ここから本文です

自動車保険の保険金(自分が加害者で怪我をした場合の補償)について、教えてくだ...

byouki1238さん

2014/2/2100:26:32

自動車保険の保険金(自分が加害者で怪我をした場合の補償)について、教えてください。

自動車保険の更新を考えておりますが、不払いの件がニュースに出るなどで、不安に感じている者です。

かれこれ、11年前に交通事故(人身事故)を起こしました。
その歳、相手(被害者)の怪我に対する補償と、車両保険の補償は、保険会社に支払ってもらったことをはっきりと覚えています。

しかし、自分は、交通事故の直後、救急車で病院に運ばれ、数時間、入院しました。
大した怪我ではありませんでしたが、その時、病院に支払った治療費が、17万円です。
なぜ、こんなに高いのかと言うと、保険が効かないからとの事でした。
そして、翌日、仕事を休みました。

ただ、治療費の17万円と、翌日に仕事を休んだことに対して、保険金が支払われたという記憶がありません。
もし、支払われたとしても、記憶に残らない金額(5000円程度)だと思います。

当時、事故を起こしたのは私ですし、自業自得だと思って、なんとなく納得していました。


今日、その会社から、自動車保険更新の案内が届きました。

改めて書類を読んでみると、交通事故によって生じた損失を補償するというような事が書かれていました。
休業補償の事も書かれていました。

しかし、11年前に事故を起こした時、その件に関して、何の連絡もありませんでした・・・。


まぁ、自動車保険て、そういうものなんでしょうか?


それと、治療費の17万円は、健康保険で支払えば1割負担ならたったの1万7千円です。
交通事故の場合は健康保険が使えないというルールがよく解りませんが、何か理由があるのでしょうか?
健康保険を適用させて、自動車保険を使用せずに支払うことはできないのでしょうか?

また、今後、事故を起こしてしまった場合、病院に運ばれてしまったら、また、17万円取られるかも解りません。
11年前は17万円でもなんとかなりましたが、この不景気で消費税も絡んでは、17万円なんぞ、どう捻っても捻出することができません。

もし、今後、事故を起こしてしまった場合は、もし、体に異常があっても、「大丈夫です!」と言って、逃げるように家に帰った方が良いのでしょうか?

もっと大きな怪我を負ってしまった場合、心配なので、もっと保険料の高い、充実した保険に入った方が良いのでしょうか?

11年前は、年間10万円くらいの保険に入ってましたが・・・。

閲覧数:
4,740
回答数:
5
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mbhrp853さん

2014/2/2101:12:09

あなたが加害者という事故ですから、相手から賠償は受けられなかったという想定でお話しさせて頂きます。

相手から賠償受けられないという事は、自分で自分の分を支払うということになるのですが、その分を補うのが、自動車保険の中にある「人身傷害保険(実損払い)」です。
現在ご加入の保険ではそれが付保されているので、更新の案内書にはそのような説明になっているのでしょう。
当然、治療費全額と、病院と自宅を往復する交通費と、休業補償と、精神的損害補償の全額が補償対象となります。


ところがその「人身傷害保険(実損払い)」は大昔からあったわけではありません。
年数は私的にあやふやですが、今から15年前位に誕生したと記憶しております。

また当時は、「搭乗者傷害保険」も主流でした。
これには2種類あり、死亡や後遺症以外では、
・入院や通院の日数に、契約日額を乗じた分が支払われる保険(日額払い)
・怪我の部位や症状で、一定の金額が支払われる(部位症状程度別払い@当時)
これは、治療費に満たない事が多い為、相手から賠償金が得られない場合は、弱点になりえる保険でした。
でも、これですと、5000円で終わるはずがありません。

となると、上記二つの傷害保険には未加入で、保険対象になったのは、当時自動付帯であった特約の自損事故傷害保険でしょうか?
これは、あなたが100%の加害者でしたら受けられる保険金額でして、通院ですと日額4000円でしょうから、2日通院して8000円・・・いずれにしても17万円もの治療費でしたら、全然足りませんよね・・・記憶に残らなくて当然です。



話は変わりますが、交通事故や労災事故において、治療費に健康保険が使えないのは、健康保険を取り扱う協会で決めたルールなのでしょうか。理由までは分かりませんが、運営の都合だと思います。

保険に入るときは、しっかり担当者のアドバイスを聞いて、あなたの不安を取り除く補償を付けるのが良いと思います。

ところで、当該保険会社では、「対人臨時保険」「対物臨時保険」とかの支払い漏れの契約者を探しております。
あなたが人身事故と対物事故を起こしたなら、その内容次第では、今更ながらですが、保険金いただけるかもしれませんので、聞いてみてはいかがでしょうか?

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

arinnkozokuさん

2014/2/2119:27:34

交通事故でのケガは病気とは違うので健康保険は使えませんは間違ってはいないが、第三者行為による傷病届けをだせば健康保険を使い治療できます。病院は自由診療の方が高額請求出来るので教えてくれません。

また、ご自身が契約されていた保険に人身傷害保険が付帯していれば、過失割合に関係なく治療費 休業損害 傷害慰謝料まで支払ってもらえました。現在は不払い問題でうるさくなり、事故報告があれば契約者からの請求がなくても自主的に支払いの案内を保険会社は送ります。11年前だと契約者からの請求がなければそのままだった可能性もあります。現在でも請求時効は3年です。

以上から、任意保険に加入するなら、対人対物無制限 人身傷害保険特約 弁護士費用特約 車両保険 無保険者特約は自動付帯ですが、最低この程度の保険に加入していれば事故を起こしても、起こされても治療費や休業損害 傷害慰謝料は保険で出ますし生活の不安なく自動車に乗れるでしょう。おそらく今でも車両保険以外は全て加入しているはずですが、保険証券を確認してみましょう。

無知は損します、この機会に保険の知識をつけてください。

bungin5さん

2014/2/2116:45:46

しかし、自分は、交通事故の直後、救急車で病院に運ばれ、数時間、入院しました。
大した怪我ではありませんでしたが、その時、病院に支払った治療費が、17万円です。
なぜ、こんなに高いのかと言うと、保険が効かないからとの事でした。
⇒健康保険は効きます。騙されましたね。

今日、その会社から、自動車保険更新の案内が届きました。
改めて書類を読んでみると、交通事故によって生じた損失を補償するというような事が書かれていました。
休業補償の事も書かれていました。
しかし、11年前に事故を起こした時、その件に関して、何の連絡もありませんでした・・・。
⇒人身傷害保険という保険があります。11年前だと当時は、その補償が出たばかりで契約していない方も沢山いたと思います。


それと、治療費の17万円は、健康保険で支払えば1割負担ならたったの1万7千円です。
交通事故の場合は健康保険が使えないというルールがよく解りませんが、何か理由があるのでしょうか?
健康保険を適用させて、自動車保険を使用せずに支払うことはできないのでしょうか?
⇒嘘です。手順を踏めば健保の使用が可能です。もちろん自動車保険を使わずに支払うことも可能です。


また、今後、事故を起こしてしまった場合、病院に運ばれてしまったら、また、17万円取られるかも解りません。
11年前は17万円でもなんとかなりましたが、この不景気で消費税も絡んでは、17万円なんぞ、どう捻っても捻出することができません。
⇒文面から詳しく説明してもらって加入している気がしません。更新時に貴方の契約の扱い者に疑問をぶつけてみて下さい。懸念材料のすべては、今はスタンダードになっている人身傷害保険と言うものに加入していれば、問題ありません。


もし、今後、事故を起こしてしまった場合は、もし、体に異常があっても、「大丈夫です!」と言って、逃げるように家に帰った方が良いのでしょうか?
⇒教習所で習った通り警察に届け出て指示に従い所定の手続きをして下さい。


もっと大きな怪我を負ってしまった場合、心配なので、もっと保険料の高い、充実した保険に入った方が良いのでしょうか?
⇒代理店など扱い者に聞いて下さい。


11年前は、年間10万円くらいの保険に入ってましたが・・・。
⇒保険料は様々な要素で決まります。高いから良いとか補償範囲が広いとは限りません。やはり優秀な扱い者に加入すれば説明、コンサルしてくれます。

編集あり2014/2/2109:09:57

搭乗者傷害しか加入してなかったんじゃないの?
治療費等の実損が支払われるのは「人身傷害」。今は加入していたとしても、当時加入していなかったら支払いはされない。


自動車保険と言っても、
※対人
※対物
※車両
※搭乗者
※人身傷害
と主に5項目ある。
それに、各社様々な特約がある。組み合わせは無数。

任意保険は自分のために加入する。
自爆、相手が無保険等でも、自分が困らない保険に加入するべき。賠償や保険についてわかっていないなら、なお更。
安くて使えない保険、高くても使える保険。結果的にどちらが高いでしょう?いくら安くても、使えなきゃ支払った金を捨てているのと一緒。高くても使える保険に加入するべき。



それから、他人にケガをさせられた場合には基本的に健康保険は使えない。交通事故では他人にケガをさせられたということになる。その他にもケンカによるケガ等も…。
ただ「基本的に使えない」というだけで、「第三者行為による傷病届」等を提出し健康保険を使うことはできる。この書類は、健康保険から支払った7割について、法律の下加害者に請求することに同意するというもの。加害者がこれに同意すれば健康保険を使うことができる。

3割窓口負担、7割は後日請求ということなら、結局10割負担。なら健康保険を使っても一緒では?と思ってしまうだろうが、そうではない。
健康保険を使わない自由診療では、価格を自由に設定できる。例えば健康保険を使った場合5000円の請求が、1万円でも15000円でも請求できてしまう。
なので、自賠責を有効に使うためにも健康保険を有効に利用する意味がある。

akichie3539さん

2014/2/2108:49:02

まず、交通事故には健保が効かないと言うのは嘘です。

公立の病院なら健康保険証を提示すれば拒否はしません。
一方民間の病院は自由診療で儲けるために平気で嘘を
言うのです。

これは健康保険法、国民健康保険法にも明確に記載されて
おり、病院・医者が交通事故を理由に健保の使用を拒否
すれば、法律違反になります。

また旧厚生省は交通事故を理由に健保使用を拒否しては
ならない旨、関係機関にも通達を出しています。

裁判でも健保拒否は違法行為であるという判決が出ています。

なお、相手がある交通事故で、相手にも若干でも過失があれば
相手の自賠責が使用できたはずです。
貴方の治療費が仮に健保使用でなくても、相手の自賠責で出た
はずです(貴方の過失が7割以上ですと2割の減額はされますが)

当時貴方がしっかりとしたプロの代理店で加入しておれば
そんな事は相談していたはずです。

最近の不払い事件も、しっかりとした代理店で加入なら
起こらなかった事件です。
素人的代理店が9割を占める損保業界の構造的問題でしょう。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。