ここから本文です

ハンターハンターのノヴ

wy_********さん

2014/2/2111:25:19

ハンターハンターのノヴ

ノヴはモラウと精神面で比較されてそのヘタレキャラが確立しています。

ですが、討伐隊侵入の際、先陣を切るノヴは護衛隊のオーラに対し絶の状態で宮殿に侵入する必要があり
所謂”洗礼”を受けざるを得なかった為であり、精神的に弱かった、ヘタレという認識は根本から間違っていると聞いた事があります。


実際のところどの解釈が正しいのでしょうか?

補足う~ん適当に読んでいる自分とは理解の深さが全然違っていてなんか申し訳ないです(´-ω-`)

今度読める機会あったらちゃんと見てみます・・・

閲覧数:
3,440
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

do_********さん

2014/2/2419:48:15

おそらく、根本から間違っているという人がいいたかったのはこういうことだと思います。
他の方がおっしゃられるように、ピトーが円を張っている以上、ノヴは絶を使おうがどうしようが、円に触れた瞬間にバレてしまいます。
おそらく当初の予定では、モラウのディープパープルを同時に使用した攪乱作戦を実行する予定だったというのが正しいかと思います。
しかし、ピトーはドクタープライズを使用するために円を解きます。
ノヴとモラウはなぜピトーの円が消えたのかわかりませんでした。
妨害作戦を実行しているハンターを狩るための罠の可能性も考えられました。
しかし、護衛軍は王を危険に晒してまで円を解くとは考えにくく、コルトから治療ではないだろうか?と助言をもらい、侵入することになります。
そのため、ノヴはピトーの円がいつ再発するかわからないまま王宮に進んでいきます。
このときの恐怖を乗り越えながら一人で王宮の階段まで進んだノヴの精神力は強いということではないでしょうか?
しかしながら、同じことがパームにおいても言えます。
残念なことにパームは王の治療が終了し、ピトーの円が発動したことで捕まってしまい、改造させられることになってしまいましたが。。。
私的には討伐隊はピトーの円を今まで見ており、プフの円を見て心が折れなくてもいいんじゃないかなと思いますし、弟子のパームが同じところまで進んでいるわけですから、そこで心が折れたというのはやっぱりヘタレだと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kai********さん

2014/2/2223:31:47

他の方も言うように洗礼は受けていないと思いますが、絶は使っていたと思います。

絶の特性とノヴの任務を考えれば使わない方が変ですし兵隊蟻に攻撃したのも緊急措置なので『念で攻撃=絶してない』とはならないかなと。

tow********さん

2014/2/2117:45:12

ノヴの能力は、強すぎます。
だから、そこでリタイアさせとかないとストーリー的に悪いのと、
ノヴは精神面が弱いというのはないでしょう。実際、ピトーの円を感じた討伐軍も動きが止まりましたからね

alt********さん

編集あり2014/2/2114:20:59

>所謂”洗礼”を受けざるを得なかった為であり、

全くの間違いです。
「洗礼」の意味をまるで理解していない発言です。

「洗礼」とは、念能力に”目覚めていない”者に対し、念を込めた”攻撃”を行う事で、”強制的に念能力に目覚めさせる”事を言います。
すでに念能力を会得している者が、絶の状態で念の攻撃を喰らう事は全くの別問題です。

『最初から念能力者』だし『攻撃も受けていない』、どころか、”円で発見されなかった=敵のオーラに微塵も触れていない”という事。

『円』に関しても全く間違った理解をしているから、このような発言に至るのでしょう。
『円』とは、大きく広げたオーラの内側に入った物の「形状」を察知する技術であり、オーラを感知するモノではないので、絶で回避できるものではありません。
すくなくとも、円のオーラに触れれば「そこに”人間”が居る」事は一発でばれてしまい、このケースでは宮殿内の人間は限られた2名しか存在していないのだから、オーラと一切関係なく体型で侵入者とバレます。

しかしバレなかった=ノヴは円のオーラには一切触れていない、ということ。

さらに、いつどんな形状に変化するか判らない敵の円の範囲を見誤らないために、絶はしていなかった、と断定できます。
絶をする=敵のオーラが見えなくなる=円の範囲が判らなくなる、という事なので、円の監視に対し絶は絶対に使わないし意味がない。
絶をするという事は、眼を瞑ったまま侵入する事と同義。

オーラに触る事すらなく、ただそのオーラが発する雰囲気に心が折れたのだから、精神的な理由による敗北であったことは間違いない。

モラウは実際には見ていないから、というのは宮殿突入前までの話であり、オーラどころか、護衛軍本人(それも二人)と直接対峙しているのに、オーラを限界まで出し尽くすほどの精神力を発揮したモラウが、ノヴと同じ事になったとも思えない。
潜入は単独行動であり、恐怖に加え孤独もあったので、より精神的ストレスが強かった事は確かでしょうけど。

wor********さん

編集あり2014/2/2115:16:44

いや、宮殿に潜入した時ノヴは絶なんかしていませんよ。蟻兵に見つかった時能力使ってましたし、敵のオーラを見ることが出来たということは普通に目の憧孔は開いていた訳ですから、少なくとも絶はしていなかったはずです。
それにそもそもノヴは円の中には入らなかったんですから洗礼なんて受けていません。

モラウはノヴとは違い、護衛軍のオーラを実際には見ていないんですから、単純にリタイアしたからと言ってノヴの方が精神的に弱かったとは言えないというのは正しいですが、質問文の解釈は上記のとおり間違いだらけですね。

あと、ノヴが恐怖したのは自分が殺される事にではなく、護衛軍に捕獲された場合に自分が知っている事を全て吐かせるためにどんな残酷な事でもするという事にです。これはノヴが工作のために宮殿に潜入していた経緯とオーラを見た限りでの護衛軍の性格から、自分が今見つかった場合どうなるかを推測したイメージです。
一方モラウは宮殿突入後に護衛軍のオーラを見てはいますが、作戦決行後だったためにノヴとは違って拷問されるという事は考えづらかった上に、あの時の護衛軍は王を守ることしか頭になかったので拷問されるというノヴが受けたイメージと同じ物を受けたとは考えづらいです。
つまり作戦決行前と作戦決行後で受けるイメージが違う可能性がある以上、モラウとノヴの立場が逆だった場合にどうなるかは断言できない=それだけを理由にノヴの方が精神的に弱いと決めつけることはできないという事です。

プロフィール画像

カテゴリマスター

hog********さん

2014/2/2111:33:00

あそこまで追い詰められても任務を遂行するだけの精神力があったという事でもあります。

ただ、ノブに関しては能力に応用が効きすぎて、王を倒す事が可能だという考察をしている人もいるので、
ストーリーの都合上リタイアさせられた可能性も高いと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる