3千年~4千年前に日本列島に渡来しました(有史以降の渡来は少数です)。日本列島へ「弥生人(02B1とO3)」が渡来した後、「縄文人(D2)」との混血として今の日本人(大和民族)と琉球民族が誕生します。しかし、アイヌ民族は、弥生人と混血する事はありませんでした。
http://www.soken.ac.jp/news/5276/

JAPAN DNA Project
http://www.familytreedna.com/public/japan/default.x?section=yresult...

ISOGG(遺伝的系譜国際学会)
http://www.isogg.org/tree/
http://www.isogg.org/tree/ISOGG_HapgrpD.html
http://www.isogg.org/tree/ISOGG_HapgrpO.html

質問した人からのコメント

2014/2/6 14:04:05

降参 物部氏の遺伝型がまだわからないというなら充分です。天皇家の遺伝型については、ウィキ「有名人のハプログループ」で瓊瓊杵尊はD2であると書かれています。まあ、この質問はウィキ「日本j人」を発見する前にしたものですから。物部氏の遺伝型がわからないのなら充分です。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

red********さん

編集あり2014/2/607:21:08

ええと、まず言葉をもっと正しく使ってほしいんですが。

>Y染色体遺伝型ハプログループ

こんな言葉はねえっす。Y染色体DNAハプロタイプ(グループ)です。
遺伝型なんてワケのわからない話もありません。遺伝子とDNAの区別はついていますか?
Y染色体と常染色体の区別はついていますか?
遺伝子の意味はわかっていますか?
科学云々以前に、基礎について見直さないと、回答が難しくて困ります。

>天皇家の遺伝型はD2だと判明しました。

初耳ですが、それを調べるには皇族男子のY染色体を解析するか、陵墓に納められた遺体のY染色体を解析するしかありません。そんな不遜なことが許されるとは、到底考えられないのですが、どこかでニュースになっているのでしょうか?

と、それから「遺伝型」なんてわけのわからないものはありません。Y染色体ハプロタイプというのは、Y染色体のDNA多型、DNA上の無意味な部分にできた変異をマーカーとしてアルファベットのナンバーを振ったもので、あえていうなら鳥の足に環をつけて放つのと概念的には近いものです。血液型のようにDANのタイプを示すものじゃありません。
Y染色体のように親から引き継がれるものでも微細な変異は積み重なりますので、こうした変異の中から集団の中に比較的多数みたれるものを選んでマーカーにしているだけです。ハプロタイプはマーカーを持っているか否かというだけの話で、固有もへったくれもありません。
集団が二つに分かれたあとに、それぞれ微細な変異が生じ、それをマーカーにした場合は別のナンバーが振られますが、それは「無関係」じゃなくて、「二つに分かれた」だけの話です。あなたが「無関係」とか書いているナンバーの意味を知っていますか?

>物部氏の遺伝型について情報はありませんかね?

物部氏のY染色体DNAマーカーを調べるのは、物部氏の古墳から遺体を回収して調査するしかありませんが、現状では古墳の発掘にはいろいろと問題がありすぎて現実的ではありません。
また、調べても無駄です。
Y染色体は男系でしか継承されませんが、古代の日本では通い婚に見られるように、女系継承が普通に行われていたので、Y染色体からは何もわかりません。

それと、いちおう書いておきますが、Y染色体ハプロタイプというのは、あくまで「Y染色体」のマーカーです。
意味がわかっているといいのですが、Y染色体は男性を決定する以外に、意味のある遺伝子はほとんど含まれていません。意味のある遺伝子のほとんどは常染色体にあって、こちらは「混ざり」ます。
両親から引き継ぐんですから。

このハプロタイプの話は、DNA上の変異を鳥の足につけた環のようにマーカーにして、どこにどういうマーカーを持った人がどれくらいいるかを調べることで、人類の移動経路を探るという研究に使われています。
遺伝子を血液型のように分類するためのものじゃありません。個人のハプロタイプがなんであるかを調べることにも意味がありません。あくまで「集団」における比率を調べることに意味があるだけです。
妙なナショナリズムに学術的成果を利用するのはやめましょう。

こうした研究の結果、アフリカの人類集団には出アフリカの後に出戻りした集団がいることがわかっていて、見た目は完全に黒人でありながら、大分類ハプロタイプではヨーロッパ人と共通している集団というのも見つかっています。人間は「人種」なんて概念で集団を区別したがりますが、DNAから見れば、黒人とか白人とかいった区別さえたいした意味はないんです。
そういうものなんですよ。

上の人

いった、何度、デタラメを並べるのはやめたらどうだと言ったら理解できるのでしょうか?
あなた、他人を騙すのがそんなに楽しいのですか?

>調査は可能ですが、手間がかかるという事です。

・・・Y染色体DNAハプロタイプは、技術の進歩で調査が容易になっています。誰でも調べることができます。
物部氏のY染色体を調べるのは「手間がかかる」という問題じゃありません。物部氏の遺体が必要なだけです。
遺体なしでどうやって調べるのか、その方法があるなら説明してみたらどうですか?
あまりに画期的過ぎて遺伝学者が大喜びしますから。

それと、古代日本では家の女系継承が行われていたので「Y染色体は氏族に継承されません」
同じ物部氏でもY染色体ハプロタイプは種々雑多になります。だから意味が無い。

あのさ、Y染色体がなんだか理解していますか?
人数が必要?それは「集団内の比率」を調べるのが目的だからですよ。もともと個人や特定の家系について調べるためのものじゃないんですから。
まずは基礎の基礎からちゃんと学びなさいな。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる