ここから本文です

『古事記』『日本書紀』に書かれている事は嘘ですか?

sak********さん

2014/3/121:35:17

『古事記』『日本書紀』に書かれている事は嘘ですか?

閲覧数:
1,433
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dai********さん

2014/3/122:36:30

私論ですが、本当ではないにしても、100%嘘でもないような気がします。常識では有りえない事が多いのですが、もしかしたらモデルとなる人物や、出来事があったのかもしれません。例えば百襲姫命はシャーマンで卑弥呼で卑弥呼がモデルでないかと考えられています。古事記成立の過程から天皇家のための脚色は容易に想像できるのですが、その
元は民間伝承で太安万侶が収集編纂したものです。全くの作り話とは考えたくないですね。(個人的に)

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

i_l********さん

編集あり2014/3/713:54:26

意図的に嘘は書かれていません。
ただあまりにも古い歴史書であり、一度放火でその木簡などが焼けてしまったために記憶や焼けた木簡を元に修復作業が行われています。

歴史の勉強です。

中大兄皇子(天智天皇)と中臣鎌足は乙巳の変で蘇我入鹿を暗殺する。
これに蘇我蝦夷は失望して大邸宅に火をかけ自害した。
この時に朝廷の歴史書を保管していた図書室までもが炎上します。

『天皇記』など数多くの歴史書はこの時に失われました。
「国記」も難を逃れ中大兄皇子(天智天皇)に献上されたとあるが、共に現存しない。

ために『天皇記』や焼けて欠けてしまった「国記」に変わる歴史書である古事記や日本書紀の編纂が天智天皇の弟である天武天皇の命により行われる。

以上のように天智天皇と、蘇我蝦夷氏の政局争いでそれまでの歴史書籍が燃えてしまったので新しい歴史書が生まれたのです。



ちなみに火事で古文書を含む歴史書を失った天智天皇は白村江の戦い
で歴史書修復どころの騒ぎではなかったことが容易に推測できます。

そのために記紀編纂が大いに遅れて過去のさまざまな重要で詳細な文献が失われてしまったのです。、

そういう理由で神武以前の記述はあいまいな記憶に頼っていたためにあのように不完全で訳が分からないものになったのです。

欠史八代はあの稗田阿礼でも思い出せず、系統だけが伝えられています。

というわけで、記紀で記された内容しか復元できなかったのです。

ちなみに漢字は中国と同じ過程を進んでいます。
だから、漢字以前の象形文字の意味も発音もよく理解していました。

ただ、ある時代を境に中国との交流を閉ざし始めたころから、中国の漢字と発音やら意味が変化してきました。

神武天皇や神功皇后の時代においては魏志倭人伝よりも記紀の方が国内情勢は正しいです
ただ記紀においても既に古代の歴史の大半の記録が失われたので、魏志倭人伝と照合できる事実が非常に見分けにくくなっただけです。
そもそも卑弥呼は日本国内ではマイナーな存在なのです。

はっきり言うと帯方郡に助けを求めてすぐに死んだ卑弥呼は日本ではそんなに知名度がある女王などではありませんでした。
魏に頼るしか打開策を見いだせないほど実は権力も持っていませんでした。
ただある程度の貢物を出せるほどの財力はありました。

そもそも日本での立場が危ういが故に何度も魏に使いを出して助けを求めたのです。

魏志倭人伝は魏の使者が少し旅行して書いた紀行記のようなものでそれは勘違いしている部分が多いのです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

syu********さん

2014/3/522:39:55

嘘も入っているかもしれませんが、誰も証明出来ません。その代わり、本当であったことも同じです。
九州と畿内の大和が別の王朝だとか、百済からの難民だとか、もっともらしい事をいう人もいますが、あくまで、それも仮説の一つであり、推測の域を出ません。それに、そういう仮説を立てる人の多くが、左巻きで、いたずらに、現存する世界最古の王家である、天皇家の歴史を、縮小させたい意図があったりするので、信用出来ないし。また、本当にあったことらしい事は、考古学の発掘調査等で、明らかになってきている事もあるので、完全に否定できるものではありません。

トロイの遺跡は、神話が事実であると信じた者によって、発掘されました。古事記が嘘だと言っている人に、大発見を期待することは難しいでしょうね。嘘だとはっきりするまで、本当かも知れない、って事でいいと思います。
個人的な見解で言うと、実際にあったことに、自分を良く言ったり、大げさに言ったりして、脚色を加えてるって感じかなって思います。人間ってそうでしょ?

pin********さん

2014/3/510:38:26

「日本書紀、古事記」に記述されていることは、全てが「嘘」ではありませんが、「時代時代の列島の政治的な権力者集団の変遷よって改編を受けている」。その最終版が現在私たちの見ることが出来る「日本書紀」という事で如何でしょうか。
最初に、720年に撰上された時は「日本紀」です、いつの間にか「日本書紀」に変更されています。万葉集の引用では、平気で「日本紀、日本書紀」が並列されています。
「日本書紀の編纂の基本」は
①「万世一系で皇統に断絶が無い」。
②「神武が近畿地方に東遷してきて以後、最高権力者は常に近畿地方で政治を行う」。
③「最終勝利者である天智―藤原系に先在先行する、九州倭国の存在を隠蔽する」。
④「自分たちの出自が、百済からの列島への亡命であることを隠蔽する」。
勝者の歴史書は、勝ったもの勝ちで、自分に都合の悪いものは消去し隠蔽する。史実を捻じ曲げあるいは、歴史を改竄造作してでも、自分たちの筋を通す、これが当たり前です。
「旧唐書が、東夷諸国を、高句麗、百済、新羅と合わせて、倭国伝(九州倭国)と日本伝(天智ー藤原系)の五国を併記しているように、列島には大きな二つの政治集団が歴史を展開していました」。
これを捻じ曲げて「一本化した史書(日本書紀)」を編纂したために訳の分からない歴史書が出来上がったのです。
「古事記」の方は、「日本書紀が無理やり突っ込んだ、舒明から始まる、天智ー藤原系」の前の、「推古(九州倭国系)」で終了させていますので、政治的には大きな混乱の無い、「古い時代の出来事」と言う史書になっています。
最後に、「日本書紀と続日本紀の最大の改竄は、壬申の乱で、一旦つぶれた天智ー大友の皇統を断絶なく光仁(天智の孫)、桓武に繋ぐ作業です」。
マジシャンもびっくりの手法が考えられ、「続日本紀の最初の文武に繋いでいます」。
本当は、ここが一番面白いのですが、字数の関係でまたの機会に!
「672年壬申の乱」から「720年の日本紀の撰上」まででも、約50年、「続日本紀」の編纂開始まででは約100年の空白があります、何でもアリです。

kam********さん

2014/3/301:39:32

「古事記」「日本書紀」は8世紀初めに編集された畿内大和王朝=日本国の書物です。その時は、1世紀の「漢委奴国王・金印」から日本古代史前期に君臨し続けて663年の唐帝国軍との白村江の戦いの戦いで大敗北して滅亡した九州(筑紫)王朝=倭国は、すでに存在していなく、668年の天智天皇即位から新しい日本列島の支配者は畿内大和王朝になっていたので、「古事記」「日本書紀」は日本古代史を九州王朝を消して、畿内王権の歴史を中心にして描きました。

それで、もし「古事記」「日本書紀」に“日本古代史前期の歴史そのもの”を期待するなら、「古事記」「日本書紀」は嘘の歴史書です。九州王朝=倭国が、1世紀の金印、3世紀の卑弥呼女王の邪馬台国、4世紀に西日本を統一したのも九州王朝、5世紀の倭の五王・讃珍済興武も九州王朝、7世紀初めの隋の煬帝への「日の出づる処の天子」の使書も九州王朝のアマタリシヒコ、663年の白村江の戦いの戦いで滅亡したのも九州王朝ですから、「古事記」「日本書紀」は九州王朝のことは消して歴史を語っている以上、嘘の歴史書です。

しかし、「古事記」「日本書紀」に“畿内大和王家の日本古代史前期の歴史”を期待するなら、天智天皇以前の畿内天皇を、畿内王としての業績とするだけで、ほとんど正しいのです。ほとんど嘘はありません。「古事記」「日本書紀」は基本的に畿内王権の歴史のみを語っているからです。

ito********さん

2014/3/208:37:41

あなた、読んだことありますか。
あれほどの壮大なドラマを、全て空想で書き上げたとしたら、相当な創造力の持ち主だね。
たしかに、国つくりとか神生みのところは、事実ではないにしても、事実を踏まえて作成したであろうところはいくらでもある。
こんな、使い古された質問はもう、しないでね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる