ここから本文です

将棋の戦法について質問させて下さい。 後手番を持って居飛車で戦うときに、ノー...

pow********さん

2014/3/101:05:27

将棋の戦法について質問させて下さい。
後手番を持って居飛車で戦うときに、ノーマル四間飛車、またはノーマル三間飛車に対する有効な手段といいますか、一般的な方針の類型などについて、どな

たかご教授いただけますでしょうか。
また、対ノーマルと対オープンでの居飛車側の方針の違いも少し教えて頂けると嬉しいです。

ちなみに自分の将棋歴は3年程で、居飛車党。
角換わりや相掛かりの腰掛銀か、対振り飛車なら先手番のときは急戦気味で指しています。
対振りで後手番の時は、まともに勉強をしたことがない穴熊をしてみたり、急戦っぽくしてみたりしますが、失敗することが多いです。

棋力は、詰将棋の本やその他書籍を参考にして、3〜2級程度と思っています。
お願い致しますm(._.)m

補足皆様ご回答ありがとうございます!

急戦でいくべしとアドバイスして頂いたお二方、ありがとうございます。後手番でも急戦は成立しますかぁ、なるほど。 ガンガン急戦でやってみます。

将棋講座はずっと観てますよ! ただ、特集の方が楽しみですけどね^_^

早仕掛けに関して教えて頂いた方にご質問で、
7三に右の銀がきて棒銀含みにしていくのではなく、7三には桂を跳ねていって6五歩、これが早仕掛けですか?

閲覧数:
229
回答数:
6
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kzk********さん

2014/3/112:49:38

私は四間飛車党ですが・・・

後手番でもノーマル四間飛車に対して急戦を仕掛けることは可能です.
確かに急戦は先後の一手の差が大きいのですが,逆にそれを利用して「一手多く指させる」という事も出来ます.
まぁそれは高度な話ですが,しかし特に級位者同士ならば,十分に急戦は成立します.

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

oki********さん

2014/3/213:02:18

特集が楽しみといったなw
僕と特集について語りあわないか?
僕は次いでに詰将棋コーナーも好きでござる♡

wwe********さん

編集あり2014/3/614:15:54

結論を言えば、居飛車穴熊をお薦めします。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1411970741...

アマチュアの将棋は依然として振り飛車が人気ですし、特にノーマル四間飛車は花形戦法なのでネット将棋やリアル将棋でも採用する相手が非常に多く、居飛車穴熊を指せるようになると他の角道を止めるタイプの振り飛車にも応用が利くので強みになります。

※お薦め定跡書
四間飛車破り【居飛車穴熊編】
(居飛車穴熊を指すならば絶対入手すべし。松尾流まで組めればプロの勝率8割とのこと。上級~高段者向け)
http://snow.freespace.jp/rocky-and-hopper/Kisho-Michelin/86137/4-86...

ホントに勝てる穴熊
(定跡の一手一手の指し手の意味や、穴熊特有の形勢判断の仕方など、「大局観」について触れている貴重な棋書。敵陣を突破してから成り駒で細い攻めを繋げる手筋も解説。短所は発刊が10年以上前なので松尾流穴熊についての解説が無いこと。通常の定跡書のプラスアルファとしてお薦め。上級~低段者向け)
http://snow.freespace.jp/rocky-and-hopper/Kisho-Michelin/309/4-309-...

四間飛車破り【急戦編】
(船囲い急戦での▲4五歩早仕掛け、斜め棒銀、棒銀を収録。穴熊を覚えてしまったらもう実戦では指さなくなりました。上級~高段者向け)
http://snow.freespace.jp/rocky-and-hopper/Kisho-Michelin/86137/4-86...

船囲い急戦と居飛車穴熊の両方を指せるのが理想ですが、一旦居飛車穴熊のほうを覚えると正直もう居飛穴しか指さなくなってしまいました。
居飛車穴熊での対四間飛車戦での戦い方は大きく分けて3つに分類されます。

△4四銀型(出現度A)
松尾流穴熊を目指すか、▲6八角と引き角にしてから▲4六歩とこちらから仕掛ける方法。
松尾流から更に手待ちする場合は、8筋の歩を突いてから銀冠穴熊→ビッグ4へと組み替える

△5四銀型(出現度A)
△6五歩と突かれても▲6八角▲△6六歩▲同銀と4筋の飛車先を角の利きで受ける指し方や、
3筋→2筋の歩を突き捨てた後、桂馬に両取りをかけさせることを覚悟しながら自分から▲6五歩と角道を開けて角交換してから2筋の飛車先を突破する方法や、
▲6五歩と角道を開けた後△7七角成とされても▲同桂と「パンツを脱ぐ」受け方など。

△3二銀型(出現度C)
後手の3二の銀が3三に上がった瞬間に、3筋→2筋の歩を突き捨てた後自分から▲6五歩と角道を開けて角交換してから2筋の飛車先を突破する方法など。
いつまでも銀があがって来ない時は、桂を跳ねてから角交換すれば自然と穴熊有利になる

pek********さん

編集あり2014/3/120:42:39

将棋を覚えて3年ぐらいなら今は強くなるときです。
強くなりたいなら相居飛車でも対振り飛車でも急戦を仕掛けていくのは上達には大変有効です。
ただし急戦は勝率は悪いです。弱い相手にしか通用しない場合もあります。
それでも負けても負けても急戦でいくことで強くなれるのです。
勝ちたいなら穴熊や左美濃など固い囲いが振り飛車には有効なので学ぶとよいでしょう。

基本的に三間飛車への急戦が桂をはねての歩の仕掛けで、四間飛車への急戦が銀を出しての棒銀の仕掛けです。
最初から飛車のいるすじへの仕掛けは損なのでしません。ただアマならそれでもいいですが。

har********さん

2014/3/106:24:53

日曜朝10時から、テレビ番組NHKで将棋講座、「居飛車は面白い」が、まだ放送してるかな、将棋講座やプロの対局もやっているので、みてみて下さい。文章より参考になりますよ。

zer********さん

2014/3/102:04:44

ノーマル三間には5筋も突かずにさっさと穴熊ですかね、組んでからの仕掛けが難しいので仕掛け方を覚えると良いと思います。四間飛車は穴熊への対抗手段も多いので封じる意味で6五歩早仕掛けを覚えると良いと思います。考えずに指せる位に形で覚えると上達も早いかと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる