ここから本文です

会社を設立予定なのですが、初年度と次年度の収支予算が赤字計上となるのはありえ...

tor********さん

2007/8/911:27:19

会社を設立予定なのですが、初年度と次年度の収支予算が赤字計上となるのはありえるのでしょうか?
個人的に普通に考えると、2ヶ年赤字って怪しい(健全でない)気がするのですが。

閲覧数:
614
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

seh********さん

2007/8/912:04:36

一般的に普通に考えても、設立から2期連続赤字って怪しい(健全でない)です。

財務上のボーダーラインは資本金です。
決算が資本金を割れば、余程の担保がない限り金融機関からの借入は難しく、
普通の仕入れ業者なら警戒してくるため、取引が困難になってきます。
歴史がある会社で、資産がある上での2期連続赤字であれば、
その内容により問題にならないケースも多いですが、
設立より2期連続となると、決算書を見ただけなら誰も取引したいとは思わないでしょう。

ただ、外部からの資金調達の必要がなく、取引先にも理解が得られているのであれば、
会社存続には問題ありません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fuj********さん

2007/8/1016:33:52

業種や業界によって異なると思います。
製造業などの開発が必要な会社であれば怪しくありません。よくあります。
しかし、サービス業など1年目より本格営業できるビジネスであれば怪しいかもしれませんね。

また起業活動に役立つ情報をまとめたサイト(資金計画のリンク集など)もありますので、ぜひご覧ください。
http://www.dokuritsukigyou.jp/

頑張ってください。

bam********さん

2007/8/913:25:02

そのようなことはありませんよ。
特に中小・零細企業の場合には多々あります。

役員報酬が多くて赤字とか・・・

mid********さん

編集あり2007/8/912:46:25

そのようには言い切れません。 2年連続赤字の場合だって有り得るでしょう。 その原因は初期投資が営業収益によって回収できていないことが原因ですが、市場開拓は簡単ではありませんし その市場開拓の効果が3期目以降に実現して黒字に転じるかもしれません。 逆に初期投資が大きすぎて赤字経営になっているのであれば 3期目以降の収益計画次第では初期投資を見直す必要があるでしょう。 したがって、3期目以降の経営計画が問題となります。 ただ、その赤字の規模が大きすぎて資金繰りがトラぶるのは困ります。 当然ながら、倒産に至ります。 


何が商品なのか知る由もありませんが、その商品の販売計画が適正なのか。 仕入単価に問題は無いのか。 予定損益計算書の数字構築に問題は無いのか。 販路を開拓して維持することができるのか。 販売先(小売商品なら最終消費者)とのリンクを維持できるのか。 広告宣伝活動を適切なのか。 経費に無駄やムラは無いのか。 単に数字を組んだだけでは その数字を支えるはずの〔経営活動計画〕に問題があったときに大幅な数字の見直しをしなければなりません。 その見直しの結果が〔大赤字〕では【大弱り】でしょうw


もっとも 事業には失敗があって、 倒産を経験してしまったが、 その倒産の経験を生かして次の創業で成功した先人の例が多くあります。 倒産というと大変なことなのですが、考えてみると誰もができる経験でないことも確かです。 そんな経験を積み重ねて 会社は小さいが収益力の強い事業を構築できると言えるでしょう。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる