ここから本文です

ジパングというアニメで巡洋艦みらいからいろいろなミサイルが出てきますが、どう...

thi********さん

2014/3/200:25:45

ジパングというアニメで巡洋艦みらいからいろいろなミサイルが出てきますが、どう違うのですか?「シースパロウ」、「トマホーク」、「ハープーン」。これらの違いと特徴を教えてください。

閲覧数:
1,697
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kur********さん

編集あり2014/3/208:23:06

・シースパロー
個艦防空用艦対空ミサイル。
噛み砕いて言うと「自分を守るための短め射程の対空ミサイル」。
アニメでは未登場だが、艦隊防空用艦対空ミサイルであるスタンダードSM-2という長射程のミサイルと合わせて本来は多重の迎撃網を形成している。

元は戦闘機が使うAIM-7 スパロー(ツバメの意)を艦載化したミサイル。
初期の頃の対空ミサイルであるため弱点も多い。
例としては発射まで約4分の準備時間が必要、イルミネータ―を占有するためイージス艦の特徴である同時迎撃能力が生かせないなど。
現在は改良型のESSMが配備されつつあり、自衛隊の新型護衛艦である「あきづき」型などはこれを最初から採用している。

シースパロー
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%91%E...

スタンダード ミサイル
http://www004.upp.so-net.ne.jp/weapon/standard.htm


・トマホーク
たぶん世界一有名な巡航ミサイル。
みらいが使っていたのは対艦用だったが、本来は対地攻撃用に開発されている。
飛行機のように翼とジェットエンジンで長距離を水平飛行して目標へ向かうのが最大の特徴。
後述するハープーンと比較して極めて大型で射程も460kmとハープーンの200kmの倍以上ある。
対地攻撃用はもっと射程が長くて1200km~最新型で3000km飛べる。

対艦用は「射程は長いが、高価だしそんなに遠距離攻撃するなら空母艦載機でやるわ。 ぶっちゃけ使いづらい」。
というすごくまっとうな意見により現実世界ではすでに退役済み。
現在は米軍が対地攻撃型を運用しているだけ。
対地型、対艦型含めて自衛隊が導入したことはない。

トマホーク(対艦はTASMという)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%9B%E3%83%BC%E...

・ハープーン
これもまた有名な対艦ミサイル。
航空機・潜水艦・水上艦艇といろいろなものから使えるのが特徴。
射程は最新型で200kmほど。
アクティブレーダー誘導方式のため目標位置がわかっていさえすれば水平線の向こうの敵も攻撃できる。
VLSに対応しておらず、専用の発射筒で艦後部に設置されている。

自衛隊でも一部の艦は使用している。
みらいのモデルになった「こんごう」型ミサイル護衛艦はハープーンを搭載。
しかし、次の「あたご」型では国産の90式艦対艦誘導弾になっている。

ハープーンを標的艦に向けて撃った動画
http://www.youtube.com/watch?v=rhcnhJIJ1Dw#t=3

ハープーン
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%BC%E...

1つ訂正。
みらいの艦種記号はDDHなのでヘリコプター搭載護衛艦。
DDとは本来、米海軍の艦種区分で駆逐艦=Destroyerのこと。
自衛隊では駆逐艦と言わず護衛艦と呼んでいますが、ようは駆逐艦扱い。
WW2のころの艦艇と比較して軒並み大型化しているため、作中でも巡洋艦と誤認される場面がありますが、本来は駆逐艦です。

これは別にWW2から現代までが特異なのではなく汎用性や航行性能を求めた結果、大型化していくのはよくある話。
例えば日露戦争時代の駆逐艦は排水量500tくらいしかなかった。
これがWW2開戦時には2000t近くまで大型化している。
その後も大型化は続き、WW2末期では3000t級の駆逐艦が登場する。
開戦時にあった天龍型軽巡洋艦が3200tなのでほぼそれに匹敵するサイズとなっている。
現代にいたっては米海軍に15,000tの駆逐艦が存在し、最初期の頃の戦艦よりでかいというわけわからん状態。

>goziraatomuさん
対潜ミサイルはASROC(アスロック)。
上げられた中には入っていないけれど、作中で使われていたから追記。

アスロックは単純に言えば「魚雷をロケットで飛ばせば遠距離の潜水艦攻撃できるんじゃね?」という代物。
ソナーや魚雷、潜水艦自体の性能が向上したため潜水艦が水上艦の天敵になりつつあったころ開発された。
爆弾の代わりに先端部に短魚雷(潜水艦攻撃用の小型で射程も短い魚雷)を搭載している。
ロケットで飛ばして空中で魚雷を切り離し、パラシュートで着水させると魚雷が自分のソナーで潜水艦を探して攻撃する。
自衛隊ではアスロックの代わりに国産開発した07式垂直発射魚雷投射ロケットを導入し始めている。

アスロック
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%AD%E3%83%83%E...

質問した人からのコメント

2014/3/2 11:07:28

kurosabureさん,どうもありがとう!お詳しいですね。こういう知識があるとさらに作品が楽しめます。goziraatomuさんもご回答ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

goz********さん

2014/3/200:28:31

対潜ミサイル
対艦ミサイル
対空ミサイル

じゃないですか?

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる