ここから本文です

風俗の給与について。 副業で、風俗関係の仕事を考えてます。日払いの風俗なんか...

アバター

ID非公開さん

2014/3/1721:41:31

風俗の給与について。
副業で、風俗関係の仕事を考えてます。日払いの風俗なんかは税金を払わなくてよいのですか?1割給与天引きは税金を引かれているのでしょうか?副業禁止の本業に、内緒で

風俗で週1の仕事を考えてます。
副業は給与でなく報酬扱いで、普通徴収で税金を納める方法を考えて確定申告をキッチリと考えていますが、すぐに始められますか?
副業の面接には受かりました。

閲覧数:
26,377
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2014/3/2501:21:34

風俗嬢の中で、それが食品と娯楽産業によって使用されないので、上述話は全く関連づけられません それはそうです。
それは風俗嬢として働いていましたが、店の方向に税徴収関係であるほとんどの店が聞かれたかもしれません。
1つが個人事業主に電話したので、処理になる、大統領に電話した、責任との税関係をすべて一人で行なわなければなりません。
単なる雑費の収集さえ話です。
しかしながら、私が食品と娯楽産業中の電話の中でスタッフに直接尋ねれば、それは詳細に明らかになるでしょう。
大きな世話をするほうがよいですか。
以来、そこに、でありえる、ない、副業が職業のものの中で禁止され、「収入は最糸冬で単独で返された習慣にありますか。」とあなたが尋ねれば、職業の会社によって見つかる場合に、最糸冬で返っているべきかどうかを伝えること
店の税を納付しますか。」それは話です。
しかしながら、それはある、私はそれらが習慣であるとともに、税が食品と娯楽産業の方向に徴収されない場合に、店から単独で源泉徴収書を得ることができないので、副業が第一によろしい会社である場合に、職業の会社を通ることにより処理された副業の方向に源泉徴収書を持ちましょうが、それは何とかして実行する、またそこにそれを整えない、何でありません。
誰が個人事業主か
危険をよく考慮した後に動かされるほうがよいですか。
それは話です。
しかしながら、そうでなければ、それは、それのみがさらに生徒によって切断して知っている何らかの<こと>(状況は職業の会社に知られているかもしれません)を予期しません。
食物と娯楽産業では、支払いは給料としてではなく「報酬」として嬢に行なわれます。
会社側は、この報酬に関する支払調書を引き上げるように義務づけられます。
もちろん、確定申告を別々に行なうことが必要です。
それは、さらにここで参照です。
もし採用されれば、副業はそれ自身直ちに始めることができます。
本業が「副業禁止」を備えたものであるので、それが確定申告の時に示されないように、世話をしましょう。
それは、さらにここで参照です。
彼はそうです、1つの、私新しい半分。
それは先週、後半からの流行健康によって作動し始めました。
洗面器システムの人々が多くの場合での税を納付していないので、彼はかまいません。また、それらはOKです。
店が決定された場合、ちょうど

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

banira_2580さん

2014/3/2215:49:17

会社側に支払調書を作成義務がある・10%を税務署に納めていると他の方が回答されていますが、
風俗嬢の場合、風俗店に雇われているのではないので上記の話しは全く関係ないですよ。
風俗嬢として働いていましたが、お店の方で税金関係の徴収を行っているお店は殆ど聞いたことがありません。
風俗嬢は個人事業主という扱いで「自分1人だけの会社の社長」という扱いで、
風俗店からお客さんに性的なサービスを行う業務を委託されているような形になります。
個人事業主という自分が社長という扱いになるのですから、税金関係などは全て自分で責任をもって行わないといけません。

質問者さんのおっしゃる、風俗店から徴収される1割については
単なる雑費の徴収だと思いますよ。
(衣装やローションを貸してもらったり、自分が出勤するにあたって何かしらお店の道具を借りたり、スタッフに厄介になるのでそのための必要経費として支払っているだけで税金などの徴収では全くありません。)

詳しくは、風俗店に電話か直接スタッフにお聞きすれば明確になりますよ。
「風俗での収入は自分で確定申告するのですか?お店で税金は支払ってくれるのですか?」と聞いてみれば、
お店側からは各自で確定申告をお願いしています。という回答になると思います。

本業の方で副業が禁止されているとなると確定申告をして、本業の会社に見つかってしまうのかどうかは分かりかねるので
よく気を付けた方が良いかと思いますよ。
本来であれば、副業が大丈夫な会社であれば副業の方での源泉徴収書を本業の会社に渡すことで処理してもらえますが、
そもそも風俗であると風俗店の方で税金の徴収を行っていなければお店から源泉徴収書は頂けないので
個人事業主である自分でどうにかしなくはいけません。

よくよくリスクを考えた上で働かれた方が良いかと思います。
他にも何かしら予期せぬ事態が本業の会社に知られる可能性はあるかと思いますが、、

2014/3/1813:55:43

風俗業では給与ではなく「報酬」として嬢に支払いをしています。
会社側はこの報酬について、支払調書を作成する義務があります。
報酬は支払う金額から10%を引いて本人に支払います。
会社側は引いた10%を翌月に税務署に納付する・・・という流れのようです。
もちろん、確定申告は別途行う必要があります。
こちらも参考に。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1212433727

副業自体は採用されているならすぐに始められます。
本業が「副業禁止」とのことなので、確定申告時にバレないように気をつけましょう。
こちらも参考に。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1411215053...

nypd601_careさん

編集あり2014/3/1807:49:10

こんにちは!

わたしニューハーフです.
先週後半からファッションヘルスで働き始めました.

お水系の人達は税金は払ってない場合が多いですから気になさらなくて大丈夫です.

お店が決まっているのでしたら今すぐでも
働けますよ.

お給料から引かれるのは恐らく雑費だと思います.

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。