ここから本文です

幻の三冠馬の三冠達成の可能性について質問です。トウカイテイオー、フジキセキ、...

sak********さん

2007/7/522:54:23

幻の三冠馬の三冠達成の可能性について質問です。トウカイテイオー、フジキセキ、アグネスタキオンなど「幻の三冠馬」とか騒がれましたが実のところはどうでしょう?

私は菊花賞でフジキセキがトップガンに勝てたと思えませんし、タキオンがマンハッタンに勝てたとは思えません。これは産駒が中距離兼マイラーが多いことからそう思うからです。

皆さんはどーおもうでしょうか?皆さんの幻の三冠馬の三冠達成率はどれくらいでしょうか?

補足上記にないサニブーなどの馬でも結構です。

閲覧数:
1,574
回答数:
7
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

eok********さん

2007/7/523:44:16

・同世代の他馬との力関係から、トウカイテイオーは70%(決して3000mが適してるとは思えませんが)
・距離適正と気性的な面でフジキセキが最も低くて10%。ダービーさえも危険なような気がします。
・絶対的な能力でアグネスタキオンが最も高くて80%。距離適正の低さを凌駕して、力で菊でもマンハッタンを打ち負かすとみます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nor********さん

2007/7/612:15:53

産駒がどう出るかというのはあまり関係ないような?サッカーボーイのような例もありますし・・・
サンデーサイレンス×ダンシングキイにしてもダンスパートナー・ダンスインザダークの長めの距離適性に対し
全妹のダンスインザムードはマイラー、能力的には万能、あとは気性の問題でしょう。

トウカイテイオーは復帰後淀の3200で失速してはいますがマックイーンに消耗戦のスタミナ勝負に持ち込まれてのもので
同年齢の菊ならペース的にこなせたはずで7~80%はあったと思います。
フジキセキ、アグネスタキオンに関して特にフジキセキは2歳暮れ~3歳春完成度が高すぎて早熟っぽく成長力に疑問がありますが
当時のサンデー産駒にしては珍しく折り合いがつく馬だったのでワセでなければ期待はできたでしょう、
逆に言えばトップガンは当時から決め手に欠き勝ちきれないレースが続いていましたから3000でも折り合いが付き
マイル~2000の決め手を持つ馬に差される可能性はありました。
ここ数年菊花賞で33秒台の脚を使う馬が出てきて(いずれもサンデー系ですが)逆に「中距離兼マイラー」の決め手が必要で
折り合い自在で瞬発力に特化した馬が有利でここが天皇賞とは違う部分かと思っています。
マンハッタンはスタミナ豊富でも上がり34秒を切ることは難しくダンスインザダークや母父サンデーのソングオブウインドのような
強烈な決め手に屈する可能性は高いと思われその点でフジキセキ、タキオンも50%はあるのではと思います。
1頭の有力馬が出ると出ないとでは流れガ変ってきますので実際どうなるのかは興味深いところですが・・・
実際のところ全くわかりません。

nao********さん

2007/7/610:23:07

こんにちは。私は競馬に詳しくないのですが、友達が

連勝しているようで何かあるなとおもったんですよ。

そしたら攻略法だと言うんです。最初は信じれませんでしたが、

馬券の買い方すら分からない私が言われたとおりにするだけで

月収並みに勝てたんですよ。今でも競馬は良く分かりませんが

生活のためにやってます。実践すれば必ず勝てるので新聞

眺めてないで一度試してみてはいかがですか?

http://z.la/cqfm0

kin********さん

2007/7/601:24:07

どの馬にも十分チャンスはあったのではないかと思いますが、トウカイテイオーは無事ならばかなり高い確率で三冠を達成していたかもしれないと思います。
古馬になってからも活躍しましたし、菊花賞で新興勢力が活躍したというわけでもなかったので、順当に行けばレオダーバンより前でゴール板を駆け抜けていたのではないでしょうか。
フジキセキは距離が未知数ですが、やはり延びれば不安になる血統背景ではあると思います。春の二冠は制することができたのではないでしょうか。3000mとなると、マヤノトップガンとは能力云々ではなくて、適性の差が大きように思います。
アグネスタキオンは、皐月賞までの走りを見ると、その能力は疑いようはないと思います。ただ、この世代はライバルも強力ですので、日本ダービーで“府中の鬼”ジャングルポケットに先着できるかは際どい勝負だったでしょうし、菊花賞においては、近年最高のステイヤーといえるマンハッタンカフェが待ち構えています。アグネスタキオンが無事であったとしてもそれぞれのレースの勝ち馬は変わらなかったのではないかと思いますが、レースそのものはさらにハイレベルになったのではないでしょうか。
それから、サニーブライアンを挙げられていた方がいました。その菊花賞、マチカネフクキタルが33秒9の鬼脚で差しきったレースでしたが、強力な先行馬が不在でしたし、勝ち時計から見ても、サニーブライアンの出走が叶っていれば、ここも逃げ切っての三冠奪取という場面は十分あったと思います。

nk4********さん

2007/7/601:02:40

いろいろ見解もあろうかと思いますが
テイオーやフジキセキ、そしてタキオン。
全てに三冠達成の可能性はあったと考えます。

競馬は血統だけでは語れないモノがあるのでは・・・
ミホノブルボンがいい例ではないでしょうかね。

shi********さん

2007/7/523:46:57

ダービーまでは優勝出来ても菊花賞は勝てたかナゾです。

名前があがりませんでしたが、サニーブライアンが菊花賞に出れたらどうでしたかねぇ

あの世代は強い馬が少なかったから

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる