ここから本文です

主税をちからと読むのはなぜですか?

sho********さん

2014/3/1520:49:53

主税をちからと読むのはなぜですか?

閲覧数:
2,016
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

eta********さん

2014/3/1521:21:09

奈良時代の「職員令(しきいんりょう)」に由来します。
大蔵省の下に主税寮と主計寮かあり、
徴税業務を主税寮が行ったため「国家のちから」を示す大和言葉で「ちからのかみ」と呼ばれました。
主計寮は「徴税物をかぞえる」部署で大和言葉で「かずえ(かぞえ)のかみ」と呼ばれました。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1410329169

とのことです。

大石内蔵助も不思議です。

質問した人からのコメント

2014/3/15 21:38:10

ありがとうございました!文句無しにベストアンサーです!(≧∇≦)

「主税 読み方」の検索結果

検索結果をもっと見る

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる