ここから本文です

ベイトリール シマノ アルデバランMg、Mg7のブレーキセッティングについて

add********さん

2014/2/2515:35:27

ベイトリール シマノ アルデバランMg、Mg7のブレーキセッティングについて

現在、アルデバランを数個使用しています。
どのタックルもSVS標準ブロックが1個と言うセッティングに落ちついています。
2個にすると伸びが完全に無くなってしまいます。
特に軽量ルアーや、いわゆるベイトフィネスと言う使い方ですと尚更で、
ブロックをカットして更に軽くしたりしています。

大ブロックを6個までセッティング出来るので、
リグや使い方によっては有効なセッティングがあると思うのですが、
ビッグベイトを除いた手持ちの最大級のルアーOSPのルドラ(20g)もブロック1個です。

もちろん、サミングして使用の話ですが、
全て同じセッティングと言うのは、
なんだか性能を生かし切れていない様な気がして質問しました。

ブレーキブロック複数個や大を良く利用している方は、
どういったリグとタックルを使用されているのでしょうか。


例えば
7、8gの空気抵抗少なめのリグで向かい風の時は2個に切り替えるとトラブルが少ない。
だとか、
ブロック6個にするとでボートのヘリや、陸で足元の草に引っ掛かった時にバックラッシュを防ぎやすい。
というような、この場合はこう使った方が良い、と言った御意見ありましたら是非お聞かせ下さい。

閲覧数:
3,199
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sha********さん

2014/2/2520:44:39

ブレーキブロック1つがベストセッティングなら、わざわざ増やす必要はないと思いますよ。
私のセッティングはグレー(大)、クリア(中)、スモーク(小)各1つずつ登載、基本はグレー1つだけをONです。ボート・ナイトゲーム時はクリアとスモークをONが基本です。ブレーキブロックは削ったりはせずノーマルのままです。ベアリングの注油の際、ブレーキブロックの当たる面にもオイルを微量つけています。
ブレーキセッティングを変えるタイミングは逆風、空気抵抗が極端に違うルアーにチェンジした時などで、あまりセッティングは変えない方です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

bra********さん

2014/2/2701:12:13

サミングするなら同じセッティングでも実際はブレーキを変えているのと同じですよ。

私はSVSのリールは2台、遠心のリールは1台しか持ってないですがサミングは着水直前のコントロール時のみで、サミングを極力しない様にしていますので、ロッドやライン、ルアーによって遠心ブロックを変えています。

といっても遠心はブレーキがよく効くので効かせても2つ、普段は1つ効かせてるだけですが・・・。

サミングをしない理由は、サミングによってラインコーティングが剥がれラインがボロボロになるというのが一番の理由です。どうもスプールエッジをなぞるサミングが苦手ですし、エッジ部分のアルマイトも剥がれるからです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる