ここから本文です

発達障害の息子。(長文です。) 私には、発達障害の息子(今年4月から年長)が居ま...

mwd********さん

2014/2/613:10:44

発達障害の息子。(長文です。)

私には、発達障害の息子(今年4月から年長)が居ます。

発達障害の診断を受けたのは、先日です。

息子の特徴
・指先が不器用(鉛筆を持つ際、手が浮いてい

る。例えたら、常に習字を書く感じです。)
・自分のマニュアルから外れた、予定外の事が起こるとパニックになる。
・花火の音が嫌い
・得意な事はものすごい勢いで、記憶する。(今は、キョウリュウジャーの影響で、恐竜とこびとづかん)不得意な事はまるでダメ。

普通小学校は行けます。(修学前相談を利用する前提ですが)


1つ上の娘が、ピアノを習いだした時、息子もやりたい(当時は、発達障害で息子が指先が不器用とは、知りませんでした。)と言い出したので、習い始めました。

発達障害の専門家に、ピアノは向いてないと、遠回しに言われました。

今は、保育園の先生に以前から『○○くん(息子)は、いつダンス習わすの?ダンス大好きだよ。』と言われていた、ダンスを習い始めました。
息子に、ピアノもやりたいかと、尋ねたら「俺は、ダンスがやりたいんだ。ピアノはやりたくない」と言ったので、辞めました。

専門家の先生は、専門家の元で、テスト(?)を行いましたが、集中力が持たずなかなか終わらなかった(通常は2回で終わるテストが3回行きました)けど、嫌がらず来て最後までやりきってくれたので、根性はあると言ってくださいました。
ピアノも、約8カ月嫌がる事も無く真面目に、通いました。
ダンスはピアノより、はまったみたいで、レッスン日を楽しみにしてます。
ダンスの曲も、ヒップホップなので、花火以上の重低音で初めて聞いた時は、耳をふさぎ、ビビっていましたが、すぐ耳から手を放し踊りだしました。

日頃、不器用からかジャンパーのチャックを苦労しています。
私は、手を出さず見守っていましたが、いつも出来ないイライラから、息子はキレたりしていました。

でも、先日チャックの服を出し自分で着ていました。
また、キレるかと思ったら両手でチャックの元を持ち、チャックのフックを歯で噛んで上手く上げていました。

そんな息子を見て、努力しているんだなぁ~と、感心した矢先涙が溢れました。
息子にごめんね…
と…
ちゃんと産んであげれなくて…
これから、どんどん色んな事を経験しないといけない…
躓く事も絶対ある…
不器用で、不自由な息子に申し訳なくて…

補足文字数が、オーバーしました。

そこで、質問です。
発達障害のお子様を持つ先輩お母さん、お父さん、これから私が息子にしてやれる事はあるのでしょうか…
また、気を付けた方がいい事など、なんでもいいので、アドバイスをお願いいたします。

最後に、長文を読んで頂きありがとうございました。
初めての投稿で、読みにくいかもしれませが、ご了承ください。

閲覧数:
6,692
回答数:
7
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kol********さん

編集あり2014/2/823:44:47

私自身発達障害、子供も同様の者です。私の場合、大人になってから自分で気付いた事で、診断を受けてはないですが明らかです。子供も、グレーゾーンという感じです。知的障害はなく、個性の範囲内という感じでしょうか。質問者様のお子様も、普通小学校へ行けるとの事で、同じようなタイプだと思いますのでそのつもりで書かせて頂きます。

結論から申し上げますと、先手先手で環境を整える(幼稚園や小学校などなるべく小さい頃から)・小さな失敗と小さな成功を繰り返し、成功した時に褒めるを繰り返す・できれば兄弟がいたほうがいい(これはお姉さんがいらっしゃるのでいいですね)、大きな事で言えばこんな所でしょうか。

字については、繰り返し書かせて、年単位で考えて直ればいいと思います。パニックになった時も、こんな時はどうしたらいいかを繰り返し教えてあげましょう。花火の音が嫌い、というのも敏感なのではないでしょうか?砂とかもあまり好きではないのでは?嫌いな事をあえて好きにさせようと無理させて、親子関係悪化させる必要もないので、花火は遠くから見ようという事にすれば問題ないと思います。私も花火の音が嫌なので近くで見るのは好きではないですが、生活に支障はないですよ。

得意な事の記憶力がものすごい、というのは是非伸ばしてあげて下さい。実際、医者になるような人や天才も、このタイプが多いんですよ。発達障害の子は興味が極端です。ゼロか100かのような。ゼロだと困る事に関しては、少しでもできるようになればいいくらいに考えて、得意な事をどんどん伸ばすべきです。色々な事に触れさせてあげましょう。興味を持ったらとことん付き合いましょう。とんでもない才能が眠っているかもしれません。

ここからは私の経験を交えての話になりますが、私は小1から壮絶ないじめに合って、先生からも空き教室に閉じ込められたりして、ズタズタな学校生活でした。親は、どんな理由があろうと学校を休むなんて理解しない人なので、1人で抱え込んで耐えて生きてきました。いじめ発覚後も休む事は許されず、毎日学校へ行っていました。自分でも他の子とはなんか違う、私は変わっていると感じていました。しかし知的障害はないので、その時代は発達障害なんて一般的に知られてなかったですし結果的に放置でした。

発達障害の子は、何かと周りから浮いてしまうので、おとなしいタイプならいじめの標的になります。コミュニケーション能力が非常に乏しいので、兄弟でもいれば毎日が訓練みたいなものですからいいのですが、一人っ子なら口数が足らなさすぎてうまく人間関係が築けません。指先が不器用というだけで、人とは違う事を馬鹿にして心無い罵声を浴びせる子供もいますので、言い返せない子の場合は本当に細心の注意が必要だと思います。毎日毎日、ちょっとした事でも馬鹿にされて笑われる、ちょっとした事なんだけどみんなとは違うから笑われる、本当に辛い。その積み重ねが、やがて大きないじめへと発展する。その可能性は大きい。これは私の実体験からの感想です。

学校は、いじめが本格化するのは小学校からですから、まず小学校はどこへ行くかよく考えた方がいいでしょう。公立小学校を悪く言う訳ではありませんが、公立は様々な家庭の子が通っています。複雑な家庭で不満を抱えた子もいます。そのような子は総じていじめ加害者になる事が多く、できるだけそういう複雑な子がいない環境を選ぶ必要もあると思います。先生方も、国立や私立と比べるとやる気のない人もいます。生活のために働いてる、というような。気持ちは分からなくもないですが、教育者には向いてない人も正直いますよね。もちろん、良い公立もありますが、たまたま担任になった先生やクラスメイトが悪かった時、一生キズに残るような体験をする可能性があるので…

そういう人がなるべく少なそうな所を、親がしっかり選びレールを敷く必要があると思います。普通の子なら、嫌な事は言い返したり、大人に報告したりするのですが、発達障害の子は抱え込みます。言い返せない、でも親を悲しませたくない、自分さえ我慢していればいい、そう思ってしまいます。気付いた時には身も心もボロボロ。

実際私もそうでした。うちは裕福な方だったので、それをねたんだ者達がいじめ加害者でした。物がなくなるなんて当たり前、学校に着いたらまず上履き探しから始まる、椅子が隠される、机の上は落書きだらけ、階段から突き落とされる…先生も気付いているのに知らんふり…そんな経験があったので、子供には小学校受験させました。勉強は二の次です、とにかく環境を整えたかったからです。私が通っていた学校にいたような、複雑な家庭の子もおらず、みんな目標に向かって頑張る子達ばかりで、先生方も教育熱心な方ばかり。できない事を馬鹿にするのではなく、みんなで応援しよう、教えてあげよう、そんな教育方針で先生方は日々声をかけているようで、本当に有り難いです。受験させて良かったと思っています。

発達障害の子供は、環境に流されやすい、キズつきやすく、過去の嫌な思い出がいつまでも忘れられない、繊細な心の持ち主です。失敗は成功の元ではなく、失敗は失敗の元というタイプです。親がどう持っていくかが大切です。

あと、間違っても「発達障害でさえなければ…少しでも良く、治りますように…」なんて言ってはいけません。今後、他の子と比べて明らかに見劣りする事があるかもしれませんが、それだけは絶対に言わないで下さい。お姉さんがいるようなので大丈夫かとは思いますが、一人っ子の場合は比べる子が他人なので、隣の芝生は青く見えて、つい言ってしまう人もいますので。それは、本人にしてみたら、顔だけ自分で全く別人と入れ替わってほしいと聞こえます。つまり、自分は愛されてない、嫌われていると捉えます。発達障害という殻の中に普通の人間が入っている訳ではないんです、発達障害そのものが自分であり人格なんです。治りません。ハッキリ言って、一生、変わった人というのは変わりません。そこは決して否定してはいけません。

不器用な所を理解し、見守り、全てを個性ととらえて本人なりの成長を見て子育てして下さいね。あと、質問者様はご自身を責められているようですが、それは間違いですよ。誰が悪い、何が悪いなんて、ないんです。子供にしてみれば、お母さんが自分が不甲斐ないせいで自身を責めている、こんな悲しい事はないでしょう。産まれてこなければよかった、自分のせいでお母さんを不幸にしてしまった、と子供自身も自分を責めるようになりますよ。そのような状況で育った場合、自尊心が低く自己肯定感の乏しい子になってしまいます。つまり、引きこもり、自殺未遂、鬱、非行、犯罪、など、二次的な問題に発展していくという事です。

私とよく似ていて同じようにいじめられていた同級生は、中学生の頃に突然金髪になったかと思えば非行に走り、学校にいつしか来なくなり、自殺しました。今から思えば、誰にも認めてもらえなくて存在価値も分からなくなり、非行という方法で彼女なりに自分探しをしていたんだろうと思います。方向性が間違っているとは思いますが、自尊心が相当低くなっていたんでしょう…残り僅かになっている自己肯定を守るため、最後の手段で荒れてしまうのは分かる気がします。小さな苦悩が積み重なって、自尊心・自己肯定感は低下の一方で、もうこれ以上下がらない所まできた時に、ある時いつものような苦悩の出来事がキッカケでプッツン、大爆発が起こったんだと思います。

実際に口にしなくても、子供は態度で感じます。自分を責めるのはやめて、この子が産まれてくれて本当に良かった、この子がいるから幸せだという気持ちで過ごしてほしいです。

質問した人からのコメント

2014/2/9 09:02:47

たくさんのご回答ありがとうございます。

私の母親は『天才を産んでくれてありがとう。将来楽しみだわ』と、笑顔で言ってくれました。

私も、そう考えて行きたいです。

不得意を得意にしたいとは、考えていませんので、ゆっくり息子のペースで育てて行きます。

本当に、たくさんのご回答感謝します。
そして、産まれてきてくれた息子にも。

また、質問を立てたのでお時間がありましたら、アドバイスをお願いいたします。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

coc********さん

2014/2/809:33:55

まず、思ったのが質問者様は どんな風に育てていかれたいのでしょうか。

息子さんは苦手なことでも自分で方法を見つけて前に向かって進んでいます。

おかあさんは、精一杯 理解してフォローしてあげればいいのではないでしょうか。

ファスナーが苦手なら一緒に練習をする、どういう やり方ならストレスなく着れるのか一緒に研究してはいかがですか。

習い事も、どういう目的なんでしょうか。
私は下手でも本人が好きで楽しんでいるなら良いと思います。
ピアノを弾くって言っても、そこには色々な経験ができます。親以外の人と関わること、同じ曲を練習すること才能があれば文句なしですけど相性の良い先生 本人が楽しんでいるなら継続すべきだと思います。

うちも療育に、通い始めて 私も知識がなかったんですが、発達が専門の有名な先生の講演会に行ったり勉強会に参加したりしていくうちに考え方が180度変わりました。
みんな手探りで悩んでいると思います。
1番ダメなのは、なにもしないことです。
どうすれば、皆と一緒に過ごしやすく困難があっても乗り越えられるのか一緒に考えてほしいなと思いました。

mgw********さん

2014/2/707:50:57

うちの息子も発達障害で、現在公立小学校の支援級に通っている2年生です。

身体を動かすことが好きで、根性が有るなど、長所も色々有って良いですよね!

私が息子さんの為にお勧めしたいのはトランポリンです。
トランポリンは感覚統合の訓練になると聞いた事が有ります。
もう1つはレゴ。これは既に取り組んでいらっしゃるかも知れませんね。
レゴは指先の訓練にもなるし、クリエイティブな発想が付くので良いですよね。
鉛筆を持つ力の弱いお子さんなら、鉄棒やウンテイもお勧めですよ。

それから、質問主さんには辛いお話しかもしれませんが、小学校に入学すると、定型発達のお子さんとの差をひしひしと感じる場面が沢山出てくるでしょう。
これまでは小さかった差が、どんどん広がっていくのです。
「もうダメだ。限界だ」と感じてから支援級に移るか、
最初から支援級を選択するか迷いどころです。

息子のクラス(支援級)には、小2から支援級に移った子、小3から移った子なども居ます。
それぞれ学力面・クラス内でのコミュニケーション面で辛い体験をし、支援級に移る決心をしたとのことです。

また、小4まで普通級で無理させてから不登校気味になっているお子さんは
小5という多感な時期に支援級に移る事に抵抗感を持ち、普通級にも行けない・支援級にも抵抗有るという、かなり辛い立場に置かれているそうです。

それから中学から支援級に入ったお子さんも知っていますが、中学に入ると直ぐに中学卒業後の事について検討していかねばならず、今まで割りとノンビリ構えて居ただけに
「うちの子高校、行けるの?
えっ、公立は無理?」
「えっ?就職?どうしたらいいの?」と、急にバタバタしているそうです。

発達障害の有る子は、定型発達のお子さんよりも更に早めに将来の事を考えてやらねばなりません。
学力をどこまで伸ばせるか、
職業訓練的な観点から、どんな指導が望ましいか。
子供の将来の仕事に役立つのは、学歴なのか職業訓練なのか、など。
少しずつお子さんの特性を踏まえて、長いスパンで長所を伸ばして将来に繋げてあげて下さい。

mom********さん

2014/2/623:13:24

以前、子供の成長や育児に悩んで、専門家に相談した際、

子供を可哀想と思わないこと

と言われました。

お母さんの気持ちは必ず伝わるよ、僕は可哀想な子供なんだと感じるよ。

短所は後でいいから、長所を伸ばしてやりなさい。

そう言われました。

私の子供は障害はありませんが、他の子より出来ないこと、沢山あります。

でも、心はとても良い子です。

何か熱中できるものを見つけて、自信を持って生きていけるようにしてやりたいです。

 さん

2014/2/616:06:20

自閉症の息子を育てている者です。

まずは、ちゃんと産んであげられなくて…と思うのをやめてみませんか。
お子さんは、ちゃんと生まれてきています。ちゃんとが『健常児』を意味するのなら、そんなのは大人たちが勝手に決めたことです。

今すぐにとは言いません。障害がわかってから、受容できるまで時間がかかるのは当然のことです。私も時間をかけて受容していきました。時間をかけてありのままの息子を認められるようになり、今では、確かに苦手は多いけど、彼の人生は実に楽しそうだ、自閉症も悪くない、と思えるまでになりました。

>息子にしてあげられることはあるのでしょうか。
息子さんにしてあげられることはなんだろうかと、日々考えて実行していくことです。
療育を受けることも大事ですが、日々の生活すべてが療育です。

あることを教えたいとします。
健常児ならば、1教えたら10学ぶこともあるでしょう。
発達障害を持っていると、噛み砕いて10教えても、1学び取れるか微妙…ということもあります。
親としては落ち込みます。でも、そこで諦めないことです。一つの教え方で学び取れないならば、教え方を変えて行きます。
毎日が、研究みたいな感じです。

お子さんの心の声を聞いてください。
無理強いはせず、お子さんが楽しいと思う方法ですべてを教えて行きます。

人生は楽しくないといけません。発達障害を持っていて、苦手が多いのなら、意識的に楽しい人生を提供してあげないと、嫌なことだらけになってしまいます。

楽しいことをしながら、ついでに学べることを探していく、そんな感じでいると、親御さんも精神的にラクですし、お子さんも楽しいと思います。学ぶことが先にきてしまうと、だいたい楽しくないのです。

できて当たり前のことは一つもないと思ってください。どんな小さなことでも初めてできたことは大袈裟なくらいに喜んで、誉めてください。成功体験を積んでいくことで、自信がつき、次への力になっていきます。

一つ苦手を克服すると、不思議と全く関係ないと思われるような分野が同時に伸びていくことがあります。
日々、コツコツ積み上げたことが、形になって現れるのは、まだ先かもしれません。
でも、諦めずに、コツコツ積み上げたものは、絶対に無駄にはなりません。
結果をすぐに求めないでください。気長に続けてください。

そして、人と比べないでください。
お子さんにはお子さんの成長のペースがあります。得意なことを伸ばしてあげてください。苦手なことは時には片目をつぶってあげることも必要です。

最後に一つ…お子さんが生まれてきた日に思ったことを思い出してください。
生まれてきた日に、ちゃんと産んであげられなくてごめんね…とは思わなかったですよね。その日の思いを、これからも忘れないで思い続けてください。障害を持っていても、思いは、お子さんに伝わります。愛されて育った子は幸せです。

com********さん

2014/2/613:58:13

発達障害の年中の男の子がいます。主様宅と同い年ですね。(長文です)

うちは、軽度の知的障害もありました。3歳児健診でそう判定されてから、2年間死に物狂いで改善に努めて来ました。

そして昨年12月、療育手帳の更新手続きの為に受けた知能検査で、IQ95と判定されました。療育手帳の適用範囲から外れ、ほぼ普通児になったということです。

うちも、普通小学校の普通級か支援級かのボーダーライン、というところです。就学相談も受ける予定です。が、うちは何が何でも普通級のレベルに押し上げてみせる、とそれを目標に頑張っています。
主様も実感しておられるとおり、障害があっても改善するんです。普通の子よりゆっくりとではありますが、放っておいてもいくらかは改善するんです。

ファスナーも、うちは何度も手を取って教え、今では1人で閉められるようになりました。
>歯で噛んで上手く上げていました
微笑ましいじゃないですか!

私も障害が分かった当初は原因ばかりを探り、自分を責めていました。が、涙を流したのは判定を受けた当日だけ。次の日からは改善の為の方法を探して、あちこち駆けずり回った感じです。

原因を探したり、落ち込んだり、障害が大幅に改善した今では、無意味なことをしていたな~と思いました。そんなエネルギーや時間があれば、改善の為に使うべきです。就学まであと1年間しかないんですよ!

うちは、知的な部分はほぼ普通児並みになりましたが、発達障害児特有の「保育園のイベントなどが苦手」「集団行動が苦手」「手先が不器用」(息子さんと同じですね)などがあるので、それらを改善して行こうと思っています。

放っておいてもある程度は障害は改善しますが、早く改善した方がいいですよね。その為に主様がしてあげられること、いっぱいありますよ。まず、息子さんを褒めてあげること。どんな小さなことでもいいです。「〇〇が出来てカッコいいね~!」など。そうして自信を付けさせてあげると、人前やいつもと違う環境でも、取り乱さなくなります。

あと、決してキツく叱らないこと。「そんなことしたら赤ちゃんみたいよね~」や「あれれ、おかしいな~!」など、やんわりと注意することです。キツく叱ってもスネるだけで、余計にしなくなってしまいます。ストレスやプレッシャーを与えるのが、一番良くないそうです。

あと、お住まいの自治体が運営する療育園はありませんか?私はこれの短時間通園(週1回1時間)に通っています。体を動かしたり指先を使うプログラムや、絵本の読み聞かせ、みんなの前で自分の名前や好きなものを言ったりというプログラムもあります。

もうすぐ年度末、4月からは新しくグループが組み直されるので、入りやすいと思います。

あと、「エジソン・アインシュタインスクール協会」で検索してみてください。うちはこれを受講し、2年間でIQが30近く伸びました。受講せずとも、鈴木先生の本を取り寄せて自分なりに実践してみられるだけでも、十分効果は感じられるはずです。

就学まであと1年、お互いに1年後に笑って普通級へ入学出来るよう、頑張りましょう!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる