ここから本文です

臨床心理士の矢幡洋さんですが、あまりにも豪快なカツラを被ってテレビに出演する...

spi********さん

2014/3/1214:04:54

臨床心理士の矢幡洋さんですが、あまりにも豪快なカツラを被ってテレビに出演するのは、どういう心理が働いているのでしょうか?

佐村河内守氏の記者会見の心理分析はとても鋭く細やかですが、どうして自分のカツラは雑に扱うのでしょうか。頭上にカツラをキャスティングする瞬間、矢幡洋さんにはどういった心理が働いていますか?

矢幡洋,佐村河内守,カツラ,臨床心理士,キャスティングする瞬間,メタ認知,客観視

閲覧数:
26,530
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ana********さん

2014/3/1417:36:18

人は他人を客観視できても、なかなか自分を客観視(メタ認知)できないものです。特に自分の欠点については、無意識のうちに無視してしまいます。
臨床心理士であっても、神様ではありません、所詮は一人の人間だという事です。

質問した人からのコメント

2014/3/15 11:51:29

成功 なるほど・・・・スッキリ納得しました。これ以上の説得力のある回答は望めないと思いました。

「八幡洋」の検索結果

検索結果をもっと見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる