ここから本文です

病院などを黒字で経営していくにはどのような工夫が必要となるのでしょうか? ...

mik********さん

2014/3/2216:19:47

病院などを黒字で経営していくにはどのような工夫が必要となるのでしょうか?

日本は海外に比べても医療行為に対する点数が圧倒的に低く
日本の医療法人の約7割は赤字であると聞きます 医療

行為の点数が上がる事以外を想定するならば、

どのようにしたら病院は利益を確保できるのでしょうか?

所謂、デイケアなどを大規模に経営するなどしか思い浮かばないのですが

皆様はどう思われますか?

この質問は、男性に回答をリクエストしました。

閲覧数:
295
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ymh********さん

2014/3/3001:18:24

国の動きがあるので、医療費は縮小されるでしょう、診療報酬は、この後に急速に厳しくなるかもしれません。
言うは易く行うは難し(それはそうであるが、)患者に面する場合
内科療法が運んでいたパイが残りから注意するために変わっているので、それは介護サービスを広範囲に開発しているかもしれません。
あるいは(今ポピュラーで、ホームであることが国の政策として作り上げられるので、さらに自分自身とこの医者に往診を行わせているサービスを備えた構築する初老の住宅があります)、それはそうです。
それは言われていますが、そのマーク、基本的に全面的な計算である介護報酬と比較して、それが出来高制の医学の報酬の中に非常に高い場合、低い。
利益が正確に取り出される多くの介護保険事業所がまだあります。
税制上の優遇措置が糸冬っている医療法人は利益を取り出すことができないに違いありません?
高い収益性を備えた専門、および自己にそのようでよらない専門を明確にして、原価管理を正確に実行するような方法はないかもしれません-院、また資源配分を適切に行なうこと
しかし、それは、管理するかどうかです。あるいは、話は異なります。
わきに、から、それは、医者の予約がさらにある場合、競争の極度の市街地の郊外に行っていても、利益を与えられるか、として、それは国である、地区の人口を減らした、でない、またそれは行っているかもしれない、専門または状況への依存、さらにあるかもしれないしかし異なる
さらに、クリニックは維持できません。また、それは今後重大でないか、ことをどちらか知らないでしょうか。
どんなじゃもありませんか。
それは話です。
しかしながら、それが大きな都市の周囲でない場合、それはそうですの内に、県/規模に関する2位、の/、県庁所在地を越えるもの、そして。
それはそうです、かどうか、それは、それが市街地である場合、非常に重要です、そしてそれが大失敗をしない場合、病院を開かないために
さらに歯科医および専門がいます、始められた、ない、多く。
専門である、それは重要にされたエリアおよび専門医の分野で不足する?
それはそうかもしれません。
高歯令者のためのものは要求を増加させるとそれが思うことができても、金色の支払いは悪化します、時に、急速に実行する、また、高歯令者優遇措置は急速に今後減少するでしょう人彼自身/彼女自身健康診

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ieg********さん

2014/3/2708:32:59

医療費を削減しようという国の動きがありますから、これから診療報酬はどんどんと厳しくなるでしょう。
診療報酬をよく読み解き、病床運営の効率化と、政策誘導の時流にうまく乗っかった病床転換や人員配置が必要です。
まあつまり、点数の高いベッドに変えて、いろんな加算で点数稼ぎして、ベッドコントロールを厳しくする。退院支援を頑張って、早期退院を促進することや、地域の病院と連携してスムーズに転院できるようにする必要があるのでしょう。
患者さんを目の前にすれば、言うは易く行うは難しですが…。
あとは、医療が担っていたパイが介護に移ってきていますので、介護事業を手広く展開することでしょうか。
資金に余裕のあるような病院は、介護施設や事業所をたくさん作って丸抱えし、一層儲けています。
まずは医療系の訪問看護や訪問リハビリなどから始めると良いかもしれません。あるいは、自分の病院のリハビリ用バックベッドとして介護老人保健施設を建てるとか。
もしくは、国の政策として在宅を打ち出していますから、今流行りのサービス付き高齢者住宅を建て、自分とこの医師に往診させるのもありですね。
すでに新たな事業展開をする資金余裕のない病院がほとんどだと思いますし、構想があってもできないことが多いです。

did********さん

2014/3/2500:44:55

いくらなんでも、医療法人の7割が赤字というのは現実的でないでしょう。
医師や職員に給料を払わなければいけないし、光熱水費はかかるし、検査をするにもお金はかかるし、薬剤や消耗品も必要だし、赤字のままで経営が維持できるわけないですから。
点数が低いといいますが、基本的に包括算定である介護報酬に比べれば出来高制の医療報酬なんてずっと高いですよ。
それでも、きちんと利益を出している介護保険事業所は沢山あります。税制優遇されている医療法人が利益を出せないわけがないです。
きちんとコスト管理をすること、自院で収益性の高い診療科とそうでない診療科を明確化すること、資源の分配を適正に行うこと、など方法はあるんじゃないでしょうか?

hir********さん

2014/3/2219:36:43

どういう場所で、どういう治療やタイプの病院を
経営していくかでも、話は違ってくるかと。

競争の激しい都市部周辺でやってるのか、
(都市部も場所によっては医者や病院不足だから、
儲かるかはともかく、診療科によっては
忙しい病院も多いはず)、

医者の確保もままならない、田舎の過疎地で
やってるかでも事情も違うでしょうし。

日本の過疎地は、もうまともな病院や
診療所も維持できなくて、
今後大変じゃないかと思います。

地方中核都市規模( 人口50万人規模が最低限
じゃないかと思います) くらいの、
県下第二規模程度か、
県庁所在地以上や、大都市周辺でないと、
まともな病院は維持できないでしょう。
(過疎地だと、医者がもう来ないから)
(医者も来ない所には、看護師も来ません)

都市部だったら、よほどかヘマしなければ、
病院経営は、なんとかなるはずですけどね。

安易に借金して病院作ったり、
医院を開業しないことが重要じゃないかと。
歯科医とか、余り始めてる診療科もあるし。

その地域で不足してる診療科や、
専門医の分野を重点にするかでしょうね。

高齢者向けは、需要が増えるように思えても、
金払いは、今度どんどん悪くなっていくし、
高齢者優遇は今後どんどん減って、
国保(後期高齢)の高齢者1割は2割にアップや、
介護保険の現行1割が今後アップしたりで、
本人負担の増加にともなって、
診療手控えや、払えなくなる人も日本で
増えたりするだろうから、
高齢化で稼げると思わないことが重要です。

実は、最先端医療の分野だったら、
今後は日本が世界的にリードしていける分野も
あったりするし、
最先端医療は、保険外の自費負担が多いので、
国内の金持ち相手の診療で稼ぐとか、
海外から日本に来る金持ち患者を相手にして
稼ぐとか、
黒字かどうかを超えた、ビジネスチャンスに
つながる可能性はあるかもしれません。
(といっても、それで成功できる医療関係者は、
限られてくるわけですが)

がん関係の放射線治療の最先端医療で、
「陽子線」や「重粒子線」での治療なども
最近始まっています。
最先端医療分の300万円などを自費負担する
ものです。
(入院費用など、保険の効く部分も一部ある)
(混合診療みたいに見えるが、最先端医療の特例)

こういった最先端設備は、
日本全国で数えても、数少ない段階です。

認知症関係だと、PET装置(陽電子放射断層撮像法)
の診断の研究などもどんどん進んでいます。
最近、NHKの認知症関係の番組でも取り上げられて
いますが、発症の何年以上も前から、
脳内の異常タンパク蓄積をPETで発見できます。

最先端医療の機器への投資ができる病院や、
それに対応できる専門医などの人材を確保できる
病院は、今後は日本で高収益分野になって
いくかもしれません。
海外から患者を受け入れて、サービス貿易で
稼ぐような分野になるかも。

重粒子線や陽子線の治療を検索すると、
いろいろ出てきます。

http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E9%87%8D%E7%B2%92%E5%AD%90%E7%B...

http://www.anticancer-drug.net/ion_beams/facilities.htm

粒子線の設備は、全国でもまだ少数です。

http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/sensiniryo/kikan02.html

先進医療の一覧表などは、厚労省のHPにもあります。
かなり数多くの分野があるのが分かります。

都市部などや、地域や地元での連携とれるなら、
他の方の回答のように、
いろんな方面に手を拡げて収益機会を増やす
方向も考えられます。
病院や医者や検査や治療以外の分野の、
介護や医療周辺のサービス分野を
探すというところでしょうか。

どういう場所で、どういう治療やタイプの病院を
経営していくかでも、話は違ってくるかと。...

mon********さん

リクエストマッチ

2014/3/2217:33:57

病院と言っても、超急性期から慢性期まで様々なので一概には言えませんが、共通している事は殆どの病院が皆保険制度で運営していると言う事です。全額自費で経営している病院は皆無です。(有床クリニックは別です)
長期的にみると、国家財政が破たんしかかっているのですから難しいと思います。
やはり今後は世界のマーケットに目を向けた医療をすべきなのではないでしょうか?
短・中期でみるとやはり高齢化社会になる訳ですから福祉・介護分野を含めた一貫型のサービスが良いと思います。
只、サービスの品質にもよると思いますが…
薬や保険制度や健康社会など見直すところは多々ありますが、話すと長くなるのでここら辺で止めておきます…。

kni********さん

2014/3/2216:25:36

病院を総合的な医療サービスの中核と考えて他の派生サービスを増やして総合的に利益を上げる必要があります。
日本で成功している医療法人で病院だけを経営しているところはありません。
医療、介護、学術研究、健康増進、宿泊、医療リゾートなどトータルで利益を産み出す必要があるでしょう。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる